スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人体実験・細菌兵器研究担当日本軍731部隊はまだ存在している!     ~優生思想は反逆者を“平和に”処理する~現代医療は殺人の正当化の手段~エリート教養優性主義者の目論見「人類は地球の癌だ」~            平和思想・運動の本質は人工削減という大量殺人計画=戦争の正当化~

history_convert_20100724135022.gif

test700_convert_20100724135609.jpg


平和運動の本質は優生思想=人工削減→大量殺人=戦争(の正当化)です、

今回は、平和とつながっていそうな「医療」というものが、
どれだけ戦争に関わっているかについてです。

とにかく、これを理解してもらいたいです。

現代の(優生学的)地球環境・平和運動は、

戦争(人工削減=大量殺人)を推進しているのです。




そして、現代の医療は、患者を実験対象にしているのです。


現代の戦争は、平和の中に行われています。


http://hon42.com/731.htmlより転載


731部隊と日本の医学会には深いつながりがあった!

隊員たちは戦後、医学界の重鎮となっていた



侵略国だった日本と七三一部隊

戦後、敗戦した日本は「被害国」のように考えられることが多いが、日本軍が行ってきた加害者的側面を見過ごすこ とはできない。とりわけ凄惨を極めた七三一部隊の話しを踏まえて「侵略国日本(敢えてそう言う)」を考えてみたい。

【死の七三一部隊】序文
 
 日本は「広島・長崎」において原爆被害を被った、唯一の核被爆国である。そのことはこれまでも重要な問題として 捉えられてきたし、また今後もより一層の教訓として考えて行かねばならない問題である。

 日本では戦後、こうした「敗者」「被害者」の側面ばかりが強調されるが、旧日本軍がアジア圏において行ってきた 侵略行為と魔の所業を忘れることなかれ。

 これから紹介する七三一部隊の所業は、日本軍が行った行為の中でも最も許されざる行いであり、また我々が明確に 知っておかなければならないことでもある。人の生命を生命とは思わぬその数々の残虐非道の行いを、当の日本人である我々は忘れてはならない。

 戦後50年を経た現代、風化しつつある戦争の記憶。
 数え切れぬほどの犠牲者たちの屍の上に現代の繁栄があることを見過ごせない。彼らの犠牲を決して無駄にしてはならないのだ。

 真の平和にはまだまだ程遠い。第3第4の「世界大戦」を引き起こさないためにも日本は確固たる立場で「あの戦 争」の記憶を埋もれさせない努力をせねばならないのである。

死の七三一部隊① 【秘密】 
 
 満州国は第二次世界大戦中、中国東北部に清朝最期の皇帝溥儀(ふぎ)を執政として、関東軍がでっ ち上げた傀儡(かいらい)国家である。
しかしこの国を「国家」として認めていたのはドイツ・イタリアなど数ヶ国に過ぎない。

 日本軍が闊歩するその満州国に平房(ピョンファン)という村がある。そこに日本軍の、ある一部隊が駐屯してい た。軍とはいえ、これと言った戦車大砲等の兵器を装備しない不思議な部隊である。

 七三一石井部隊、その部隊は約6キロ四方を土塀で囲って様々な施設を作ってそこにあった。常時3 千名の隊員を擁する。その施設にある3本の巨大煙突からは、毎日黒煙とともに異様な悪臭が流れていたと言う。

 この部隊の隊員は他の軍隊とは異なり、戦闘要員が少なく、代わりに日本民間人からリクルートされた学者、研究員 でおおむね構成されている。知的な雰囲気を帯びた秘密部隊であった。

 中国人はこの部隊について噂した。「あの部隊には近寄らない方 がいい。人間を材料にして何か秘密の実験をしているらしい」

死の七三一部隊② 【逸脱】

 この部隊には大量の食料、医薬品、実験器材、資材、通信機、建築材、機械、燃料、ブタ、ヤギ、ウサギなどの動物 が毎日のように搬入されている。だがやはり武器弾薬のたぐいはなかった。しかも地域住民に対して殺戮・強奪をおこなうこともなく、不気味な沈黙を保っている。

 だが内実は人間の行いとは思えぬほどの所業を繰り返していた。搬入物のうち、特別車で「特別扱い品」が何度か来 るが、衛兵たちはそれを「丸太」と表現している。その丸太(以下マルタ)は実は人間である。

