スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医猟地獄の犠牲になるな~殺人大国・日本~

90aku5lr_convert_20100713195459.jpg


この世には、利権と云うものが存在しています。

利権とは、不当なビジネスです。


戦争と利権が大きく関わっていることも事実です。

なぜならば、戦争と云うものが国家主導の最大のビジネスであり、
また、人の命を対象とする特権的なものだからです。


組織主体で動いている社会の恐ろしさをもっと知るべきだと私は思います。

自分の命は、他の誰のものでもないということを
かみしめながら、以下のサイトをじっくりと読んでいただきたいと思います。


膨大な資料をまとめておられますので、
全てを見ることは大変だと思います。

私も少ししか読めていませんが、とにかくサイトを紹介しなければと考えた次第であります。

ではどうぞ。(きわどい画像もありますので注意して下さい)

医猟地獄の犠牲になるな


今回は、要点を転載させてもらいます。

このサイトの主張の要点(予定を含む)より引用


日本人の約半数の死因は殺人事件である

日本人の死因の第一位はダントツで国家と教育産業と医療産業による殺人事件である。

医療とは殺人収奪を行うための謀略である。

現代医療の医者や看護師のほとんどが悪魔に財産収奪のために狂育された殺人、傷害収奪ロボットである。

現代文明の本質は銃弾の飛び交った戦時中よりも悪化している。

世界で起きている医猟産業犯罪、製薬利権犯罪の仕掛け人、主犯格は石油利権、ロックフェラー一族である。

毎年日本では約60万人は埼玉保険金殺人、毒殺 保険金殺人と同様の殺人事件で死亡している。そのほとんどが医療産業によるものである。世界では60万人の間違いではない。日本だけで年間約60万人である。つまり約二人に一人である。そのうち3人に一人の約30万人ほどは惨殺に近い凶悪保険金殺人事件である。
なぜそうなるのかということは説明した。この主張はまるで大げさな荒唐無稽な主張に思われるかもしれないが、いろんなところでボカシながら書かれていることで、それを裏付ける資料や実際に根拠となる出来事は多数ある。
 これは会社が追い詰めて自殺したとか、いじめで死んだとか過労死したなどの解釈によって殺人とも解釈できる広義の殺人はのぞく。
 もちろん堕胎などの胎児は除く件数である。もしそれらも含めるともっと上がるが、その場合は解釈があいまいになるので除く。
 近藤誠氏はガン治療だけで25万人は医療が殺していることを証言している。ガン医療の殺人以外で10万人くらいは医療が殺していることを証言している本は多数ある。これらを統合すれば3人に一人は医療が殺していることくらいまでは、医者の証言や報道でもそれほど珍しい認識ではない。医療過誤の99%以上は発覚していないだけで交通事故の10倍以上の死因は医療過誤であるというのは専門家の認識である。
過去に国家規模で病院での一斉ストライキが起こる現象は何度かあったが、その共通点は医者や看護師がストライキをして働かなくなると急にストライキが始まった頃から死亡率が激減し、ストライキが終わると死亡率が元に戻ると言う現象が起きていることである。
 つまり、彼らの毒物を投与したり、痛めつけて、症状だけを破壊していくという治療や症状を破壊していくことで治癒だと解釈するものの見方にはまったく治癒効果が無いどころか、悪化させて殺していただけであることが既に発覚している。
 半数以上は医療過誤が死因の隠れトップであることはさまざまなところで指摘されていることで、それをぼかすことなくこのサイトではストレートに書いただけのことで、多くの人は気がついていないが、実はそれほど珍しい特別な主張ではない。その根拠と証拠は膨大な資料の提示と共に説明する予定である。

日本人の平均寿命は、正確なデータは誰も作っていないが、よくてもせいぜい50歳から60歳である。40歳代の可能性もじゅうぶんある。もちろん堕胎や流産など、人口として統計のない胎児の死亡を除く平均である。
胎児の死亡や人工流産などをとり入れれば平均寿命が激減するのは当然で、そのような意味のない主張はしない。もちろんこの二人に一人が殺されているという主張は出生届けが出された人間の平均である。

厚労省の出してくるデータは世界一かワースト級の捏造データである。世界一の寿命、世界一優秀な医療というのは統計の捏造がもたらした虚構である。

日本人の世界一の平均長寿命、乳児死亡率最低、エイズ統計、優秀な医療などの医療統計の数値は、厚労省と医療業界が捏造したウルトラペテンである。女性が平均で86歳まで生きているわけがないことは誰でも直ぐにわかる。
平均で86歳まで生きていることが本当だとしたら女性死亡者の半分以上は少なくとも90歳以上、多くが100歳以上まで生きて死んでいることになることから、どう考えてもおかしい統計だとわかるはず。証拠多数の作りすぎたウソによって、ウルトラ大ペテンが発覚する。

