スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャベス大統領に関する捏造報道について

(地震兵器発動はあったが)チャべス大統領を信用できない

というコメントを、先日頂きました。


そんな中、以下の記事を発見しました。

転載しますのでどうぞご覧ください


チャベス大統領に対するマスコミの捻じ曲げた報道と、真実!!


より転載開始



この記事は絶対読んでください!
正義を求める強力な政治家が現れ、マスコミによる洗脳目的・嘘づくしの報道に騙されることなく、国民みんながその気になりさえすれば、アメリカに屈せず、今の世の中を変えることが不可能やないとゆうことを知ってください!
           


チャベスに新生ベネズエラの未来を託する貧しい圧倒的多数のベネズエラ人民の希望を見ることができると同時に、ブッシュのアメリカがどこまで汚い手を使って石油を奪おうとするのかその様が実写を持って告発されている。


2004年4月21日。ベネズエラのウゴ・チャベス・フリアス( Hugo Chavez Frias)大統領は、カラカスでの支援者を前にした国際集会で、遺伝子的に組み換え農作物は、農民や農業労働者たちの利益やニーズに反すると警告、ベネズエラには20万ヘクタールも遺伝子組み換えの大豆を作付けるモンサント社の計画があったのに、プロジェクトを止めるよう命じた。
チャベスは、西半球において、遺伝子組み換えの作物に対する最も徹底的な規制を確立。「遺伝子組み換え作物の栽培はベネズエラの大地の上では禁止される。モンサントに栽培を認めるかわりに、これらの畑は、在来作物キャッサバを作付るために使われるだろう。そして、世界中の百姓たちの運動のために、在来品種を保存するための大規模な種子バンクを創設する」。
こう脱遺伝子組み換え農作物宣言をしてのけたのだ。

http://www14.plala.or.jp/Cuba/estudio04.htm



当時ベネズエラでは国民の七-八割が貧困層で、このうち半数は一日一ドル以下の生活。非就学率は30%に達し、六割の国民が医療の恩恵を受けていなかった。

その後、反チャベス派によるクーデターなどを乗り切ったチャベス政権は、輸出量世界五位を誇る石油の収益をつぎ込み、貧困対策を次々に打ち出した。
(チャベス以前は富裕層が利権を握り、貧困対策に使われたことはなかった。)


■無料医療・給食 生活品は半額
それは、
▽キューバ人医師約二万五千人を受け入れ、全国の貧民地区で無料医療活動
▽百五十万人の非識字者を対象にした識字教育
▽大学教育希望者や中学課程未就学者への支援(夜間学校など)
小学校の無料給食
▽全国二千カ所に市価の約半額で生活必需品を売る「メルカル」開設
▽女性グループに起業資金を低利で融資する「女性銀行」制度の新設

-などだ。


<日本のメディアでねじ曲げて報道された4月政変の実像>
2002年4月のベネズエラの政変を記憶されているだろうか。
日本のマスメディアが報道した内容はどことも、「チャベス大統領の強権的な政治に反発した民衆によるデモを警官隊が弾圧して10数人の死者を出したことが発端となり、チャベス大統領は退陣に追い込まれたが、チャベスを支持する軍部により大統領官邸が制圧されために、チャベスは大統領の座に復帰できたという事件であった…」といったものだった。

だが、真実はまるで違っている!!

チャベスは、1998年の選挙で、富の公平な分配を掲げて、大統領に選ばれた。
彼を支持した主な層は、これまで政治に無縁であった貧困層であった。
ベネズエラは石油の産出国であるが、
その利益は一部の人々にしか享受されていない。
大多数を占める貧困層や先住民族は、経済的に貧困な状態を強いられていただけでなく、政治的な無力感にもさいなまれていた。
何をやっても一部の人達だけが得をすることにしかならないという…

これは、今の日本の状況にも同じことが言える!


