スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25年前の今日、一体何があったのか~123便墜落は事故ではなく事件だ~





25年前の今日、日本航空123便は御巣鷹山に墜落し、

乗客の4人を除き、520人が死亡した。


しかし、生存者の証言によると墜落直後にはまだ生きていた人が多くいて、

もっと早く救出していたら多くが助かっていたことが考えられる。


当日の自衛隊の動きなどは不可解であることから、

人命救助より大切だとする何かを隠ぺいしているのではとも言われている。



また、この疑惑を追及したある人物は講演会でのお茶に毒を入れられたとみられ、

お茶を飲んで30秒から1分後にいきなり倒れ、翌日には亡くなった。


そして、今でも墜落現場には不審な残骸や遺物などが残っている。




この事故はもしかすると事件かもしれず、

この国家を取り巻く怪しい組織との関わりも含めて、単純な話ではないのです。


この事件から分かるように、

日本は平和国家ではないのです。

それだけは確かです。


いわゆる工作部隊である闇の組織は存在しています。

そして、いつ殺されてもおかしくないと言えます。



暴かれるか、日本航空123機墜落事故の真相?!44

より転載開始


今日(書き換えは私)はあの事件から四半世紀が経つ
あの事故ではない!あの事件である!!
そのレクイエムを拾ってみたい
しかし、
真相の解明なしに真のレクイエムはない!!



折から、当時の管制を担当した手記も公開された。転載する。

 前回は新たな情報を元にした事件経過を、小説風に整理した。あくまでも推察事実であって、真相ではない。今回は、それには触れない。それらをさておいて、事件を風化させない想いは重要だ。

 自ずから、沈黙を破った証言が、いくつか声として上がっている。これは重要なことだ。改めて、その声の指し示す方向に真相が見えてくる。今回の管制官の初めての証言は貴重だ。証言者にも依るが、いずれも時の流れが、真実の露吐を促してくれているように思える。

 隠されたものは、顕れるのである。

 管制官の証言に併せて、http://asukadoremi.hp.infoseek.co.jp/sozai/JAL123_2.swf

を視聴せられると良い。時経と2次元空間経で、交信のやりとりが手に取るように分かる。既に何度も視聴した方も多かろうが、管制官告白を機に確認される価値がある。

 少なくとも今回の情報からは、隔壁の破壊はなかったものと思われる。「日航123便、トラブル発生。羽田への帰還を求める。2万2千フィート(高度約6700メートル)に降下したい」。という交信が、真相であるならそう言うことになるではないか。

 アンコントロールの原因は一体何であったのか? 一般にはハイドロクラッシャーダウン(油圧系統のダウン)と言われている。果たしてそうだろうか?

 確認は出来ないが、リモートコントロールが考えられる。ハイジャック防止を理由にそうした機能が旅客機には、暗に装備され始めた時期に当たる。今回はそれ以上触れない。




  【転載開始】私の8月12日〔亡き先輩へのレクイエム〕

投稿者:渡邉良明 投稿日:2010年 8月10日(火)21時56分1秒 ※渡邉先生のご投稿が下に行ってしまったので、副管理人が勝手に再アップしました。

(gigi様、並びに皆様へ  今回も、長文を、どうかお許し下さい。)
 人には、必ず人生の先輩がいる。学校、職場、地域などの中に、様々な先輩がいよう。
私の忘れ得ぬ先輩は、小学生の頃の、色白の眉目秀麗な方だった。彼は、いつも笑顔を絶やさず、誰に対しても心優しい人だった。
 5歳年長なので、特に親しく語り合ったことは無いけれど、少年の頃、私が、心から憧れた先輩である。彼の周囲には、常に幸せな雰囲気が漂っていた。それゆえ、少年時代の私は、彼を見る度に、心地よく感じた。
 けれども、彼は、今はもう、この世にはいない。四半世紀も前に、亡くなってしまった。

 今年も、あの「御巣鷹の日」が、間近に迫っている。1985年8月12日(日)、午後6時12分20秒、JAL123便(ボーイング747型機)は、大阪(伊丹)空港に向けて、羽田空港を離陸した。
 同機の乗員・乗客数は、524名(他、赤ちゃん1名)。コックピット内の操縦席では、正面に向かって左側の機長席に、機長になるための昇格訓練(あるいは、試験)中だった佐々木祐(ゆたか)副操縦士(39)が座った。つまり、この時、同氏が操縦桿を握っていた。
 また、教官の高濱雅己機長(49)が、彼の右に着席した。高濱氏は、海上自衛隊出身の熟達したパイロットである。さらに、ベテランの福田博航空機関士(46)も、後方のいつもの機関士席に座った。
 客室では、12名の客室乗務員が、それぞれの持場についた。坂本九氏(43)を含む乗客者数は、509名(他、赤ちゃん1名)だった。
(実は、九ちゃんに対して、私には、特別な思いがある。小学6年生の頃の私にとって、彼は、まさに「ヒーロー」だった。私事だが、小学校の卒業文集に、同級生たちのように、絵を上手く描けなかった私は、一人だけ、「上を向いて歩こう」と書き遺した。
 また、中学時代の私のアダ名は、「変人」の前に、実は、「九ちゃん」だった。ひときわ目立つニキビ顔だったからだ。それに、友達から、「九ちゃんと、笑顔が似ている」とも言われた。
 その彼が、突然、不帰の人となった。その時受けた私のショックは、とてつもなく大きかった。日本で、九ちゃんほど、国民から愛されたキュートな歌手はいなかったと感じる。)