医療統計、厚労省の統計は1が千どころか0以下が万にもなる捏造されたウルトラ大ペテンである。人口統計すらもウソの可能性がある。

日本は、世界有数の殺人、詐欺、傷害事件などの犯罪大国である。一日に数千件の殺人事件が津々浦々で発生している。(もちろん会社が主人を殺したなどの過労とか堕胎の件数は除く)

病気の大半は薬害の化学汚染である。これは医薬品以外の農薬、食品添加物、動物性食品の残留医薬品なども含む。それらの複合的な多剤毒性の蓄積によって生じる。ガンも同じ。そしてこれは医学が利権拡大のために意図的に作り出している。

単剤での毒性試験や副作用情報は実態をまったく示していない。「医者が言う薬の副作用はこれくらいです」という医薬品の添付文書の副作用はまったく実態を示していないウソである。
それは化学の法則をまったく無視していることである。化学反応というのは多剤で投与されたときに1+1の毒性が2ではなく、100にも200にも猛烈化することがある。
たとえば単剤ではあまり毒性のない洗剤でも、混ぜるな洗剤というよく知られた化学反応がある。さらにサリンとVXガスの毒性の違いで説明が付く。サリンはメチル基だけだが、VXガスは化学構造にエチル基とメチル基が両方組みあわせることで毒性は同じ1グラムでもサリンの数百倍くらいに増す。
医薬品にはひとつの薬でエチル基とメチル基の両方持つものは少ないが、多剤療法ならこの組み合わせがきわめてよくある。このときに体内で生じる毒性は単剤試験でつくった副作用情報とはまったく違うことが体内でしょうじていることになる。ましてや投与期間も実際には長くなる。
逆に毒性が消える組み合わせもあるが、そもそも毒性の反射作用を利用するから、彼ら医学者の論理で言えば、毒性が消えても意味がないことになる。
多剤療法で投与されているのが当たり前の中で単独で行った毒性試験のデータというのはあくまでも単剤だけで短期間使ったときの結果に過ぎない。
そのホンネは盲点を隠れ蓑に患者をわざと悪化させて暴利を得て逃げ切ることにある。殺害の実行犯として選ばれている医者はそれらの添付文書と実際の現場の違いを認識する知能がない。

現代医学の医者は人間の中でももっとも知能と知性と人間性の低い人種である。そしてこれはなぜそうなってしまうのかということは有害な狂育による知能と知性の破壊作用で説明が付く。そのような精神性や知能、思考回路、無機質な人間性を作り出してしまう狂った狂育にある。

現代医学の医学理論は利権拡大や利益のために捏造された一ページ目の一行目からウソ八百のデタラメ。マスコミは問題の根が深すぎて発表できない。

発表されている生存率はウソ八百のデタラメである。これには自分たちの都合の良い結論を導き出すために対象を統計データに採用する分母の選択というトリックが使われている。

現代医学とはわざと患者を悪化させて稼ぐための悪魔の研究である。よく言えば人口削減計画である。

ガン細胞はまったく転移などしていないし、転移していく性質などまったくない。そのように見せかける演出のトリックは既に解決済みである。現代医療のガン治療理論は根本からウソ八百のデタラメである。

ガン細胞は蓄膿症の膿やニキビと同じく結果であって病気の本質ではない。よって破壊や切除による治癒効果はまったくないどころか、ますますがんという病気の本質を悪化させてしまう。

ガン細胞は生体を守っている治癒反応である

ガン細胞を切ったり殺してもまったく次のガンを抑える効果はまったくないどころか、逆に発癌性が発生する。

現代医学は戦時中の化学兵器による残酷な後遺症に目を付けて、患者という獲物をカネヅル奴隷にするための終身カネヅル化作戦を実行している悪魔の産業である。これは推測や状況証拠ではなく、決定的な証拠が多数あるので提示する。

史上最悪の残酷な被害を出した毒ガス化学兵器のマスタードガスでいまなお、日本だけで年間10万人以上を堂々と殺害している。


輸血に関するウソ、赤十字社などの血液利権の巨悪犯罪

生物化学兵器のテロと同様の血液利権の悪魔の本性


多数の証拠資料を駆使して説明する。

血液利権、輸血は堂々と行われた生物化学テロである。輸血が人を救っている、輸血でなければ人は救われないという常識は彼らがひた隠すガン利権同様のウルトラ大ペテンである。

赤十字社は世界最大の屠殺場、生物化学テロ犯罪組織、人口削減機関である
人間の歴史上、いまだかつてまともに輸血が成功した事例はない。薬害エイズや薬害肝炎を上回る巨悪犯罪が、今もウソ八百の医学理論を隠れ蓑にして堂々と行われている。薬害エイズも薬害肝炎ももともとそれを拡大させたのはウソ八百の血液利権である。これらはいまだにウソ八百の医学理論を隠れ蓑にして、輸血による感染や副作用関しては仕方がないという建前を前提にして真犯人達は捕まっていない。
実際には非加熱製剤と同様に代替品はとっくの昔からある。