しかし、チャベスの登場はそうした人々が積極的に政治に参加する道を切り開いた。
「憲法を読みなさい。」
これがチャベスが人々に何度も繰り返して説く言葉であった。
チャベスの支持者たちの団体、ボリバール・サークルは、人々に憲法を読むことを薦め、そこに記された国民の権利が実現できるよう訴えていた。小さな店先を舞台にギターを弾きながら演説をする人々の姿が映しだされる。


<石油を巡る熾烈な闘い>チャベス大統領は、国営石油公社を私物化する特権層についに本格的な闘いを挑んだ。国際社会から強い圧力がかけられてきたが、「たとえ地獄の門をくぐらなくてはならなくても私はやり遂げる。ベネズエラ国民を守るために!」と、その背後にいるアメリカとの闘いをも意識しながら・・・


2002年2月、彼は国営石油公社の役員人事に介入した(つまり、総裁や取締役を解雇した)。
ここから、本格的な闘いが開始された。

(中略)

4月10日、軍の幹部ネストール・ゴンザレス将軍は民放に出演して、チャベスの退陣を求め、「さもなければしかるべき処置をとる」とクーデターをほのめかすような発言をした。経営者連盟会長カルモナは、国営石油公社への介入は国民の財産を侵害するものだと批判し、自らの放送局を通じて、国民に反チャベスのデモを呼びかけた。

4月11日、反チャベス派は、国営石油公社へのデモ行進を始めた。一方、大統領官邸前ではチャベスの支持者が集まって集会を行っていた。反チャベス派の指導者は、違法を承知で、デモ隊に官邸前への進路変更を呼びかけた。カラカス市長フレディ・ベルナルは、群集の衝突で流血の惨事を招きかねないこの無責任な煽動を非難し、「我々はあなた方の挑発に乗らない」と宣言した。しかし、反チャベス派のデモ隊は周囲の器物を破壊するなど次第に激しさを増しながら、ついに官邸前に姿を見せた。すると、そこにいたチャベス派の群集も興奮しだした。
「ノー・パサラン!(奴らを通すな)」
両派の衝突を防ぐために、警護にあたった兵士たちは間に入った。


<仕組まれた殺戮、そして捏造>
そこへ突然、銃声が聞こえた。何者かが群集を見下ろす位置から身を隠して発砲しているようであった。
犠牲者はすべて頭を狙い撃ちされた。
人々は逃げまどい、そして、狙撃犯がいると思われた所めがけて反撃しだした。ベネズエラでは一般市民も銃を携帯できるのである。この時の陸橋から拳銃を撃つチャベス派の人々の姿が、民放で繰り返し繰り返し報じられた。非武装のデモ隊に向けられたものとして・・・
しかし、元民間放送局員アンドレス・イッサーラは、民放が決して放映しなかった真実を示す。
この場面を別のアングルから撮った映像では、彼らが銃を放っていたはずの陸橋の下にはだれも存在していなかったのである! 
まさに捏造そのものであった。
彼ら自身も狙撃に対して身を伏せながら応戦していただけなのである。
(つまり、これを読むと、メディアの放送した映像とゆうのは、非武装のデモ隊に向けてチャベス派が発砲したように報道してるけど、実際に彼らが撃った方向は誰も人の居ないところだったということです。そして
「何者かが群集を見下ろす位置から身を隠して発砲していた・・」とゆうのもあるいはそうゆう事実を作り上げるために、変装したアメリカかコロンビアあたりの兵がやったとゆう可能性が高そうやね)イッサーラは、このような真実を覆い隠し、チャベス派の発言を一切取り上げようとしない民放の姿勢に抗議して、退職した。


しかしながら、この虚偽の映像をたれ流すことによって、この事件の責任はすべてチャベス政権にあるというデマ宣伝は功を奏した。
そして、これまでチャベスを支持していた軍も支持の取りやめを表明した。国営放送も反チャベス派に占拠され、大統領官邸に集まったチャベスとその閣僚たちは外界から完全に閉ざされた。
反チャベス派の将軍たちは大統領の辞任を求めた。辞任しなければ大統領官邸を爆破するとの脅迫をもって。しかたなく、チャベスは官邸爆破を防ぐため、軍に拘束される道を選んだ。
ただし、辞任要求にはあくまでも屈せずに。

環境天然資源相のアナ・オソリオは、その場にいる人々に、
「大統領は辞任していない。辞任しないまま軍に拘束される。この事実を全世界に知らせなければ。」と報告し、叫んだ。
「これはクーデターよ! 彼を愛する国民を裏切るクーデターよ!」
 拘束されていくチャベス大統領はつぶやいた。
「あきらめないぞ。」
 誰かが声をかけた。
「大統領、必ず逆転します。まだ終わりじゃない。」