 ところで、JAL123便が、伊豆大島の北を、下田市方面を目指して上昇中、これから水平飛行に移ろうとした途端、相模湾上で、突如、「トラブル」が発生―。
 その時刻は、午後6時24分35秒。それは、離陸後、12分ほどの出来事だった。では、この突然の「トラブル」とは、一体何か?
 事故調査委員会(略称「事故調」)は、圧力隔壁の破壊によって垂直尾翼が破損した、と発表―。つまり、彼らは、昭和53年(*同事件の7年前)6月2日の同機の「尻もち事故」直後、ボーイング社による修理ミスによって、亀裂(=金属疲労)が進行した、と主張した。
 そして、それが、今回の「トラブル」につながり、結果、垂直尾翼を破壊したと“推定される”、と報告した。つまり、日本政府は、「急減圧原因説」と採る。
 しかし、日航関係者や同事件の真相究明者からすれば、この説は、甚だ矛盾に満ちている。事実、これは、全くの“作りごと”だと思うのだ。

 それは、まさに、ケネディ大統領暗殺事件に関する『ウォーレン報告書』や、9・11事件についての『9/11委員会報告書』同様、全くのフィクションだと思う。
 事実、圧力隔壁の破壊は、同重大事件(=大惨事)の結果であって、決して、その”原因”ではない。この真実を、われわれは、直視すべきだ。
 では、何が起こったのか? この時、高濱機長が叫んだ。「何か爆発したぞ!」と。
実際、この時、垂直尾翼が、大きく破損した。ほぼ5分の3以上を失った。これを評した著名な航空評論家の関川栄一郎氏が、テレビで述べた。「『無人標的機』が、ぶつかったのではないか」と。
 関川氏は、当時、たいへん信頼され、かつ非常に定評のある航空評論家だった。だが、彼のこの言葉は、その後、公には報じられなかった。しかし、大惨事の初期報道にこそ、まさに事件の「真実」が潜んでいる。

 同事件の真相究明者の中には、この「無人標的機」を、ファイアービーという人がいる。だが、他に、国産巡航ミサイルSSM-1の(爆薬を搭載していない)演習用ミサイルが、日航機の垂直尾翼を破壊したと主張する人もいる。
 しかし、そのどちらにしても、軍事兵器が、垂直尾翼を直撃して、それを大部分破損させたことは、間違いない。
 事実、6時18分時点(つまり、かなりの低空状態)で、或る飛行物体が同機を目がけて直進してくるのを、乗客の一人、小川哲氏は、自らのカメラに撮影していた。
 つまり、高濱機長や佐々木副操縦士は、衝突が起こる6~7分前には、この飛行物体を、じゅうぶん認識していたと考えられる。何故なら、この時間帯に、同機は、まるで何かから逃げるかのように、猛烈な急上昇をしていたのである。

 では、一体、誰が、この飛行物体(=ミサイル兵器)を発射させたのか? それは、在日米軍による極秘軍事演習中の出来事なのか? それとも、日本の海上自衛隊に配属されたばかりの護衛艦「まつゆき」から発射(つまり、誤射)されたものなのか? あるいは、その誤射さえ、事前に、アメリカ軍によって仕組まれていたものなのか?
 正直、私には、「事」の実態(あるいは、真実)は、分からない。しかし、それでも、JAL123便が、日米両国による準軍事行動の犠牲になったというのが、私の偽らざる確信だ。 実は、私には、かつて日航でパイロットをしていた知人がいる。彼の言によれば、日航などの民間航空機が米軍や自衛隊によって、航行中、仮想の「敵機」と目され、度々、軍事訓練の“目標”にされることがあったという。
 同事件のあった相模湾上は、まさに様々な航空機が飛び交う、航空路の“銀座”とでも呼ぶべき密集地域だ。そんな空域での軍事演習など、まさに人命軽視の蛮行である。腹蔵なく言えば、悪魔の所業だ。