 彼らマルタは、日本逆転を企図して研究している「細菌兵器」開発の実験材料として扱われ、骨までしゃぶられるよ うにして、ありとあらゆる実験に使われていた。

 マルタは「反日派」「協力的でない民間人」「スパイや抗日運動家」などの中国人である。彼らは生きたままムシロ にくるまれ針金で縛られて運ばれる。

 七三一部隊の行為は戦争遂行の目的を逸脱した、畜生にも劣る悪魔の所業であった。

死の七三一部隊③ 【非道】
 
 七三一石井部隊で「細菌兵器を開発するために人間を実験材料にすることへの後ろめたさ」を抱く隊員は少なかっ た。人の心あらば、到底為し得ないような非道の実験である。戦闘員が戦場で戦うのとは異なり、軍人、民間人問わずに「人間」を材料として研究している。その対象は幼児・乳児を問わない。

「生体実験に処する対象は敵国人、敵性人であり、それは人ではない」。そう信じ込むことで非道性に目を背けたのである。人としての死を、人が妨げることが果たして許されるか?答えは否である。

死の七三一部隊④ 【終焉】

 七三一部隊は、1945年8月の「広島長崎」への新型爆弾投下による被害が、それまでの空襲の被害とは異なるた め「至急帰国し調査せよ」という本国からの要請により、撤退準備を開始する。

 だが事態はあれよあれよのうちに終戦へと向かい、部隊の立場上、到底戦後に生き残れるものではない、という恐怖 が湧きあがってきた。まもなくソ連軍も南下してくる。

 部隊が行ってきたことが露見すれば、戦犯として処刑されることは間違いない。石井隊長は施設の破壊と関連器材、関連書類などの隠滅、そして・・・生き残っている実験人間「マルタ」の全処分を命じた。

死の七三一部隊⑤ 【殺戮】

 蜂の巣をつついたような大混乱の中、施設は爆破され、収容されていたマルタの大量虐殺が始まった。監獄へ青酸ガ スを流し込み、それでも死に切れない者は銃剣で止めを刺しながら歩く。隊員の数を何倍も上回るマルタをそ れでも処理し切れずに、今度は一ヶ所に集めて爆発物を投じて一挙に爆死させたりした。残っているマルタには二人一組にして互いに殺しあわせることで処理した。

 石井部隊の所業に関する証拠が露見したり、マルタが生き証人として生き残ればその罪は免れない。撤退作業の中、 マルタ殺戮は激越を極めた。
死体を残すわけにいかないため、大きな穴を掘ってそこに死体を一挙に投げ入れガソリンをかけて燃やした。死体は生焼けで異様な匂いを放つ。形ばかりの土をかぶせて部隊は撤退作業に焦った。

 焼却された死体の骨は松花江(スンガリー)という川に運ばれて投棄された。証拠は跡形もなく隠滅せねばならな かったのだ。

 人を物のように殺して処理して行く光景はまさに地獄そのものであったろう。

死の七三一部隊⑥ 【戦後】 
 
 日本本国に帰国する際、石井隊長は部下たちに命じた。

「七三一部隊に在籍した事実の秘匿」
「公職復帰への禁止」
「隊員相互の連絡の禁止」

 隊員は戦後、混迷を極めながらもその命令を守った。だが進駐軍は七三一部隊の調査の中、石井隊長以下幹部の所在 を突き止める。極東軍事裁判においてソ連は、彼らの取り調べと処刑を要求した。

 ところが、石井隊長は保身のために、隊員にあれほど厳重に秘匿を言い渡したにもかかわらず、密かに大陸から隠し 持ってきた「七三一関係資料」を米軍に提供していた。米軍はその資料的価値の大きさ(良心の呵責にはばま れて人間にはできえないような研究の成果)を測って、石井以下幹部の免罪嘆願に及ぶ。

 アメリカはソ連との確執の最中にある。この七三一の技術情報はソ連に流れていないため、裁判を開けばその情報が ソ連側に流れてしまう可能性がある。それを危惧したのである。