毎年日本だけで数万人は輸血という医療犯罪によって亡くなっている。また輸血による後遺症で苦しんでいる人が何ら救済されずに放置されている。
ただし、たいていは輸血単独で死んでいるのではなく、他の毒剤や有害処置も含む複合的な毒性によって死亡させられている。因果関係の比率として輸血の割合が大きい。
実は輸血によって救われた人など歴史上、まったくいない。そう思わされているカラクリがあるだけで根本からウソである。輸血などしなくても助かっている方法はあるのである。正当な方法を隠すことによって成り立っている虚構である。
輸血で助かった話は、まったく何もしないで放置するよりはマシだろうが、役に立ってもせいぜい水分補給くらいの意味しか成していない。
つまり、水分補給くらいの役にしか立たないのだから生理食塩水を飲ませたり、輸液するほうが生存率が高くなる。まったく何もしないで放置した場合の生存率と比較して、輸血が人を巣くっているように演出しているに過ぎない。

輸血以外では人は助からないという説は抗ガン剤利権と同じく、ウソ八百の医学定説である。むしろ、輸血をするから助からなくなるのが本当の人間の生理学の真実である。
たとえば、事故で半分の血液が流出したとする。この場合も輸血をしないほうがはるかに生存率は高くなることは既に多数の事例で実証されているし、その証言や事例も多数ある。輸血をするとほとんどの場合、重大な副作用で危機的状況に陥り、生き延びたとしても次々と余病が発生するが、結果的に医猟産業が儲かることになる。
輸血をしない方法に切り替えた医者の多くは、「輸血をしていた当時よりも劇的に生存率や回復率が上がった」ことを証言している。これは血液利権の犯罪を立証している。
なぜ輸血が人を殺してしまうのかという科学的根拠や事例やメカニズムを多数の証拠資料で提示する。他人の血液を入れるから助からなくなるのだ。

輸血は有害かつ、猛烈な発癌作戦である。そしてその余病が巨額の利益をもたらすためにわざと余病を発生させることを目当てに行われているのが実態である。海外では医者は自分や家族には拒否しているし輸血をする必要性が実はないことに気付いている。
結果的にエホバの証人の輸血に関する判断は正しい。輸血拒否で死んだのは正当な医療を施す体制がなかっただけでそのメカニズムは既に解けている。

輸血は抗ガン剤と同様にきわめて深刻な後遺症を与える危険な行為であるが獲物には隠されている。そのホンネは発ガン作戦と同じく、終身カネヅル化増病作戦である。輸血の後遺症は化学兵器による後遺症と同様で深刻である。

一部の良心的な正当な医療を行っている病院ではまったく輸血はおこなっていないし、これらの有害性を理解している。

輸血は生物化学兵器のテロに近い犯罪である。感染症を広げた元凶も血液利権である。赤十字社は世界最大の生物化学テロ集団である。また輸血はガン治療の総放射線量と同等の猛烈な放射線がかけられており、血液としてはまったく変質した放射生物質になっており、実は血液としての性質や機能は既になくなっている有害な毒に過ぎない。

輸血された血液は赤血球も白血球も正常には機能していない上に放射能汚染物質を大量に体内に投与されたことになる。輸血をされると大量に放射線被曝を受けたのと同じ状態になり、臓器障害、多臓器不全、感染症などが発生するが、そもそも輸血には添付文書や救済制度がないという重大な欠陥がある。

輸血される血液の本当の実態は放射性廃棄物と同様の毒物である。放射能汚染された廃棄物を体内に投与されるのと同じである。輸血は放射性廃棄物を入れるのと同様の保険金殺人事件である。

輸血血液は一発で50グレイ程度の放射線が照射されており、さらに有害な化学剤で汚染されているため大量輸血をすると急激に余病が発生するか数ヶ月という短期間で死亡する。輸血される血液は放射能汚染をされたものであり、わざと放射能汚染をさせた劣化ウラン弾のように化学兵器剤に近いものに変質させて投与しているのである。

輸血されると放射性汚染血液によって体中が内部被曝する。それこそが彼らの狙いである。

そのため、ガンの手術で輸血すればするほど急激に猛烈な発ガン性が生じて、急激にガンが増殖することは多数の医師が証言しているし発表されている。またガンが増殖する以前に容態が悪化して死亡しているケースが極めて多い。手術をした途端に猛烈にガンが増殖しはじめ、全身に転移する。正確には転移という解釈はウソである。彼らの言う転移という現象が起きる原因のひとつは手術の時に施した有害な輸血である。手術に猛烈な発ガン性が生じるメカニズムは既に解決済みである。

治療された途端に急坂を転げ落ちるように悪化する人が多い理由のひとつは輸血であるが、現代医療では単独で輸血だけするというケースは少ないから複合的に猛烈な有害事項が発生している。