 実際、この”重大事件”を隠蔽しようと画策し、123便の横田基地への着陸を拒否し、2機の自衛隊機を発進させ、遠く御巣鷹(=地元)の尾根まで同機を誘導させた、その命令権者としての中曽根元総理は、当日、一体、何を考え、何を命令したのか?
 2機の自衛隊機が、ミサイルで123便を撃墜したという説(池田昌昭氏)もある。また、二つの原爆の様な「きのこ雲」が湧き立つのを見たという、多くの目撃証言もある。
 さらには、墜落した123便の機体後部(尾翼付近)に、ミサイルAIM4(オレンジ色の機体)が突き刺さっていたという証言(佐宗邦皇氏の言)さえもある。
 実際、ご遺体の識別や鑑識に関わった医師や歯科医師が、「単なる墜落事故の遺体とは思えない」と語っているのを、われわれは、すでに聞いている。

 それゆえ、私は、正直に問いたい。
中曽根元総理、あなたは、あの日、防衛庁、とりわけ航空自衛隊に対して、一体、如何なる命令を下されたのか?!
 何故、あなたは、墜落後の乗客の早期救出を命じられなかったのか? 事実、墜落直後、数十名の生存者がいたというではないか。
 そればかりか、早期救出に向かおうとした数名の自衛隊員が、待機命令違反というだけで、なぜ、射殺されなければなかったのか?!
 加藤紘一氏(当時の防衛庁長官)、当日、あなたは、当時の中曽根総理から、一体、如何なる命令を受けられたのか?!
 第一、あなたは、事故当夜、現場の上空まで行っていたというではないか! 一体、何をしに行ったのか? 遭難者を救助する前に、自衛隊が、「大事件」の証拠物件を搬出するのを見届けに行ったとでも言うのか?!
 当時の極秘情報を深く知悉していた後藤田正晴氏や藤波孝生氏が亡き今日、あなた方ご両者には、25年前の、あの大事件の真実を、われわれ日本国民に語る義務があるのではないか!

 520名(厳密には、赤ちゃんを含めた521名)の死者―。
 余りにも多い数だ。だが、単に数の多さだけでなく、その御一人御一人の方々に、それぞれの人生が有り、希望が有ったはずだ。それが、あの大惨事によって潰(つい)えてしまった。その、すべての犠牲者の無念な思いは、想像するに余りある。
 乗客のK氏を始め、多くの方々が、すでに6時30分の時点で、遺書を書いておられる。尾翼の破損後、間もなく、機内は深刻な事態に陥っていたことが察せられる。トラブル発生から墜落までの32分間、乗客の驚愕と絶望感は、われわれの想像を、はるかに超えている。
 だが、そんな絶望的な状況の中、コックピット内のクルーや客室乗務員(当日、非番で、一般乗客として搭乗していた落合由美さんを含めて)の最期までの健闘・献身には、心から
感動する。彼らは、最後の最後まで、乗客のために尽くされた。
 しかし、垂直尾翼の大半が破壊されたことで、そこを通っていた4本のハイドロプレッシャー(油圧系統)が全壊し、同機は、全くの操縦不能に陥った。この事態を人間にたとえるなら、突然、大動脈が切断され、大量出血した状態だ。
 ダッチロール(航空機が激しく横揺れしながら首を振り、8の字を描くように飛行する状態)とフゴイド運動(航空機が急角度での上昇と下降を繰り返す状態)に悩まされつつも、高濱機長たちは、羽田への帰還を求めた。だが、それは、叶わなかった。
 しかし、このような人知を超える極限状況の中で、高濱機長、佐々木副操縦士、それに福田機関士たちは、それぞれの持場で、まさにベストを尽くされたと思うのだ。

 実は、この時、操縦桿を握っていた佐々木副操縦士こそ、少年の頃、私が、心から憧れていた先輩である。まさに、「事実は、小説よりも奇なり」である。
 佐々木先輩のご母堂は、彼の没後、私の母に、こう語られた。「息子は、戦死しました」と。今、私には、この言葉の意味が、よく分かる。今日、そのお母様も、もう、この世におられない。
 今夏、佐々木先輩のご実家の裏庭には、青紫色のガクアジサイが、実に美しく咲いていた。その余りの美しさに、私は、しばし、心を奪われた。今は、ピンク色のサルスベリの花が美しい。
 あれから、25年―。
 けれども、ご遺族の方々にとっては、どれほど年月が経とうとも、あの大惨事は、決して過去の出来事ではなく、今も変わらぬ“現実”なのである。

 これら無辜の人々を犠牲にして、一体、何が国家か! 何が政治か! そして、一体、何が「日米軍事同盟」か!  【了】
【転載終了】



【転載開始】当日の目撃 (Unknown)

