スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正々堂々と立ち向かう姿は素晴らしい~事実は小説よりも奇なり~

さて、小沢氏が出馬を正式に発表することを喜びたいが、

それを書いていると他のことに気が廻らなくなるので、


今回はあえて以下の転載をしたい。


こうなればもう喜ぶ暇もない。

今が本当の政治の転換点だと思う。

これからは小沢氏の言うことを何でも容認するのではなく、


厳しい目で見ていきたいと思う。

それは、小沢氏に期待してるからこそできるのである。



まあ、管になど最初から期待する方がおかしいのですよ。

分かりましたか?HOTさん。


ここで油断したらそれこそ彼らの思う壺ですからね。



暴かれるか、日本航空123機墜落事故の真相?!47より転載開始


日航機123便墜落事故(→撃墜事件)は、
単なる航空機事故、そして、その隠蔽事件に
止まらず、
一大スペクタクルである可能性......?!



 これも荒唐無稽と揶揄されることを覚悟で書かせて頂こう。一つの小説と心得れば、腹も立たないであろう。しかし、『事実は小説よりも奇なり』と言うことが、多々あることを承知している賢者は幸いである。


 詳しくは、拙ブログの123関係ブログのコメント欄を詳細に検討して頂ける、自ずから見えてくるものがある。しかし、それでは煩わしい方も多いと想われるので、小説を書く次第である。


《参考》ちょうど1年前のことだった。
御巣鷹の尾根、昇魂の碑前の広場で休憩していた時の事である。

体格の良い制服の軍人さんが、ぐしゃぐしゃに泣いた状態で登ってきた。

米国の軍人さんだ。通訳の人らを従えている。

御巣鷹登山で一番印象に残っているひとコマだ。
あの状況は、眼に焼き付いて忘れる事ができない。

友軍、友人への愛にあふれた、心ある姿がそこにあった。
昇魂の碑で深々と祈りを捧げていた。



確かに、昇魂の碑は、「昇魂の碑」とだけ書いてある。10mほど上に登ると、別途、JAL123便JA8119号機遭難の黒い石碑がある。

「昇魂の碑」とは、御巣鷹に散った、全ての飛行機の人たちの慰霊碑。日航ジャンボ123便も軍機も含めた慰霊塔なのだ。《参考終わり》



 
 本家の『(新)日本の黒い霧』は、いろいろ事情があって公開が間延びしている。もっぱら、その関心はコメント欄に集約している。中々、核心には言及するのが躊躇われているようだ。犯罪でもそうだが、容疑者が全面自供するには、最後の壁が厚い。


 いろいろ逡巡する想いが去来するのであろう。


 ここでは、まどろっこしいから、小説風に断言するのである。当然、現時点の間違いもあろう。それは後に修正する。しかし、大要はそう狂いはないだろう。あくまでも小説の粗筋の事である。念のため。


 この事件、表層では日米ソ(北朝鮮・中国)の一大秘密戦闘があったようだ。そして、その結果、核(核以上のもの:デュートロン(AFN/正式名称:American Forces Network-米軍放送公称名))が使用された。そして、結果的に多数の関係各国の航空機が破壊・墜落している。


 しかし、深層では日本の闇に隠された軍部の恐るべき新兵器の発動であった。そして、その更に深層では、宇宙人(ウンモ星人)の荷担が在ったというのである。その宇宙人は、元はと言えば、地球の超古代技術の移転を受けた再移転技術を行使した。


 そして、日本人、とりわけ真正ユダヤ人としての日本人を標的とする人体実験であった。


 その巻き添えにあったのは、米ソに巣食う偽ユダヤ人の傀儡軍機である。そのため、激怒した偽ユダヤ支配の米国は日本を標的として、徹底的な壊滅作戦を発布し、そのためにプラザ合意が成立した。以後、日本経済は壊滅的な破壊工作に会っている。