そのホンネは抗ガン剤と同じく人を救うには仕方がないと美名に隠れて、余病を発生させてリピート治療で暴利を稼ぐためである。輸血血液は水分とミネラル成分以外には何ら役に立たない単なる有害物質である。血液が薄まっても成分だけを輸液すれば良いというのは、かなり以前からわかっていることであるが余病作戦が次なるリピートと終末医療で儲かるので隠されている。

複合的に考えると救急医療すらも結果的に輸血などの有害処置で殺しているケースが多い。現代医学でまともなものはほとんどない。

輸血をすればするほど大量出血する。それは輸血には血を固まらなくさせる薬剤が添加されているためである。輸血すればするほどドンドン固まらない血液が増えて大量出血するという隘路がある。
そのため全身の自分の血が汚染で悪化して、急激に体調も悪化する。そのほとんどのケースにおいて病状の悪化や容体の急変という形で病気で死んだこととして片付けられているが全くの嘘である。
実は輸血によるショック死が続出しているにも関わらず病気が悪化したことに紛らせて隠されている。
半数の血液が流れても輸血以外の方法があるが隠されている。
医者も気付いている人が多く自分や家族には拒否するが獲物には余病作戦が堂々と実行されている。自分や自分の家族には輸血をさせない医者が世界には多数居る。


細胞分裂伝説のウソ

細胞分裂伝説は虚構の医猟産業が演出して作り出した錬金術のシカケ、洗脳である。
人間の細胞は有糸分裂などして増えていない。いまだかつて確認した人はいない仮説である。
 インターネットの出現で気付く人が増え始めている。実際は70年以上前から何度も発表されては隠されており、医者でも気がついている人がけっこういる。

医薬品の発達で感染症などから救われたという説はウソである。このカラクリの謎はすでに解決済み。

世界一使われている抗ガン剤の正体は200万種以上の化学物質から選ばれた地球最強クラスの猛烈な凄まじい発癌物質である。これはWHOも指定する発癌物質の最高ランクに認定している周知の事実であるし、この証拠資料は多数出した。

放射線治療とは、猛烈にガンを悪化させるためにやっている発癌作戦である。治癒効果はまったくない。

ガンの猛烈増殖のイメージは発癌作戦の結果である。

抗ガン剤という猛烈な発ガン剤による悪魔の保険金殺人は一部の関係者の間では20世紀最大の疑惑だった!
20世紀最大の疑惑に気がついている専門家も多数いるのでその証言を取りあげる

現代医学は戦争時代の化学兵器の残酷な後遺症や公害などをヒントに患者をカネヅル化させるために寄せ集めて編み出した悪魔の虐殺ビジネスである。

ガンの増殖、恐ろしいイメージはすべて医猟産業の錬金術のために考え出した演出である。実際に殺しているのはガン細胞などではなく、彼らである。その科学的メカニズムも既に解けているし、証拠も多数ある。

抗ガン剤、手術、放射線は3つともすべて意図的に計画された猛烈な発癌作戦、悪魔の錬金術である

癌の外科手術にはまったく治癒効果など無いことがすでにわかっている。ガンを取り残しても全部とても次の癌が発生することとは関係がない。むしろ、深追いして切っていくほど次の発ガン性が起きやすくなる。

ガンのほとんどは自然消滅するし、本人が気付かないところで勝手に自然消滅している。
これは多数の証言、現代医療関係者の証言や証拠も多数アリ。わかっているが自分たちの商売に都合が悪いから提示しないだけである。

発覚すれば暴動が起きる規模の小児癌の巨大医療犯罪が隠蔽されている。


近藤誠氏の「患者よ、がんと闘うな」などの一連の著作の主張は基本的に正しい。

ただし、このサイトの主張は近藤誠医師と同じではない。

ガンに命を奪われた人など歴史上一人も居ない。逆にガンに命を救われている人がほとんどである。巨悪の錬金術のためには病魔が悪で、医療にすがってもらわなければ商売にならないためのウルトラペテンである。

ガン治療、とくに三大治療は猛烈な発癌作戦である。わざと発癌させてリピートさせることに本当の狙いがある。それは科学的根拠、証拠資料を用いて詳細に説明することが出来る。

ピンクリボン運動などのガン撲滅運動の本質は悪魔の知恵が生み出した発癌作戦、悪魔の知恵が生み出したマスタードガス猟である。
 ピンクリボンで乳ガンが見つかったときに打たれる化学猟法の7割程度は毒ガス化学兵器剤として化学兵器禁止条約やジュネーブ議定書で禁止された窒素マスタードガスである。その制限はサリンやVXガスと同等の最高危険視ランクとして指定されている。猛烈な糜爛毒性によって凄まじい毒性、発癌性が生じてガンの恐怖が演出されて、医猟産業は莫大な利益をあげている。
マスタードガスが200万種以上の化学物質の中から30番以内に選ばれた猛烈な発癌生物質である。これはすでにガン治療薬として発売される前に問題になっていたことで、添付文書にも強い発ガン性があることがハッキリと警告されている。
医猟産業は最初から猛烈な発ガン性を求めて抗ガン剤と称する発ガン物質を採用し続けている。