かくして石井たちはGHQとの秘密取り引きによってその罪を免れた。

七三一部隊

昭和20年8月9日 ソ連対日宣戦布告。ソ連機甲部隊は怒涛のように南下を始めた。関東軍にこれを止めるすべはない。731部隊は悪業の証拠隠滅作業に追われた。機密が暴露してはならない。一切の証拠を破壊する必要がある。収容されているマルタを放すわけにはゆかない。すべて抹殺せよ。青酸カリ入りの食事を与えたが、気付いて食わない者もいる。覗き窓から銃弾を浴びせる。死体の処理が大変だった。大きな穴を掘りその中で重油とガソリンをぶっかけて焼くのだが、人体は容易に灰にならない。鉄棒でつつき火の回りをよくしようとするが、思うに任せない。しまいには手掴みで死体をひっくり返す。胴体が裂け内臓が飛び出すが構っていられない。急げ。ソ連軍がすぐ近くまで迫っているぞ。将校、下士官の怒号が飛び交う中、8月の炎天下に兵たちは地獄の獄卒のような作業を続けた。貴重な研究データも実験記録も火中に投じられる。高価な顕微鏡や医療機器も今更惜しんでも仕方がない。真新しいフォードのトラックもすべて火をかけられた。残るは建物だけだ。頑丈な鉄筋コンクリート造りの建造物は50キロ爆弾を仕掛けて爆破した。隊員から捕虜が出ると秘密が露見する。全員脱出すべし。食糧を満載した特別列車を仕立て背後に迫るソ連軍と犠牲になったマルタの怨霊から逃れようと一気に南下する。大勢の同胞が北満の広野を彷徨しているときに、731部隊員は8月末早々に帰国を果たした。
 部隊解散時 石井中将は訓示した。「731で知ったことは墓場まで持ってゆけ。戦友、肉親といえども絶対にしゃべってはならない」 絶対的なカリスマ性を持つ石井中将の呪縛にかかったか元隊員は沈黙を守った。731部隊に属していたことを秘して軍人恩給の申請を諦めた人さえいる。毎年終戦記念日ころのメディアでは戦争体験を語る老人が登場するが、731の隊員は名前、顔を秘してほんの少し語るだけだ。
 最高責任者の石井四郎は戦犯法廷に立つことはなかった。米軍に研究資料を提供することで一切の責任は免責された。米軍にしてみれば石井を絞首台に送っても得るものはない。
 米軍は労せずして自らの手を汚すことなく実験資料を手に入れた。その内容は最高の軍事機密に属するから窺いようがない。ペンタゴンの奥深く収まっていることだろう。結果から言うと731部隊は米軍のために奉仕したようなものだ。米軍はこの資料をどのように利用したか。朝鮮戦争、ベトナム戦争で使われたとの噂もある。「9・11」以降発生した炭疽菌事件にはなんらかの形で「731」と関連があると見られている。国内でも昭和23年に起きた帝銀事件の犯人は「731」出身者でないかと見られた。「731」は組織としては消滅したが、その影響は今なお世界を脅かしている。
 部隊で直接人体実験・研究に携わった軍医たちの戦後はどうであったか。戦後日本の医学界を支える重鎮に錚錚たる顔ぶれが並んでいる。ミドリ十字会長、東大医学部教授、京大、阪大、大阪市立大、防衛大学、金沢大などの医学部教授、その他薬学研究所、病理学研究所の研究員など枚挙に遑ない。
 医学、病理学の研究に当たっては実験動物としてモルモットが使われる。人体に似ているからだ。それでも人間そのものではない。「731」では人間、それも若い健康な生きのいい人間を実験に供した。探究心の旺盛な医者にとって涎の出るような喜びであっただろう。初めは良心の呵責にさいなまれたかも知れない。だが何度か経験するうちその感覚も麻痺し「お国のため」との大義名分より科学者としての好奇心、探究欲に埋没していったのでないかと推察する。戦後かれらの栄達が「731」で磨かれた医学者としての能力によるものと考えても不思議でない。善悪は別にしてかれらは日本の医学を進歩させたと言われる。
 そうなるとわたしたちも間接的に「731」が育てた軍医たち、犠牲となった3,000人のマルタの恩恵を蒙っていることになるのだろうか。
 すべてが解明されたわけでなく、今後も解明されることはなかろう。個人的な関心としては石井四郎の思想、哲学、人生観を知りたい。生粋の職業軍人でなく医学者を目指した彼がなぜ細菌戦研究に打ち込むようになったか。京都帝大医学部卒。2年間の欧米視察。昭和初期の日本人としてはエリート中のエリートであった。医学者としても大成しただろうに。なぜ悪魔に魂を売り渡したか動機を知りたい。


彼ら731部隊隊員たちは戦後一切裁かれていない

それどころか医学界の重鎮となっていた

悪魔の虐殺収奪医療の悲劇はここにあった!