(新 日本の黒い霧ブログコメントより)
2010-08-10 17:56:24
知人の親戚が辻堂に住んでいて、やや離れた上空で旅客機に何かが当たり、オレンジ色の光が光った瞬間を目撃しました。これはただ事ではないと思った親戚は、すぐにNHKに通報しました。その直後に事故のニュースが流れ、目撃した出来事と強い関連があると判断したそうです。
現場が判明した数日後、親戚宅にNHKの職員と称する人物が訪れ、情報提供に対して丁寧に礼を述べ、その気持ちとして紙包みを手渡されたのです。そして帰り際にその”職員”は、要請がない限り、この事実は決して口外しないように、と何度も念を押したそうです。その親戚は職員が帰った後にその紙包みを開けたところ、中から大量の札束が現れ、しばらく足が震えて泊まらなかったとか。
この件について、その親戚は今から5年前にようやく周囲に公表しましたが、お金には一切手を付けず今でもタンスの奥に眠っているそうです。
【転載終了】



【転載開始】墜落前の悲鳴「今も耳に」 日航機の管制官、沈黙破る(全文)


2010年8月10日16時48分

「夏になると当時に引き戻されるんですよ。(日本航空のジャンボ機の)墜落直前にヘッドホンを通じて耳に届いた、パイロットの『ああっ』という悲鳴のような声が忘れられない」

 西日本のある空港で、男性(54)は言葉を選び、語り出した。

 25年前の夏。東京航空交通管制部(埼玉県所沢市)の管制官として、上空の航空機と交信していた。8月12日も普段と変わらない一日だった。

 当時29歳。管制官になって8年目だった。先輩管制官らと「関東南セクター」という空域を担当する勤務に夕方からつき、管制卓に着席した。羽田への到着便が増える時間帯。「そろそろ忙しくなるぞ」と思った矢先だった。

■午後6時24分47秒

 「ブーッ」。管制室内にブザー音が鳴り響く。レーダー画面の日航123便の機影に、緊急事態(エマージェンシー)を示す「EMG」の文字が点滅し始めた。乗客と乗員計524人。午後6時12分に羽田空港を離陸し、大阪(伊丹)空港に向かっているボーイング747型機だった。部屋の隅から、上司が近づいてきた。

■同25分21秒

 「日航123便、トラブル発生。羽田への帰還を求める。2万2千フィート(高度約6700メートル)に降下したい」。機長の声が英語でヘッドホンから流れてきた。

 「了解」。そう答えながら「おかしいな」と感じた。エンジン出力が低下した、客室内の気圧が下がったなどと、普段ならトラブルの中身を伝えてくるはずだが、機長は何も言わない。

 心が騒いだ――。

     ◇

 東京航空交通管制部に「羽田へ戻りたい」と告げた日本航空123便は、旋回することなく、ふらふらと伊豆半島上空を西に向かっていた。

■午後6時27分2秒

 「123便、確認しますが緊急事態を宣言しますね」

 「その通り」

 「どういった緊急事態ですか」

 やはり応答はない。「とんでもないことが起きているのでは」

■同28分31秒(地図上の1)

 「レーダー誘導のため90度(東)へ飛んでください」

 「しかし、現在アンコントロール(操縦不能)」

 衝撃的な言葉だった。普段はオフのスピーカーがオンになり、123便とのやり取りが管制室中に響いた。

■同31分2秒(同2)

 「降下できますか」

 「今、降下しています」

 「名古屋に降りますか」

 「いや、羽田に戻りたい」

 「何とかしたい」。そう思うと、とっさの呼びかけが口をついた。「これから日本語で話していただいて結構ですから」

 パイロットと管制官とのやり取りは、近くを飛ぶ航空機でも聞き取れるよう、通常は英語を使う。でも今は、パイロットの負担を少しでも減らし、事細かにやりとりしたかった。

 123便は北に向かう。すでに隣の空域に移っており、無線の周波数を切り替え、別の管制官に移管するところだが、そういう指示はしなかった。「切り替えたはずみで無線がつながらなくなるかもしれない。そうしたら日航機は命綱がなくなってしまう」

 じりじりとしながら画面をにらんだ。他機が近づかないよう、航路から退ける指示を続けた。

 富士山をかすめた123便は、羽田のある北東に向かい始めた。「戻れるかもしれない」。かすかに期待も芽生えたが、周囲は山。機体の高度は5分間で一気に3500メートルも下がっていた。

■同47分17秒(同3)

 「現在コントロールできますか」

 「アンコントローラブルです」。もはや管制官はまったく役に立っていなかった。ヘッドホンから「ああっ」という声も聞こえてきたが、機内で何が起きているのかは、わからなかった。