乳ガン化学療法の7割程度に使われている窒素マスタードガスは化学兵器禁止条約でもっとも危険な化学剤であるVXガス、サリンと同じランクの第一剤に指定されている。
さらにWHOの発癌物質指定ランクで最高ランクである。200万種以上の化学物質から選ばれた発癌物質の王様が乳ガン治療の主剤になっているのは猛烈な発ガン性が後の再治療で暴利を生み出すためである。これは主張と言うより、事実であるし、多数の資料提示を行った。

薬害エイズや薬害肝炎などを規模、悪質性において数万倍上回る超メガトン級の薬害が隠されている。もちろん既に気付いている専門家は多数おり、決定的な証拠は多数アリ。近藤誠氏はその一部をボカシながら書いているし、部分的に気がついている。

抗ガン剤治療とは猛烈な発癌収奪作戦である。

白血病、骨髄移植は治癒効果がまったくゼロどころか、造白血病作戦のために編み出されたウルトラペテンの虐殺収奪犯罪である。 もちろん証拠は多数ある。

ノーベル賞を受賞した医学理論も多数がウソ八百の宣伝に利用されている

現代医療の医療行為の95%以上は有害な殺人傷害事件である。救急医療さえも殺している一面がある。

救急医療さえも多数の場合は人を救っていない。ただし、救急救命処置の一部が適切な処置もあることは認める。


半殺しにして稼ぐ猟奇的産婦人科医療の実態について

日本の産婦人科医療、出産ビジネスは母子を半殺しにして稼ぐ凶悪な殺人傷害、詐欺犯罪である。乳児の死亡率もウソ八百の捏造統計である。

胎児の死亡や死産や母親が出産の時に死亡する事例は、そのほとんどが医療殺人である。半殺しに陥れて、医者が助けるという自作自演はガン産業のカラクリとまったく同じであるが、やり過ぎて殺してしまう事故が多発している。そのほとんど99%は遺族が気づいていないので発覚していない。
帝王切開は妊婦が意識不明などごく一部の例外を除いて99%は必要のないビジネスとして行われている有害な処置で、重大かつ凶悪な犯罪であり、傷害事件である。
産婦人科医師は地球で最も出産がどういうものであるかがまったくわかっていないバカである。

帝王切開をしなければならない緊急事態になるのは彼らが薬物などで危険に陥れるからである。妊婦が危険になったのではなく、彼らが暴利をえるため、出産は危険を伴う石屋に頼らなければならないという印象を維持するために陥れて、帝王切開で救い出すという自作自演をしているだけである。
緊急帝王切開は、そのほぼ99%が医療過誤によって起きているが、医者が医療過誤であると言うことを自白することはまずない。この科学的メカニズムは詳細に説明する。

お産は自然に勝手に生まれてくる直前になるまで、ほったらかしにしておくのが一番安全である。そうなったときに立った状態か、分娩イスで最後の瞬間の時だけきばればよい。それ以前の練習などもしなくても大丈夫である。すべてはビジネスのためにやっているだけなのである。勝手に生まれてくる状態に身体がいくまで待てばよい。人間の身体はそのように作ってある。
つまり、これは動物と同じである。動物と同じという言い方は、人間より劣るという言い方でよく使われるが、実態は人間の現代医療が一番劣っているのである。

不妊治療はウソ八百の不妊にするためのワナである。妊娠の効果があるどころか不妊にしてもらいに行くようなものである。不妊治療をやめると妊娠するという人が多い。

不妊治療とは断食、少食をすればよいだけである。食べる量が極限に少なくなる栄養失調の間近ほど妊娠しやすくなる。逆に多くなるほど妊娠しにくくなる。
これはガリガリの死にかかった栄養失調の飢餓国の母親が子供に関しては女性平均8人産んでいることから科学的メカニズムは説明できる。

ほとんどのワクチンはまったく予防効果が無いどころか美名に隠れた余病作戦である。スペイン風邪とはインフルエンザなどではなく薬害の死者だった。


日本の歯科医療は悪魔的な歯壊収奪ビジネスであることについて

日本の歯科医療は世界的に見ても異様な悪魔の知恵が生み出した歯壊収奪産業である。
歯科医療行為の80%超は有害な歯壊行為、歯壊収奪作戦である
日本人の歯は悪の歯科医達にすき放題に壊されている。

ししゅうびょうは治せる方法があるが入れ歯にした法が儲かるために隠されている。
安易に削って稼ぐ歯科医療で詰められたアマルガムが重大な障害を引き起こしている

現代医学は医療行為としては人をまったく救っていない。ただし、増えすぎた悪い人口を削減し、人口調整という違う意味で全体を救っている必要悪としての存在意味があることは認める。現代医学も赤十字社も全面否定はできない。現代医学による殺人は腐った現代社会において必要悪、浄化装置でもある。現代医療がなくなれば平和になるとは思っていない。医療だけ潰したらますます社会は悪化する。