こんな狂った医療に期待するほうがオメデタイことだ



七三一部隊関係
石井四郎  (第一・三代部隊長)
北野政次  (第二代部隊長)         ミドリ十字共同設立者・取締役/日本学術会議南極特別委員/文部省百日咳研究会
吉村寿人  (凍傷研究班)          京都府立医科大学学長/日本学術会議南極特別委員/生気象学会会長
笠原四郎  (ウイルス研究班)        北里研究所
田中英雄  (ペストノミ研究班)       大阪市立大学医学部長
湊政雄   (コレラ研究班)         京都大学教授
田部井和  (チフス研究班)         京都大学細菌学教授/兵庫県立医科大学教授
所安夫   (流行性出血熱研究班)      東京大学教授/帝京大学教授
江島真平  (赤痢研究班)          国立予防衛生研究所
二木秀雄  (結核研究班)          ミドリ十字共同設立者
岡本耕造  (病理研究班)          京都大学医学部長/近畿大学医学部長
石川太刀雄丸(病理研究班)          金沢大学医学部長/金沢大学癌研究所所長/日本学術会議会員
草味政夫  (薬理研究班)          昭和薬科大学教授
八木沢行正 (植物学研究班)         国立予防衛生研究所/日本抗生物質学術協議会理事
朝比奈正二郎(発疹チフス・ワクチン製造班)  国立予防衛生研究所
園口忠男  (細菌戦研究班)         陸上自衛隊衛生学校副校長
増田美保  (細菌戦研究班)         防衛大学校教授
安東洪次  (大連支部長)          東京大学伝染病研究所教授/実験動物中央研究所所長
春日忠善  (大連支部長)          北里研究所/文部省百日咳研究会

村田良介  (南京一六四四部隊)       国立予防衛生研究所所長(第七代)
小川透   (南京一六四四部隊)       名古屋市立大学医学部教授

陸軍軍医学校防疫研究室関係
内藤良一  (陸軍軍医学校防疫研究室)    ミドリ十字共同設立者・社長・会長
宮川米次  (東京帝国大学伝染病研究所長)  東芝生物物理化学研究所所長
緒方富雄  (東京帝国大学伝染病研究所助教授)東京大学医学部教授
細谷省吾  (東京帝国大学伝染病研究所教授) 東京大学伝染病研究所教授
柳沢謙   (結核研究)           国立予防衛生研究所所長(第五代)
小島三郎  (東京帝国大学伝染病研究所教授) 国立予防衛生研究所所長(第二代)
小林六造  (京都帝国大学教授)       国立予防衛生研究所所長(初代)
戸田正三  (京都帝国大学教授)       南極特別委員/金沢大学学長
木村廉   (京都帝国大学教授)       日本医学会副会頭/名古屋市立大学学長
正路倫之助 (京都帝国大学教授)       第一期学術会議会員



今の医学界というものは人間性を一切問わない。むしろ経済至上主義社会で利益をあげる人間が出世するのだ。医猟産業にとっての利益とは、当然、獲物をよく悪化させるノウハウを教えられる狂授である。それこそが後に巨額の利益をもたらすのだ。


七三一部隊関係者名簿

氏名   731部隊当時    戦後の職業

石井四郎 第一・三代部隊長 新宿区若松町で旅館経営
北野政次 第二代部隊長 ミドリ十字共同設立者・取締役
日本学術会議南極特別委員
文部省百日咳研究会

吉村寿人 凍傷研究班 京都府立医科大学学長
日本学術会議南極特別委員
生気象学会会長

笠原四郎 ウイルス研究班 北里研究所
田中英雄 ペストノミ研究班 大阪市立大学医学部長
湊政雄 コレラ研究班 京都大学教授
田部井和 チフス研究班 京都大学細菌学教授
兵庫県立医科大学教授