 「おれはどうしたらいいんだ」。絶望が襲う。その頃、機長らが必死に山を避けて操縦を試みていたことは、後で知った。

■同53分28秒(同4)

 「えーアンコントロール。ジャパンエア123、アンコントロール」

 「了解しました」

 これが最後の交信になった。

 3分後、糸の切れたたこのように画面上を点滅しながら漂っていた機影が止まった。その場で十数秒間点滅した機影は突然、消えた。

 体に電気のようなしびれが走った。薄暗い管制室は静まりかえった。背中越しに指示を送っていた上司も、先輩も黙っていた。30秒ほどして、上司に促されて呼びかけてみた。「ジャパンエア123、ジャパンエア123」。応答はなかった。

 ヘッドホンを外し、席を立った。別室で報告書を書いた。妻には「いつ帰れるか分からない」と電話で告げた。頭の中で何度も、交信した「最後の30分」を繰り返していた。

 朝方に帰宅して、墜落した機体をテレビで見た。ショックを気遣った上司に数日、休みを与えられた。事故原因を調べる国の航空事故調査委員会や警察から、事情を聴かれることはなかった。

   ◆  ◆

 管制官の仕事を続け、最近までいた部署では事故防止の対策づくりに取り組んできた。今は管理職として空港事務所で管制関連業務に携わっている。だが、123便と交信していたことは、家族や一部の同僚しか知らない。

 事故から数年後に御巣鷹の尾根に立った。その後も、遺族や報道陣が多い8月を避けて、仲間や家族とたびたび登ってきた。だが、尾根へと向かう険しい道のりや、事故で傷ついた山肌を見るたび、あの時のつらい思いが呼び起こされた。無理だったと分かっていても「自分が何とかできなかったか」という思いはぬぐえず、表に出て話す気持ちになれずにいた。

 最近になって、「事故を風化させないため、今ならできることもあるのでは」との考えが頭をよぎるようにもなった。世界各地で飛行機事故が起きるたび、原因は分かっているのか、管制官はどう対応したのかと気になる。管制の現場には、御巣鷹の後に生まれた管制官も出てきた。航空会社の経営はどこも厳しく、安全よりもコスト削減ばかりが取りざたされるのが気がかりだ。

 25年前の「あの夏」のことを伝える時期なのかもしれない、と思いはじめている。

     ◇

 日航123便墜落事故 1985年8月12日午後6時12分に羽田空港を離陸した大阪(伊丹)行きの日本航空のボーイング747型(ジャンボ)機が、12分後に相模湾上空で操縦不能になり、同56分に群馬県上野村の山中(御巣鷹の尾根)に墜落した。乗客509人と乗員15人のうち乗客4人を除く520人が死亡した。スペイン・カナリア諸島の空港で77年にジャンボ機同士が衝突し、583人が死亡した事故に次ぐ惨事で、単独機の事故としては現在も世界最悪。

 国の航空事故調査委員会は87年、機体後部の圧力隔壁の亀裂が広がって破壊され、一気に噴き出した客室内の空気が尾翼などを吹き飛ばしたとする調査報告書を公表。この機体は事故の7年前に伊丹でしりもち事故を起こして隔壁を損傷しており、この際にボーイング社が行った修理が不適切だったことが破壊につながったと結論づけた。

 御巣鷹以降、日本の航空会社は乗客を死亡させる事故を起こしていない。
【転載終了】



ここまで


~ この世・あの世を知る ~ さんの
日航123便事件関連記事



こちらも是非読んでみて下さい。


今回は衝撃的なこちらの記事を転載させてもらいます。


日航123便事件の真相・・・吉野氏との接触②


************************
注:これから書く事は123便事件のスペシャリス
  トである吉野氏からの情報を関心のある方に伝
  える事が目的であり、論議するつもりは微塵も
  ない。
  この記事に対する誹謗中傷コメントは無条件に
  削除させて頂きます。不快感を感じる方は、コ
  メントではなくスルーして頂く事を希望します。
  限度を超える書き込みは記事にさせて頂きます。
  その他コメントは歓迎いたします。
************************



123便事件で忘れてはならないのは、ワールドフォーラム主催、元日航社員の佐宗氏の講演中の死亡事件である。(正確には講演中に倒れ翌朝死亡)
この映像はこの事件に関心がある方なら知っておられるはず。
この動画の後半に客席から吉野氏が発言している。佐宗氏も吉野さんと呼んでいる。




この直後に倒れ、帰らぬ人となってしまうのだが、当人が目の前にいる以上聞かないわけにはいかない。私が気になっていたのは倒れる前に何か予兆があったのかどうか。聞いてみた。