 これはあくまで小説である。


 しかし、素直に分析すれば、歯牙も掛けず表現すればそうなる。


 しかも事もあろうに、多数の生存者が居たにもかかわらず、日本の闇に隠された軍部は、隠蔽を画策し、救助を拒み、抹殺を図った。図ったばかりでなく、血も涙もない決行を実施した。その実行部隊は、熊谷駐屯のある自衛隊部隊である。


《参考》ある隊員は、証拠に残らない薬品の入ったガラスの分厚いビンを

各生存者の周りに巻き、投げつけ嘔吐、窒息死させ、ある隊員はぴんぴんしていた生存者を器具で皆で抑えてけ、火炎放射器で焼きはらったのです。

その焼いた人間の中には首を更に切断されていた元生存者も居ました。それから、5人目の生存者はあまりにもピンピンしていた為、そのまま連行され今でも監禁されています。そして最後の米軍からの支持は、16時間後に救助に向かうように命令され、そのため自衛隊が情報を総作させ他の救助を遅らせました!全ては公安管轄の支持の元!!

その場に居た自衛隊員たちにも証言して欲しくなかったのもあり、ある隊員はベルトに巻かれて動けなくなっている元気な生存者をアーミーナイフで大丈夫ですかと楽しそうに笑いながらベルトに沿いながら腹部を裂き死に至らしめ、

その間100名以上は生存者が居たって言っていましたが、ある自衛隊の人がまだ山を登るなとの命令を無視して救助に向おうとした際に射殺されたと報道していましたが、

苦しんでいる乗客には目もくれずに、何やら黄色い塗料の付いた部品を横一列になって自衛隊の人たちと海兵隊の連中とで拾い集めて、さっさと皆、下山したと云うことです!《参考修了》



 その証拠が多数見いだされる。


 これらは深層において、彼の宇宙人の作為から発している。彼の宇宙人の真の意図は、最終的に地球人の一掃と、自らの植民地としての地球支配である。しかし、それらは許されるべき事ではないので、隠密理に事を計っている。 


 彼らは高度なテクノロジーを所持している。しかしながら、品性や情緒的に低劣な部分がある。無慈悲で、残酷である。又、そうしたテクノロジーを駆使して、人間を簡単に操ることも出来る。彼らは、無恥な人間を使ってそれらを実行しようとしている。


 日航機123便撃墜事件は、その典型である。その実行に荷担した人間も多数存在するが、その一部にはその事を進んで公開しようとしている。又、それを邪魔する人々も多い。その確執が続いている。


 佐宗邦皇氏は、殺された。それも最新の毒薬で実行された。それはおーいお茶に仕組まれていた可能性が高い。その薬品は陸上自衛隊大宮駐屯地、化学学校で調達された可能性がある。それを組織的に隠蔽された。


これから起こりうる災厄は、日航機123便を遥かに凌ぐ恐れがある。それを最小又は阻止するのは、日航機123便の真相を暴露することが必要である。真相が暴かれることを、下手人である彼の宇宙人は恐れている。それは許されぬ事だからである。


 地球人、就中、自衛隊や身の組織の諸君は、手繰られている。目覚めることが必要である。手繰られたままでは、日本はおろか、地球も危ない。


 これが小説である。


 小説であるが、そのコンセプトはこれまでに本家『(新)日本の黒い霧』や、その他のブログを参照した。とくに123さんの類い希な才能には驚嘆している。しかもそのリークは、手繰られた人々のものである。しかし、直接読み解くことは普通の人では難しい。