チャベスの支持者は口々にこのクーデターを批判しはじめたが、それらの人々には、たちどころに銃弾が浴びせかけられた。
逃げる人々に後ろから銃を撃つ兵士、道路脇に倒れている人、取りすがって泣く人、シャッターを閉め、恐怖に打ち震える人々…。
 そうした映像に、カルモナの言葉が覆い被さる。
「一連の手続は非常に民主的に行われた。」
「この国は正常化しつつあります。」


<「チャベス 国民はあなたの味方だ!」>
国営放送をも奪われ、発信する手段がなくなったかに見えたチャベスの閣僚たちは、ケーブルテレビを通じて、国民に事件の真実を訴えた。
チャベスは辞任したわけではなく、軍に拘束されているのだと。
これを知った人々が続々と通りに出てきた。
チャベス 国民はあなたの味方だ!
「チャベスは辞任していない! 捕らえられているんだ!」
憲法に書いてある。大統領を辞任させられるのは国民だけだ!
口々にチャベス支持を訴える人々が、大統領官邸前に集まって周囲を取り囲んだ。
得意げに多数の報道陣に向かって話していたカルモナ派の人々が急にそわそわしだした。


(中略)


<「君たちと国民は歴史を作った。」>
4月14日、ついに軍の大勢がチャベス支持に傾いた。
チャベス大統領は軍のヘリコプターに乗せられて帰ってきた。
「君たちと国民は歴史を作った。」これが閣僚たちに対する彼の第一声だった。
そして、国民にこう呼びかけた。
「冷静になってくれ。」「今君たちに必要なのは家に帰って心を休めることだ。」
 過酷な目に遭わされたにもかかわらず、拍子抜けするほど穏やかな言葉であった。
反対派に言いたい。反論は大いに結構。私はあなた方を説得できるよう努力する。しかし国民の規範である憲法に背く行為は許されない。憲法はすなわち共同体の基本だから。
最も大事なのは一部の人のうそに惑わされないことだ。


<アメリカの世界支配、その二つのやり方>
カルモナをはじめこのクーデターの関係者の多くはアメリカに逃亡した。それは、今回の事件もアメリカが背後で糸を引いていたことを暗に示している。
アメリカ政府はクーデターへの関与を表向きは否定した。しかし、パウエル国務長官は「アメリカが支持するのは民主的社会だ。チャベス大統領とは今後も意見の相違があるだろう。」と、あくまでもチャベス政権を非民主的なものと決めつけて映像は終わる。
今回は失敗したが、アメリカの背後での介入、現地の親米反体制派と結びついて反米政権を転覆する策動は、今後も続くであろう。これはアメリカ帝国主義が反米政権を打倒して世界支配を貫徹する二つの方法のうちの一つである。もう一つの方法というのは、言うまでもなく、イラクで行われているような直接の軍事侵攻と軍事占領支配である。


参考URL: http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Bushwar/venezuela_coup.htm



ここまで



ベネズエラ・チャベス大統領に対し、
欧米・日本メディアが如何にでっちあげ捏造報道をして
世界中を騙してきたかの証拠映像と真実!
より一部引用


↑こちらもどうぞ



なんか、小沢氏が首相になったら同じようなことになりそうで怖いですね。

日本ではチャベス氏のことを権力側の人間として報道しているようです。


しかし、そんなおかしな報道に影響されてなどいられませんね。


日本やアメリカなどの報道や首相のほうがよほどおかしいと言えます。


やはり国民の為の政治を行うのは大変だということでしょうか。

日本の政治にしても外国でどんなふうに言われているか気になりますね。


とにかく、大手メディアやマスゴミの
言うことを信用してはいけません!!!