所安夫 流行性出血熱研究班 東京大学教授
帝京大学教授

江島真平 赤痢研究班 国立予防衛生研究所
二木秀雄 結核研究班 ミドリ十字共同設立者
岡本耕造 病理研究班 京都大学医学部長
近畿大学医学部長
石川太刀雄丸 病理研究班 金沢大学医学部長
金沢大学癌研究所所長
日本学術会議会員

草味政夫 薬理研究班 昭和薬科大学教授
八木沢行正 植物学研究班 国立予防衛生研究所
日本抗生物質学術協議会理事

朝比奈正二郎 発疹チフス・ワクチン製造班 国立予防衛生研究所
園口忠男 細菌戦研究班 陸上自衛隊衛生学校副校長
増田美保 細菌戦研究班 防衛大学校教授
安東洪次 大連支部長 東京大学伝染病研究所教授
実験動物中央研究所所長

春日忠善 大連支部長 北里研究所
文部省百日咳研究会

村田良介 南京一六四四部隊 国立予防衛生研究所所長(第七代)
小川透 南京一六四四部隊 名古屋市立大学医学部教授
内藤良一 陸軍軍医学校防疫研究室 ミドリ十字共同設立者・社長・会長
宮川米次 東京帝国大学伝染病研究所長 東芝生物物理化学研究所所長
緒方富雄 東京帝国大学伝染病研究所助教授 東京大学医学部教授
細谷省吾 東京帝国大学伝染病研究所教授 東京大学伝染病研究所教授
柳沢謙 結核研究 国立予防衛生研究所所長
小島三郎 東京帝国大学伝染病研究所教授 国立予防衛生研究所所長
小林六造 京都帝国大学教授 国立予防衛生研究所所長
戸田正三 京都帝国大学教授 南極特別委員
金沢大学学長

木村廉 京都帝国大学教授 日本医学会副会頭
名古屋市立大学学長

正路倫之助 京都帝国大学教授 第一期学術会議会員


第731部隊組織構成

総務部 副官室 調査課 翻訳班 印刷班 写真班
兵要地誌班 調査班 図書班 人事課 庶務課 労務班 庶務室 食堂 酒保 学校 企画課
経理課 管理課 建設班 工務班動力班 運輸班 電話班 軍需課
第一部
部長:菊池斉
細菌研究 第一課(チフス) 田 部班(班長:田部井和/チフス研究)
第二課
コレラ 湊班(班長:湊正男/コレラ研究)
第三課
生理・マルタ管理 吉田班(健康診断)  宮 川班(レントゲン)  在田班(レントゲン)  栗秋班 (薬理)
 草味班(班長:草味正夫/薬理研究) 石井班(捕虜入出管理)  蓬田班(捕虜入出管理)
 特別班(特設監獄)
第四課
赤痢 江島班(班長:江島真平/赤痢研究)
第五課
ペスト 高橋班(班長:高橋正彦/ペスト研究)
第六課
(病理) 石川班(班長:石川太刀雄丸/病理研究)  岡本班(班長:岡本耕造/病理研究)
第八課
(リッケチア) 野口班(班長:野口圭一/リケッチア・ノミ研究)
第九課
(水棲昆虫) 田中班(班長:田中英雄/昆虫研究)
第十課
(血清) 内海班(血清研究)  小 滝班(ツベルクリン)
第十一課
(結核) 肥之藤班(脾脱疽)  太 田班(班長:太田澄/炭疽研究)  樋渡班  降旗班 (ペスト)  
金沢班  貴宝院班(天然痘) 二木班(班長:二木秀雄/結核研究)  
笠原班(班長:笠 原四郎/ウイルス研究)  吉村班(班長:吉村寿人/凍傷研究)
第二部
(実施研究) 八木沢班(班長:八木沢行正/植物菌研究)  焼成班(爆弾製造)  
田中班(昆虫)  篠田班(昆虫)  安達実験場
第三部
(防疫給水) 庶務課  第一課(検 索)  第二課(毒物検知) 工作班(濾水機)  濾水機・弾筒製造窯
第四部
 部長:川島清
軍医少将
細菌製造
第一課(華頂:柄沢十三夫 軍医少佐/培養生産)  野口班(ペスト・脾脱疽)  
第二課  第三課(乾燥菌・ワクチン)第四課(ワクチン) 
有 田班(班長:有田正義/発疹チフス・ワクチン)  植村班(瓦斯壊疽・脾脱疽)
朝比奈班(班 長:朝比奈正二郎/発疹チフスおよびワクチン製造)