愕然とした・・・

経緯はこういう事らしい。

吉野氏が話した後、佐宗氏が主催者側が用意したと思われる「おーい!お茶500ml」二本の内、一本を手に取り一口飲んだ。そのわずか30秒~1分程で突然倒れる。

・・・これが毒殺以外の何なのか。

倒れた時、怪しく思った吉野氏はすかさず佐宗氏が落としたお茶を拾い、台に残ったもう一本もさっと取り自分のバッグに入れたという。その時一番前にいた雑誌「ムー」の編集者T(本家コメ欄に記載があるので確認されたし)は何事も無かったようにほくそ笑んでいた。そして倒れた直後に駆け寄った係員(公安であろうか)がお茶を取りに来たが、吉野氏が取り上げた後だった。その人物は吉野氏に向かって何とも言えないすごい形相で睨んだという。取り上げたかっただろうが、出来るはずもない。その時点で自分達だと認めるようなものだ。そのままにした方がまだゴマカシ工作を出来ると考えたのだろう。にしても、焦ったのは間違いない。吉野氏はその時の形相は忘れられないと言っていた。
その後、吉野氏はお茶を御遺族に送ったと言う。自分で調べる事も出来たが、事件にするもしないも御家族の意思に任せた方が良いと考えての事だと言う。

これで証拠とは言えずとも、私の中では殺人事件である事はほぼ確定した。

③へ続く

ここまで


そうです、彼は殺されたのです。


最期に、「日航機墜落事故の真相」100521より一部引用


日航機の墜落直後に、

救出に向かおうとした自衛隊員が射殺された、

これは事実ではないだろうかと思っている。



この話は、NHKが20;00に速報で流している。



「20:00上野村三岐待機自衛隊一群到着。

 待機命令に反して怪我人救助を急いだ自衛隊員1人射殺」(NHK)



その後、放送で、

*************

NHKアナ

「ただいま長野県警から入った情報です。

現地に救助に 向かった自衛隊員数名が、



何者かに銃撃され死者負傷者数名が出ている模様です。



続報が入り次第お伝えします」




その後




NHKアナ

「先ほど自衛隊員が何者かに

襲撃され死者が数名出たとお伝えしましたが、

誤報だった模様です。」




*************




と流れた。この放送については、多くの方がブログにも書いている。

たしかに自分も言われてみれば、

そういう話が墜落直後、錯綜していたような記憶がある。



ここまで



こんな“誤報”があるものだろうか。


いづれにしても、真実は一つです。



人を殺さない世界にするために、
真相解明に願いを託すばかりです。




誓いの言葉


私も、あなたたちを殺していたのかもしれない。


ある意味で、加害者なのかもしれない。


でも、私たちはいつかきっと真実にたどり着くはずです。


それまでは、信じて頑張るしかありません。


失った命は決して取り戻すことはできないけれども、

いつまでも捏造された情報を飲み続けてはいられることはない。


あなたたちの為、そして、同じ悲劇を繰り返さないためにも、



私達は8.12に起きたことの全貌を何としても

明らかにせねばなりません。


それがいつまでも浮かばれないあなたたちに対して出来ることです。



本当にすみませんね。

日本をこんな国にしている事。

自国民への虐殺を許してしまったこと。



なんて誤っていいのか、私には判りません。

でも、これだけは絶対に忘れないから。


あなたたちが残酷な亡くなり方をしたことを。





↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。
 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんわ。日航機墜落の日から25年経ちましたよね。非常にわかりやすいまとめありがとうございます。

やはり日本には、暗殺をするような闇の組織ってあるようですね。

ベンジャミン・フルフォードが日本には1000年前から日本のフリーメイソンがあるといったのと、実話ナックルズに書いてあった日本政府ではなく、日本の真の支配者(京都在住)に尽くす暗殺部隊、宇野正美の話から漏れ出た日本には、皇室と同じで戸籍に入らないけど、日本の支配者の下請けをしている人たちがいるという話をつなぎ合わせれば、日本には政府でもアメリカ政府でもない(一応アメ公はグルですが)日本人が知らない別の対象に忠誠を尽くす人がいるようです。

また戦前の大日本帝国の旧軍のつながりなんかも無視できませんよね。

日本は本当に、キリシタン大名が日本人女性を連れ去った時代から本当に上層部は国益なんて考えてませんよね。ザビエルの時代から世界のエスタブリッシュメントと日本のエスタブリッシュメントは再開したのでしょうか?