現代医療の残酷な殺人は狂った現代人の間違った人生の清算であり、現象として起こしている重大警告である。解釈によっては本当に人を救っている意味もある。(オウム真理教のポアの発想や果実栽培の間引きに近い)


国家権力である文科省、厚労省、警察、国税などは医猟産業と組んで莫大な利益を上げている


日本で生まれた動物の90%以上は人間の欲望によってに惨殺されている。同様に人間同士でも本質的に同じことが起きている。動物と人間に対する態度が全然違うように見えるのは騙すための表面のカモフラージュ、経済至上主義社会での演技、獲物を誘うワナに過ぎない。本質的な無慈悲な精神性、心的態度はどちらもまったく同じである。


狂犬病の予防注射はウソ八百のデタラメ、利権である。海外では廃止している。日本でも半数の犬は予防注射など受けていないので、狂犬病が発生していないのは予防注射による効果ではない。

経済至上主義社会、現代の狂育は虐殺収奪戦争の肯定である。そのような狂った悪魔的な人生を生きていれば反作用で自分も虐殺収奪されて殺されるのは必然の結末であり、清算である。

現代の人間文明は地球人は一ページ目の一行目から猛烈に狂っている。

経済至上主義社会の経済活動は極力参加しないほうがよい。学校に行かない、経済至上主義社会の悪循環にできるだけ参加しないことが基本的に正しい。

地球人とは悪魔の檻に生まれ、悪魔に飼われた家畜奴隷である。最後は屠殺処分されている。

自分が美しく生きないと物事の本質が見抜けなくなり、結果的に痛い眼に会う結末から逃れられない。他者(人間以外を含む)無頓着に生きることは結果的に自分が損をする。その良い例が現代医療に騙された家畜奴隷達である。

日本は狂育国家である。学校狂育が人間を腐らせ、魂をダメにし、凄まじい医療犯罪を発生させている。

義務教育は国民家畜奴隷化計画の凶悪犯罪である。
学校に行けば行くほど知能と知性は低くなり殲滅する。戦時中教育の悲劇が証明している。

国家の学校教育は医猟産業と同じく悪質である。義務教育の本質は徴兵制度と同様である。幼稚園、小学校など最初から入学させてはならない!
すでに学校教育を拒否する動きが出ている。

人間社会は今も歴史も悪魔の虐殺収奪社会である。そしてそれは人間のもっとも無抵抗な弱い状態の時、狂育によってもたらされている。
医療産業の殺人も世の中の腐敗も根本は間違った教育産業による巨悪の犯罪である。

ただし、何かを建前にして人口を減らさなければ成り立たないのも事実であるから上記の医猟犯罪はやむを得ない一面の正義はある。今の医療は意図的にしろ、結果的にしろ、果実を育てるために間引きして他を生かすための方便の意味がある。このサイトは気づける人へのチャンスとして提示しているものであり、医療の殺人を全面否定するつもりではない。

現在全く未執筆だが予定


白血病治療のウソ

骨髄移植は成功などしていない
骨髄移植という医猟ビジネスは化学兵器の後遺症で成功した医猟産業が市場開拓のために作り出した捏造病である。
市場開拓のためにかなりのノーベル賞推薦が集まり、開発者はノーベル賞を受賞した。

骨髄移植理論は矛盾だらけで検証すると破綻している。骨髄移植はいまだかつて一例も成功などしていない。これに関する資料は多数ある。生き延びている人は実際には骨髄移植などしていない人がかなり含まれており、移植などしなくても死んでいなかった人々である。
移植しなかったのに移植したという芝居だけされている例がかなりある。そして医者の移植したという芝居だけの人がその後生き延びている。

実際に移植されて生き延びている人はかなり少ないが居ること入る。ただし、それは移植のおかげなどではない。助かったというのは、先に放置すれば確実に死ぬと思わせておくことによる心理トリックである。先に何もしないと悪くなると思わせるほど手柄が大きくなるシカケ。

白血病がボロボロになって死んでいく恐ろしい病という現象は彼らの化学兵器漬けの壮絶な殺人である。

医者が反論に使ってくる移植で助かっている人がいるという現象の説明が付かないとか、骨髄移植で血液型が変わったという人々の謎は既に解決済みである。

抗鬱剤という精神薬で大変な犯罪が起きている。


細菌犯人説のウソ、抗生物質のウルトラペテン

細菌犯人説は医学界が細胞分裂伝説と同様に作り出した虚構の医学理論である。


抗生剤はまったく人など救っていない。抗生剤やペニシリンの発明が多くの人を救ったという歴史は統計のトリックである。抗生剤には抗ガン剤と同じく治癒力がない。

コッホやパスツールの細菌説は現代医学が虚構の産業をを作るために採用した細胞分裂伝説と同様のウルトラペテンである。
それと対立する説は同様に支持されていたが、敵と戦うという発想でなければ医学という虚構のお助けマンビジネスは成立しないために正当な医学は潰され、悪魔の医学だけが生き残った。患者を悪化させるほど儲かるために資金力を付けた悪党が論争に勝ったのである。
悪魔のような人々を苦しめる細菌やウイルスや病魔から医学が人を救うと言うことを大衆が信じてくれなければ医者も薬屋も出番が激減してオマンマの食い上げになるからだ。