教育部
部長:西俊英
軍医中佐
隊員教育  庶務課  教育課  衛生兵  炊事班  診療所  錬成隊  少年隊   
資材部 実験用資材
庶務課 第一課(薬品合成) 山口班(細菌 弾) 堀口班(ガラス) 
第二課(購買補給) 第三課(濾水機) 第四課(倉庫)  
第五課(兵器保管) 第六課(動物飼育)

診療部 (付属病院) 伝染病 棟  診療室  家族診療所  憲兵室  保機隊
牡丹江支部
満州第643部隊
支部長  尾上正男
軍医少佐
総務課  経理課  第一課  第二課  第三課  資材課  教育課
林口支部
満州第162部隊
総務課  第一課  第二課 資材課 教育課
孫呉支 部
満州第673部隊
支部長 西俊英
軍医中佐
総務課 第一課  第二課 資材課  教育課
海拉爾支部
満州第543部隊
総務課  第一課  第二課  資材課  教育課
大連支部
満州第319部隊
総務部  研究部  製造部


●医猟産業では、悪いヤツ程出世できる

発癌作戦でガン産業がぼろ儲けできるように、医療産業というのは悪化させるカリキュラムを作った人間程、医療産業というビジネスには、貢献しているのである。
 ということは、その歪んだ構造上、悪いやつ程、医猟産業から歓迎されて出世するのは当たり前のことではないか。
 猛毒発癌物質を打ったら、ガンが大ブレイクして次の治療機会が生まれて、また抗ガン剤が売れてボロ儲けできるように、治癒とは逆のカリキュラムをつくればつくる程に医療産業はもうかって歓迎されるのである。
 例えばノーベル賞をとった島津製作所の社員もガン産業に貢献したから推薦されたのだ。当たり前である。あの本質は気づいている人から見ればわかりきっているように殺人罠の開発に貢献したからノーベル賞の推薦がボンボン来るのは当たり前ではないか。
 医療産業のからくりに気づいてみれば、そのほとんどが悪魔のシカケでであるように、こんな奴らが、今の医療界を築き上げて、日本中の学校で教えているのである。のたうち回って日本人の5割超が殺人事件でやられるのは当たり前の結末である。
今の日本人は731部隊のマルタ小屋で暮らしていることに気付いていない家畜奴隷がいるのだ。気付かないどころか、そんな悪魔達に感謝すらしているのである。発癌作戦でガン産業がぼろ儲けできるように、医療産業というのは悪化させるカリキュラムを作った人間程、医療産業というビジネスには、貢献しているのである。
 ということは、その歪んだ構造上、悪いやつ程、医猟産業から歓迎されて出世するのは当たり前のことではないか。
 猛毒発癌物質を打ったら、ガンが大ブレイクして次の治療機会が生まれて、また抗ガン剤が売れてボロ儲けできるように、治癒とは逆のカリキュラムをつくればつくる程に医療産業はもうかって歓迎されるのである。
 例えばノーベル賞をとった島津製作所の社員もガン産業に貢献したから推薦されたのだ。当たり前である。あの本質は気づいている人から見ればわかりきっているように殺人罠の開発に貢献したからノーベル賞の推薦がボンボン来るのは当たり前ではないか。
 医療産業のからくりに気づいてみれば、そのほとんどが悪魔のシカケでであるように、こんな奴らが、今の医療界を築き上げて、日本中の学校で教えているのである。のたうち回って日本人の5割超が殺人事件でやられるのは当たり前の結末である。
今の日本人は731部隊のマルタ小屋で暮らしていることに気付いていない家畜奴隷がいるのだ。気付かないどころか、そんな悪魔達に感謝すらしているのである。

ここまで


お分かりかと思われますが、
これは氷山の一角でしかありません。

この延長線上に、優生学、偽善の平和学、エリート教養主義があるんです。

平和を装った教育、学問、思想、医療に

くれぐれも騙されないように注意されたいです。


そうです、何度も言いますが、

平和運動の本質は「戦争正当化」なのです。


↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。
 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事スクロールで1行表示
無料ブログパーツ