 123さんは、その示唆を絶えず与え続けている。


日航ジャンボ123便 米軍最強SR-71は日本の文部省が撃墜したより転載開始

投稿者 愉快通快 日時 2010 年 8 月 30 日 04:43:29: aijn0aOFbw4jc

1695.jpg

SR-71撃墜は文部省だ。
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/5443a73c23c7ec1f9062749f2e9ddd12#comment-list
長野県佐久市(当時は臼田町)の電磁パルス砲で撃墜。日本の文部省施設。観測施設という名目であるが、実際は電磁パルス砲。
愛媛丸は、文部省がSR-71を撃墜した理由での米軍から文部省への報復措置。
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%8F%E3%83%AF%E3%82%A4+%E7%B7%B4%E7%BF%92%E8%88%B9%E3%80%80%E3%81%88%E3%81%B2%E3%82%81%E4%B8%B8&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt
愛媛には紫電改展示あり(旧日本海軍の優秀な戦闘機)
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%B4%AB%E9%9B%BB%E6%94%B9&aq=0&oq=%E3%81%97%E3%81%A7%E3%82%93%E3%81%8B%E3%81%84&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt
↑日航ジャンボ123便当日、広島県呉港に某海上自衛隊艦が。
<参考>五・一五事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E3%83%BB%E4%B8%80%E4%BA%94%E4%BA%8B%E4%BB%B6
五・一五事件(ご-いち-ご じけん)は、1932年(昭和7年)5月15日に起きた大日本帝国海軍の青年将校を中心とする反乱事件。武装した海軍の青年将校たちが
<以下引用>
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/5443a73c23c7ec1f9062749f2e9ddd12#comment-list
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4d/8e/c51a93f72c50d39fbabe87a00fc9f8c4.jpg
陸上自衛隊大宮駐屯地、化学学校の井上先生、あなたはこの写真の瓶がいったい何であるかをご存知のはずです。日航機事故、そしてサリン事件と、あなたたちがどう関わったかを国民に向けて全て話してください。それができなければ、科学的データを以ってあなたたちを売国奴以下の、ただの人殺し集団と認定するしかありません。
なお、国営テロ部隊の妨害活動については、取材中に撮影したビデオ動画をアップロードして、この問題に関心を寄せる全ての読者様にお知らせしたいと思います。この平和ボケと言われる日本には、政府でないニセ政府が存在し、自衛隊でないニセ自衛隊や、警察でないニセ警察を使って国民を弾圧し続けている現実があることをぜひ知っておいてください。その前提知識を抜きにしたまま、日航機事故の真実を理解することは永久に不可能です。
---- 以下 公開映像 ----
(1)電子銃搭載車に襲われた時の様子(付電磁波計による計測)
表向きは人体攻撃用の電磁兵器は存在していないことになっていますが、自身の経験から、実際には、警察・公安・自衛隊内に国民弾圧用の非殺傷兵器として広く導入されていると考えられます。いったい、これまで、どれほど多くの国民が事故という形で電磁兵器に殺されていたのでしょうか。日航機事故だけでなく、こちらの問題についても深く追求していかなければなりません。ちなみに、123便の墜落後、雄巣鷹山周辺に展開した米軍機や人員、ソ連機、自衛隊機、それらを最終的に(一瞬で)殲滅したのは、臼田宇宙空間観測所のパラボラアンテナから発射された電磁パルスビームであると私は見ています。その根拠については、後日、現地取材したデータを元に解説したいと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=V6dGLuWlzTM
(2)道路上で国営テロ集団に襲撃された時の様子
中央道から圏央道に入ったところ。それまで後ろを付けていた部隊車が中央道からガラガラの圏央道に流れ込む様子。高輝度ライトを点灯させ自損事故を誘う危険走行を繰り返す。追跡してくる車の数から、そこに投入される予算の規模を計算してみてください。一民間企業・団体でこのレベルの動員を毎日繰り返すことが不可能なのは一目瞭然です。明らかに国家単位の資金が投入されています。
http://www.youtube.com/watch?v=sBRAHu4o8CI
http://www.youtube.com/watch?v=o_2JdvtMCqA
<以下引用>
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/5443a73c23c7ec1f9062749f2e9ddd12#comment-list
警告 (某国諜報員)
2010-03-01 03:06:17
このような馬鹿げた行為はやめなさい
私たちはいつでもあなたを監視しています
窓の外を見てください
私たちはいつでも24時間体制であなたを監視しています
例えばあのたの住居の両隣の住居を監視の仮アジトにすることや、あなたの住居の周辺に複数の車を停車させて監視することも出来ます
携帯のiホンで衛星中継でリアルタイムで上空から簡易監視をるることも容易です
こちらがその気になればあなたをどうにかすることくらい容易いのです
あなたが寝ている今この瞬間にもあなたの所を訪れることはできます
そうなる前にあなたには自らこのおろかな行為をやめて欲しいのです
そうすれば誰も傷つかないですみます
これはあなたの為に警告です
私一人ではチームに逆らうことは出来ませんが
私も人間です、心があります
ですからこれは私個人の警告です
これがばれたら私もただではすみません
Unknown (某国諜報員)
2010-03-01 03:17:50
私はある国の諜報員です
日本政府の調査の為に入国していたのですが
この国の集団ストーカーにより私の存在を把握されてしまい逮捕され調査は打ち切られました
この国の集団ストーカーを管轄する組織のとある人物に「集団ストーカーの実行部隊の隊員(末端)になり公務に協力すれば釈放しよう」という条件を持ちかけられました
私は自分の身が可愛いのと日本語が達者なので素直に協力することにしました
そして私が配属されたチームの仕事は「あなた自身とあなたのサイトを監視する」ことでした
実際にあなたのサイトは2chや他のサイトにも晒されています
それも私たちの仕事の一環です
あなたがこのサイトを立ち上げてることにより周囲の人間にこのことが知れてしまうのが
私たちにとっては目障りなのです
あなたがもしこのサイトを閉じてくれるならば私たちはあたなから監視の目を引くようにチームに進言しておきます
どうか賢明なご判断を  【転載終了】