それが自分自身の為でもあるのですから意識して疑ってかかってみて下さい。






↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。



人気ブログランキングへ

↑こちらのランキングにも参加しています。宜しければお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事スクロールで1行表示
無料ブログパーツ

コンピュータ監視法案が本会議で可決~ついにネット言論統制が始まった~ (06/01)61年ぶりの鉱業法改正は3.11当日に行われていた!!! (06/01)【資料】日経の「人工地震」に関連する見出しと注目記事を集めました。 (05/31)核廃絶運動家に訴えかけるのもアリかも~核爆発人工地震兵器可能性~ (05/30)核爆発があったと考えるほうが自然なのです~どう考えても~ (05/24)ロシアからの人工地震メッセージ?~茨城沖で再び人工地震発動か?~ (05/24)311地震の謎を解く 311の意味とは??~“水戸”がキーワード~ (05/23)【速報】リビアでM8.4の地震、組織ぐるみで隠蔽される!~人工地震か~ (05/21)人間性を奪い、自由をないがしろにし、個人を束縛する「構造(物)」からの卒業 (05/21)海治 広太郎氏のアイデア~地震を作為的に「テロ」として起こせる可能性~ (05/21)

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

CategoryRanking 1.0

Designed by 石津 花

でかポインタ・スイッチ


:キーボードショートカットVer1.1
  • L:最新の記事
  • J:次の記事orページ
  • K:前の記事orページ
  • D:PageDown
  • U:PageUp
プルダウンリスト
最新記事
最新コメント
便利Javascripts
現在時刻





総記事数:




最近のコメント
よすみさん (08/14)
自然エネルギーで原発を賄うという無理難題で脱原発派を突き跳ねる人は
大抵原発を安全に動かすという無理難題を下敷きにしている。

太陽光はピークカットに多いに役立

科学者 (08/09)
仰る通り、抗癌剤と言う化学薬品は、猛毒物であります。

ご挨拶が遅れました。分子生命科学を専門職とし、各大学で非常勤講師をしているものです。

さて、抗癌剤は、

ザック (08/03)
生きてますか。

トンビ母 (07/07)
人工地震は何よりも先ず、安全に実験する事です。高校の地学の先生は、ちゃんと心得ておられるようですが。

軍事目的で使われると大惨事です。

注意しなければいけま

zaurus (04/29)
ときどき来ては、ダウンロードさせてもらっています。たいへんな作業だと思いますが、非常に重要な資料です。感謝しております。これからもお願いします。また来ます!

匿名希望 (04/26)
311以降、拝見させたいだだいております。


勤務している施設の利用者さんのために、こちらを

閲覧するようになりました。

しかし、私自身のためにもとても有

スポンタ中村 (03/25)
どうも。ビートルズの陰謀論から、このブログに来ました。陰謀論のサイトなんですね。(^o^)

陰謀論をつきつめていくと、民主主義も陰謀の一つだということが分かり

よすみ (03/12)
 原子力が二酸化炭素をださないのは本当だけど、放射能はやっぱだすんだよね。というのが日本人が経験した東日本大震災の第一の教訓、あの状況に立ち向かえる無敵原子力発

ヨシュア・メシア (03/11)
 突然お便りします。いろいろ精力的に調べられていますね。しかし、陰謀論を本当の意味で理解するには、クリスチャンでなければわからない大きな壁が存在します。一方的で

ゲストさん (02/22)
ブログ主さんはエラい長文を書いてますが、陰謀論は事実としてある、ということを言いたいわけですね。

正にその通りですね。

その音楽は自由だって言っているその思想自

プロフィール

だいだいこん 

Author:だいだいこん 
私はただの人間です。
なぜ原発は爆発したのか考えてます。
そして反日銀デモを起こしたくて仕方がありません。

日本は平和国家でしょうか。
その根拠は?具体的にどこが?
日銀や消費税は人を殺しています。

消費税廃止、インフレ目標、
宗教法人税の導入やBIなどで、
日本を本当の平和国家にしましょう。

そして、地震兵器を隠すのをやめましょう。

Book Mark !
ブロとも一覧(画像のみ版)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧

タマちゃんの暇つぶし

ひきこもりを侮るな!

とほほほ

アギタの神が住む鎮守の森

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

さんたブロ~グ

∞LINK WALKER∞advance of the new century∞

ケムトレイル

保守政治とは何か

ブログのブログ

情報を活用する

六人の子産ませてくれてありがとう~体験レポートで自然育児のコツを教えます~

こらぁ~!責任者出て来~い!
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
その他
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
138位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Google自動翻訳
コメント・トラバ・総記事数
コメント数:  トラバ数:  総記事数:
ブログ成分分析
だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~の成分分析
AquariumClock 2
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。