エイズに関してはまだ徹底調査前だが同様の可能性がたかい。

ワクチンは堂々と行われた生物兵器テロである。
ウイルスや細菌が恐ろしいというイメージは医薬品の毒性が作り出した演出である。そのカラクリは癌細胞の演出と同様。
細菌が恐ろしい病魔のように見えるのは医薬品という仮面を付けた化学兵器剤が人間を痛めつけて殺しているからである。

白内障、緑内障、神経が侵されるベーチット病は薬害、化学汚染による悪血からくる神経障害である。卵、牛乳、乳製品の常食に多い。
これらの薬害は医療で使う薬害以外に肉食や動物性食品の薬物の長期摂取など複合的に起きている。それを資料は多数あるが現代医学は無視する。ひとつは彼ら自身が市場開拓のために作り出している病気であり、原因を解明してしまうとドル箱を潰すことになるためだ。

そもそも人間に育てられた家畜は薬物漬けで牛は通常30年生きられるが屠殺しなくても薬物漬けでボロボロになっており、6~7年足らずで寿命が尽きる。
4~5年で屠殺するのは、薬物漬けで病死される前に利益確定するためである。このような薬漬け食品が大好物というの悪条件に病院の薬、汚染された水道水、さらに腸内汚染など複合的に加わることで起きることが多い。
同様の神経障害で完全克服した森美智代さんの事例がその解決法証明している。

癌はそうならないようにするための最大限の生体防衛反応の努力である。毒物を固めることで、それらの障害を防いでいる役割を果たしている。癌組織とは生体内で作り出した毒ガス調節期間である。
腫瘍ができなくなると毒素の調整が出来なくなるから、神経障害や臓器不全など深刻な事態に陥る。毒素を取り入れない、排毒をよくする意味でのガン予防はいいが、抗ガン剤などの毒の作用で腫瘍を抑えたり、事前の子宮などの臓器切除でガンが出来なくするようなガン予防はまったく意味が無いどころか、寿命を縮めるだけである。
ガン腫瘍が出来なくなれば毒の濃度が上がり、臓器不全や神経障害などの深刻な事態に起きる。
つまり、ガンという性質は出血したときに治療が固まったりする作用と同じく、生体を助ける生体防御作用であるから、ガンが出来ないと神経障害や腎不全などの傷害を起こす。
癌になれない体質の人間に起きている重大障害がベーチット病などの難病である。腫瘍をできなくするための子宮ガン予防ワクチンなどはまったく意味のない本末転倒したものである。
現代医療では原因を排除しないから、まったく治せないが、私はその解決法は既に解けている。

白内障は悪血が原因である。人工レンズを入れる手術をしているが、重度の固まった状態でなければ必要はない。治し方は癌と同じである。それを教えないのは自己解決されたら眼科医たちがオマンマの食い上げになるからである。だから原因も治し方も彼らが明かすことなどあるはずもない。
盲腸は切ってはいけない。盲腸を切ると寿命が縮まる。盲腸は切っても即刻不都合が自覚できるほどの後遺症は感じられないが、免疫が低下し、寿命を縮めている。近視眼的な医学者達には気づけなかっただけである。
また過去の医療過誤が発覚するために隠している。扁桃腺なども同様である。
盲腸は不要というのは手術の練習や手術で稼ぐために作り出したインチキ医学理論である。人間の身体にまったく不要なものなど付いていない。


現代医学は多くの人々を救ってきたというのは、このサイトではウルトラペテンであると書いているが、病を治すということに関して限定した意味である。
これはパラドックスで結論的には彼らの言うとおり、ある程度事実でもある。
それは病気から救ってきたという意味ではなく、増えすぎて殺しあいになりそうなところを間引きで数を減らして暴動を防いでいるという意味である。
増えすぎたおかしな人間を毒牙にかけて殺すことで、全体を救っているという意味である。間引きで死んでもらいますというわけにはいかないから、結局は騙して殺すのは仕方がないという一面はある。
医学が殺していなければ、もっと住みにくいおかしな世の中になっているというのも事実だからである。
当サイトは医学を潰すという目的でやっていないし、そのような医学をターゲットとした目的だけならこのようなことをやるつもりはない。
医学の毒牙から誰でも彼でも助かる社会になることは好ましいことではない。医学問題だけなら、わかる人にだけ助かってもらったらいいと思っている。