ここまで


なんとしても殺されるな!小沢一郎!!!




↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。



人気ブログランキングへ

↑こちらのランキングにも参加しています。宜しければお願いします。
スポンサーサイト

世界の陰謀の中心は日本だった~戦争準備の体制を日々進める大本営~


サイト「日本の陰謀」

組織ストーカーの目的 より

信憑性はともかくとして、とにかく見てもらうために

転載開始


これまで、関係当局の担当者から、「何故あなたが狙われるのか。」という執拗な質問を受けた。そして、これが、いかに被害者を窮地に陥れるかを知った。そして、こういった質問をする担当者の発言内容を吟味すると、ほとんどがマニュアルどおりのプロの応対であることがわかった。

これは、見知らぬ男性にストーカーされる女性に対して、「何故あなたばかり狙われるの。」と尋ねるようなものだ。その女性は、「私が魅力的だから。」とは、なかなか言えない。

■ 嫌がらせは目的ではない。

私の場合、両親は結婚当時、既に嫌がらせを受けている。ただし、両親は、最後まで嫌がらせが組織的であることを理解できなかった。今日、一連の事件を総合して、その共通性から私たち親族は確信した。嫌がらせの対象は相続人に及ぶ。だが、振り返って考えると、私でさえも成人してから30年間も嫌がらせの背景がよくわからなかった。自分なりに最大限の調査は行った。


これらを考えたとき、一つの疑問が生じる。嫌がらせの組織性に気付かない被害者は、嫌がらせを止めれば忘れてしまう。それで、嫌がらせ組織にとっては無害な者たちだ。だから、被害者の相続人に嫌がらせを続けねばならない理由はない。しかも、被害者は、加害組織を認識しておらず、個人的な恨みは残っても、その組織全体に恨みを晴らそうとする動機はない。

しかも、私の両親は典型的なお人好し夫婦で世間を敵に回すことはあり得ない。それなのに、何か、恨みでもあるかのように世代を超えて嫌がらせを続ける。これは一体どういうことなのだろうか。