この辺の闇を調べようとすれば、玉蔵さんのバイオセンサーみたいにけたたましく私のセンサーが警告を発して響き渡ります。

ロックフェラーだのロスチャイルドだのあんなの屁でもない、天皇が世界でも一番長く続いた王朝であるように、日本にはヨーロッパでさえビビるような古くから続く大きな闇があるんだと感じるのです。

そのために日本の長い歴史において、数多くの人が闇の葬られたのでしょう。

911テロの時に被災した人の国籍別に調べて、ニュース番組で何故かイスラエルとアメリカの二重国籍を持った人だけ無事だったと報じたNHKの長谷川さんみたいに本当に闇に葬られた人は多い。

ユダヤ人スパイのべラスコが話した、フィリピンの地下に天皇の金塊が眠っており、230名以上の人が口封じのために一緒に埋められたという話を聞いてもわかる通り、金塊が本当でなくても戦前の大日本帝国は平気で230名も犠牲にしますしね。

それが現代にも生きてるかもしれません。

15日は終戦記念日ですが、230名の骨も故郷に帰れない兵隊さんたちのことを考えると無念で仕方ないです。

もう、人を殺さないようにしないといけないですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

エリヤさんへ

お返事遅れましてすみません。

また、コメントありがとうございます。

>非常にわかりやすいまとめありがとうございます。

分かりやすいと言ってもらえてうれしいです。
ただ私は何もしていませんからね・・・

>日本には、暗殺をするような闇の組織ってあるようですね。

あると考える方が自然だし、納得できます。

>日本人が知らない別の対象に忠誠を尽くす人がいるようです。

そうなんですね。
ただ、その場合の日本人の定義は難しい所があるんじゃないかとも思います。

>ザビエルの時代から世界のエスタブリッシュメントと日本のエスタブリッシュメントは再開したのでしょうか?

私には分かりませんが、
天皇家というものを無視して日本の闇の組織を語ることは不可能に近いという実感があります。

現在まで、アメリカが日本に介入してくるというか関わってくるのは、日本に天皇家があるからだと考えています。

つまり、シオニストのしようとすることの正当化そして聖書の通りに世界を形作るためです。

だから日ユ同祖論を唱える人に統一協会系の人が多いのは当然かもしれません。


>ロックフェラーだのロスチャイルドだのあんなの屁でもない、天皇が世界でも一番長く続いた王朝であるように、日本にはヨーロッパでさえビビるような古くから続く大きな闇があるんだと感じるのです。

その通りです。
天皇家という存在こそがこの千数百年の世界の歴史で重要な役割を果たしたのです。

鎖国していたというのもウソだし、常に外国と関わり、影響を与えてきたのは確かです。

日本はユダヤの国なんです。


>そのために日本の長い歴史において、数多くの人が闇の葬られたのでしょう。

私もそう思います。
死人に口無しですからね。

>NHKの長谷川さん・・・

石井紘紀議員や、小渕首相、そして中川昭一氏・・・

不審な死が多すぎるんですね、日本と云う国は。


>金塊が本当でなくても戦前の大日本帝国は平気で230名も犠牲にしますしね。

そうですね、戦後なぜすぐに自民党が勢力を伸ばせたか一度振り返るべきですね。

日本が戦争を始めた時点で、アメリカと関わっていた筋があったと私は考えています。

つまり、(特に)1941年ごろから最前線で真に戦争を推進した人たちは自国民である日本人のことさえなど何も考えずに、

自分たちが外部に通じる権力を持つことに専念していたのです。

何も知らない人は振り回されていただけです。


ものすごい洗脳だなと思う訳ですが、
日本人の国民性というものを悪用されたいい例だと思います。

洗脳に負けても自分たちが終わらないどころか、
その後の世界を牛耳ることができると分かっていたのです。

敗戦後、それらの勢力はアメリカと共に、その目論見が実現されたのです。

そして、天皇家が残されたのも当然なんですね。

初めから殺すつもりなどなかったのです。


アメリカに攻撃を仕掛けたのはアメリカの望み通りに日本側の一部が工作したからにほかなりません。

軍部の暴走と云う表現では不十分です。


戦争と云うものは全て計画的に起こされるものです。

その為なら国家は何でもします。

そういう意味でも、9.11の真実をより多くの方に知ってもらいたいと思います。


世の中を牛耳っているのは決していつもテレビに出ている人ではありません。

彼らは工作員であり、また見世物でもあります。

全て人々の知らないところで危機を作りだしているのです。


>もう、人を殺さないようにしないといけないですね。

そうです、その通りです。


戦争時においての最大の特権は、人殺しを認めるということです。

そういう世界を変えねばならないと思いますし、

また、現在も日本が平和国家ではないということを知ってもらいたいと思っています。

人間、ある意味誰しも何らかの工作員であることに変わりはありませんが、その中でも意識して何か一つの方向に流されず、自覚を持って権力者の意図や象徴を発見し、考察することができたらまだましかなと思うのです。