コンピュータ監視法案が本会議で可決~ついにネット言論統制が始まった~ (06/01)61年ぶりの鉱業法改正は3.11当日に行われていた!!! (06/01)【資料】日経の「人工地震」に関連する見出しと注目記事を集めました。 (05/31)核廃絶運動家に訴えかけるのもアリかも~核爆発人工地震兵器可能性~ (05/30)核爆発があったと考えるほうが自然なのです~どう考えても~ (05/24)ロシアからの人工地震メッセージ?~茨城沖で再び人工地震発動か?~ (05/24)311地震の謎を解く 311の意味とは??~“水戸”がキーワード~ (05/23)【速報】リビアでM8.4の地震、組織ぐるみで隠蔽される!~人工地震か~ (05/21)人間性を奪い、自由をないがしろにし、個人を束縛する「構造(物)」からの卒業 (05/21)海治 広太郎氏のアイデア~地震を作為的に「テロ」として起こせる可能性~ (05/21)

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

CategoryRanking 1.0

Designed by 石津 花

でかポインタ・スイッチ


:キーボードショートカットVer1.1
  • L:最新の記事
  • J:次の記事orページ
  • K:前の記事orページ
  • D:PageDown
  • U:PageUp
プルダウンリスト
最新記事
最新コメント
便利Javascripts
現在時刻





総記事数:




最近のコメント
よすみさん (08/14)
自然エネルギーで原発を賄うという無理難題で脱原発派を突き跳ねる人は
大抵原発を安全に動かすという無理難題を下敷きにしている。

太陽光はピークカットに多いに役立

科学者 (08/09)
仰る通り、抗癌剤と言う化学薬品は、猛毒物であります。

ご挨拶が遅れました。分子生命科学を専門職とし、各大学で非常勤講師をしているものです。

さて、抗癌剤は、

ザック (08/03)
生きてますか。

トンビ母 (07/07)
人工地震は何よりも先ず、安全に実験する事です。高校の地学の先生は、ちゃんと心得ておられるようですが。

軍事目的で使われると大惨事です。

注意しなければいけま

zaurus (04/29)
ときどき来ては、ダウンロードさせてもらっています。たいへんな作業だと思いますが、非常に重要な資料です。感謝しております。これからもお願いします。また来ます!

匿名希望 (04/26)
311以降、拝見させたいだだいております。


勤務している施設の利用者さんのために、こちらを

閲覧するようになりました。

しかし、私自身のためにもとても有

スポンタ中村 (03/25)
どうも。ビートルズの陰謀論から、このブログに来ました。陰謀論のサイトなんですね。(^o^)

陰謀論をつきつめていくと、民主主義も陰謀の一つだということが分かり

よすみ (03/12)
 原子力が二酸化炭素をださないのは本当だけど、放射能はやっぱだすんだよね。というのが日本人が経験した東日本大震災の第一の教訓、あの状況に立ち向かえる無敵原子力発

ヨシュア・メシア (03/11)
 突然お便りします。いろいろ精力的に調べられていますね。しかし、陰謀論を本当の意味で理解するには、クリスチャンでなければわからない大きな壁が存在します。一方的で

ゲストさん (02/22)
ブログ主さんはエラい長文を書いてますが、陰謀論は事実としてある、ということを言いたいわけですね。

正にその通りですね。

その音楽は自由だって言っているその思想自

プロフィール

だいだいこん 

Author:だいだいこん 
私はただの人間です。
なぜ原発は爆発したのか考えてます。
そして反日銀デモを起こしたくて仕方がありません。

日本は平和国家でしょうか。
その根拠は?具体的にどこが?
日銀や消費税は人を殺しています。

消費税廃止、インフレ目標、
宗教法人税の導入やBIなどで、
日本を本当の平和国家にしましょう。

そして、地震兵器を隠すのをやめましょう。

Book Mark !
ブロとも一覧(画像のみ版)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧

タマちゃんの暇つぶし

ひきこもりを侮るな!

とほほほ

アギタの神が住む鎮守の森

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

さんたブロ~グ

∞LINK WALKER∞advance of the new century∞

ケムトレイル

保守政治とは何か

ブログのブログ

情報を活用する

六人の子産ませてくれてありがとう~体験レポートで自然育児のコツを教えます~

こらぁ~!責任者出て来~い!
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
その他
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
112位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Google自動翻訳
コメント・トラバ・総記事数
コメント数:  トラバ数:  総記事数:
ブログ成分分析
だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~の成分分析
AquariumClock 2
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。