ここまで


↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

すごいサイト見つけられましたね。
リンクしようと思います。

No title

如雪さんのブログを読ませていただきました。
ただ受け入れられるだけではないところがさすがだな~と、感心しました。

私も、現代の医療批判のところはそのとおりだろうと思っているのですが、それに代わる理論がどこまで正しいのかはよくわかりません。

ただ、常識から開放するためにはいい資料かもしれないと思ったので紹介させてもらいました。

まずは多くの人に見てもらい、評議を受け、批判の対象とされることだと思っております。

コメントありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
最新記事スクロールで1行表示
無料ブログパーツ

コンピュータ監視法案が本会議で可決~ついにネット言論統制が始まった~ (06/01)61年ぶりの鉱業法改正は3.11当日に行われていた!!! (06/01)【資料】日経の「人工地震」に関連する見出しと注目記事を集めました。 (05/31)核廃絶運動家に訴えかけるのもアリかも~核爆発人工地震兵器可能性~ (05/30)核爆発があったと考えるほうが自然なのです~どう考えても~ (05/24)ロシアからの人工地震メッセージ?~茨城沖で再び人工地震発動か?~ (05/24)311地震の謎を解く 311の意味とは??~“水戸”がキーワード~ (05/23)【速報】リビアでM8.4の地震、組織ぐるみで隠蔽される!~人工地震か~ (05/21)人間性を奪い、自由をないがしろにし、個人を束縛する「構造(物)」からの卒業 (05/21)海治 広太郎氏のアイデア~地震を作為的に「テロ」として起こせる可能性~ (05/21)

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

CategoryRanking 1.0

Designed by 石津 花

でかポインタ・スイッチ


:キーボードショートカットVer1.1
  • L:最新の記事
  • J:次の記事orページ
  • K:前の記事orページ
  • D:PageDown
  • U:PageUp
プルダウンリスト
最新記事
最新コメント
便利Javascripts
現在時刻





総記事数:




最近のコメント
よすみさん (08/14)
自然エネルギーで原発を賄うという無理難題で脱原発派を突き跳ねる人は
大抵原発を安全に動かすという無理難題を下敷きにしている。

太陽光はピークカットに多いに役立

科学者 (08/09)
仰る通り、抗癌剤と言う化学薬品は、猛毒物であります。

ご挨拶が遅れました。分子生命科学を専門職とし、各大学で非常勤講師をしているものです。

さて、抗癌剤は、

ザック (08/03)
生きてますか。

トンビ母 (07/07)
人工地震は何よりも先ず、安全に実験する事です。高校の地学の先生は、ちゃんと心得ておられるようですが。

軍事目的で使われると大惨事です。

注意しなければいけま

zaurus (04/29)
ときどき来ては、ダウンロードさせてもらっています。たいへんな作業だと思いますが、非常に重要な資料です。感謝しております。これからもお願いします。また来ます!

匿名希望 (04/26)
311以降、拝見させたいだだいております。


勤務している施設の利用者さんのために、こちらを

閲覧するようになりました。

しかし、私自身のためにもとても有

スポンタ中村 (03/25)
どうも。ビートルズの陰謀論から、このブログに来ました。陰謀論のサイトなんですね。(^o^)

陰謀論をつきつめていくと、民主主義も陰謀の一つだということが分かり

よすみ (03/12)
 原子力が二酸化炭素をださないのは本当だけど、放射能はやっぱだすんだよね。というのが日本人が経験した東日本大震災の第一の教訓、あの状況に立ち向かえる無敵原子力発

ヨシュア・メシア (03/11)
 突然お便りします。いろいろ精力的に調べられていますね。しかし、陰謀論を本当の意味で理解するには、クリスチャンでなければわからない大きな壁が存在します。一方的で

ゲストさん (02/22)
ブログ主さんはエラい長文を書いてますが、陰謀論は事実としてある、ということを言いたいわけですね。

正にその通りですね。

その音楽は自由だって言っているその思想自

プロフィール

だいだいこん 

Author:だいだいこん 
私はただの人間です。
なぜ原発は爆発したのか考えてます。
そして反日銀デモを起こしたくて仕方がありません。

日本は平和国家でしょうか。
その根拠は?具体的にどこが?
日銀や消費税は人を殺しています。

消費税廃止、インフレ目標、
宗教法人税の導入やBIなどで、
日本を本当の平和国家にしましょう。

そして、地震兵器を隠すのをやめましょう。

Book Mark !
ブロとも一覧(画像のみ版)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧

タマちゃんの暇つぶし

ひきこもりを侮るな!

とほほほ

アギタの神が住む鎮守の森

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

さんたブロ~グ

∞LINK WALKER∞advance of the new century∞

ケムトレイル

保守政治とは何か

ブログのブログ

情報を活用する

六人の子産ませてくれてありがとう

こらぁ~!責任者出て来~い!
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
その他
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
102位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Google自動翻訳
コメント・トラバ・総記事数
コメント数:  トラバ数:  総記事数:
ブログ成分分析
だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~の成分分析
AquariumClock 2
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。