何も知らない方が楽だとも言えますが、
そういう状況で殺されたり死んで行くのは虚しいことです。

結局、振り回されたら終わりだなと思う訳です。


エリヤさん、一緒に全てを疑っていきましょう。

これからも宜しくお願いします。
最新記事スクロールで1行表示
無料ブログパーツ

コンピュータ監視法案が本会議で可決~ついにネット言論統制が始まった~ (06/01)61年ぶりの鉱業法改正は3.11当日に行われていた!!! (06/01)【資料】日経の「人工地震」に関連する見出しと注目記事を集めました。 (05/31)核廃絶運動家に訴えかけるのもアリかも~核爆発人工地震兵器可能性~ (05/30)核爆発があったと考えるほうが自然なのです~どう考えても~ (05/24)ロシアからの人工地震メッセージ?~茨城沖で再び人工地震発動か?~ (05/24)311地震の謎を解く 311の意味とは??~“水戸”がキーワード~ (05/23)【速報】リビアでM8.4の地震、組織ぐるみで隠蔽される!~人工地震か~ (05/21)人間性を奪い、自由をないがしろにし、個人を束縛する「構造(物)」からの卒業 (05/21)海治 広太郎氏のアイデア~地震を作為的に「テロ」として起こせる可能性~ (05/21)

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

CategoryRanking 1.0

Designed by 石津 花

でかポインタ・スイッチ


:キーボードショートカットVer1.1
  • L:最新の記事
  • J:次の記事orページ
  • K:前の記事orページ
  • D:PageDown
  • U:PageUp
プルダウンリスト
最新記事
最新コメント
便利Javascripts
現在時刻





総記事数:




最近のコメント
よすみさん (08/14)
自然エネルギーで原発を賄うという無理難題で脱原発派を突き跳ねる人は
大抵原発を安全に動かすという無理難題を下敷きにしている。

太陽光はピークカットに多いに役立

科学者 (08/09)
仰る通り、抗癌剤と言う化学薬品は、猛毒物であります。

ご挨拶が遅れました。分子生命科学を専門職とし、各大学で非常勤講師をしているものです。

さて、抗癌剤は、

ザック (08/03)
生きてますか。

トンビ母 (07/07)
人工地震は何よりも先ず、安全に実験する事です。高校の地学の先生は、ちゃんと心得ておられるようですが。

軍事目的で使われると大惨事です。

注意しなければいけま

zaurus (04/29)
ときどき来ては、ダウンロードさせてもらっています。たいへんな作業だと思いますが、非常に重要な資料です。感謝しております。これからもお願いします。また来ます!

匿名希望 (04/26)
311以降、拝見させたいだだいております。


勤務している施設の利用者さんのために、こちらを

閲覧するようになりました。

しかし、私自身のためにもとても有

スポンタ中村 (03/25)
どうも。ビートルズの陰謀論から、このブログに来ました。陰謀論のサイトなんですね。(^o^)

陰謀論をつきつめていくと、民主主義も陰謀の一つだということが分かり

よすみ (03/12)
 原子力が二酸化炭素をださないのは本当だけど、放射能はやっぱだすんだよね。というのが日本人が経験した東日本大震災の第一の教訓、あの状況に立ち向かえる無敵原子力発

ヨシュア・メシア (03/11)
 突然お便りします。いろいろ精力的に調べられていますね。しかし、陰謀論を本当の意味で理解するには、クリスチャンでなければわからない大きな壁が存在します。一方的で

ゲストさん (02/22)
ブログ主さんはエラい長文を書いてますが、陰謀論は事実としてある、ということを言いたいわけですね。

正にその通りですね。

その音楽は自由だって言っているその思想自

プロフィール

だいだいこん 

Author:だいだいこん 
私はただの人間です。
なぜ原発は爆発したのか考えてます。
そして反日銀デモを起こしたくて仕方がありません。

日本は平和国家でしょうか。
その根拠は?具体的にどこが?
日銀や消費税は人を殺しています。

消費税廃止、インフレ目標、
宗教法人税の導入やBIなどで、
日本を本当の平和国家にしましょう。

そして、地震兵器を隠すのをやめましょう。

Book Mark !
ブロとも一覧(画像のみ版)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧

タマちゃんの暇つぶし

ひきこもりを侮るな!

とほほほ

シスVSエイリアン

アギタの神が住む鎮守の森

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

さんたブロ~グ

∞LINK WALKER∞advance of the new century∞

ケムトレイル

保守政治とは何か

ブログのブログ

情報を活用する

六人の子産ませてくれてありがとう~体験レポートで自然育児のコツを教えます~

こらぁ~!責任者出て来~い!
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
その他
134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
123位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Google自動翻訳
コメント・トラバ・総記事数
コメント数:  トラバ数:  総記事数:
ブログ成分分析
だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~の成分分析
AquariumClock 2
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。