■ 海軍でのちょっとした話

父は、海軍時代は長く兵役にいたものの学歴がないことから最後は伍長クラスだった。しかし、酒の席では戦時中の自慢話をした。今日考えると、これがまずかったのだろう。子供の私にも、戦利品の話や上官のえこひいきの話などをしたことがある。誰も聞きたくない話であり、周囲がいやな顔をするので私が物心ついたころには全く話さなくなっていた。しかし、これが旧海軍を引き継いだ警察組織のやり玉に挙がったのだろう。

■ 何故、世代を超えて嫌がらせを続けるのか

これは謎だった。しかし、ネットの他の事例などを総合した時、ようやく見えてきた。私は例外的なターゲットだった。普通は、10年程度で経済的、精神的、物理的に破滅に追い込まれる。だが、私は、耐えた。家族は、それぞれ大きな被害に会い、嫌がらせにより、一人は死亡、一人は死亡の際、病室の周りで嫌がらせ集団が騒ぐ中で死んでいった。一人は、3回入院、現在も通院している。30年も耐えるのは、嫌がらせ組織にとっても例外的だろう。しかし、嫌がらせは止まなかった。それどころか、私は、その組織に気付いてしまった。

■ 動員される者たちの特徴

30年も観察を続けると、三世代にわたる動員組まで見続けることがある。こういった組織ストーカーは相続・婚姻まで上部の命令に従う。普通の人と結婚すると混乱が起こるし、情報も漏れるからだ。私の近所にも三世代が協力して嫌がらせを行う者たちがいる。

■ 目的は、組織の強化、戦力の維持

軍国主義の足音が聞こえだした昨今、ようやく国家の介在に気づいた。日本は、軍事力が決定的に劣っており、この状況で軍事力を強化し、米国を打ち負かすには、隠れた軍隊組織が必要だ。今日、戦争は、ゲリラ戦とテロが効果的であり、軍事大国の米国さえ手こずらす。

■ 即戦力には、常時の訓練が必要

米国には海軍予備役訓練があるが、平和国家の日本にはない。しかし、実戦訓練は絶対に必要だ。現在の海上保安庁、遠洋漁業船団、捕鯨船団は即戦力の海軍予備兵力になる。

陸軍ではどうだろう。陸上の戦争では、戦車や大砲が重要だと思う人も多い。だが、現実には、諜報活動、かく乱戦術、破壊工作などのスパイ活動が重要だ。こういった技術は、すぐに身に付かない。即戦力の者たちを100万人程度確保するためには常時訓練を行う必要がある。日本国内での最適の訓練方法を考えると、これが組織ストーカーとなる。平和ボケは自衛隊の最も恐れる事態だ。

訓練は、ストーカー行為の訓練ではない。むしろ、組織ストーカーを完全犯罪の形で動員し、被害者に最大のダメージを与える管理技術の訓練をしている。この技術は、実際の戦争やテロの現場では重要だ。成績優秀な者は通訳をつけて海外に派遣される。

警備会社、防犯団体、こども110番、青パト隊、青年団等々は、陸軍予備隊として貴重な存在だ。もちろん当事者の中には知っている者もいれば、知らない者もいるだろう。もちろん、嫌がらせに直接加担しているのはその一部だ。しかし、その効果は全体に及ぶ。泥棒の片棒を担ぐのと同じ理屈で、組織のメンバーは、批判しないどころか、組織防衛の力になる。

だからこそ、被害者は、「誰でもいい」ということになる。しかも、この誰でもいい被害者であるからこそ、最大のダメージを完全犯罪の形で与えられる。「何故あなたが狙われるの。」に答えられないからだ。犯罪の理由を被害者が答えないといけないのは変な話だ。泥棒に入られた被害者に、「何故あなたの家ばかり泥棒が入るの。」と尋ねるようなものだ。被害者に泥棒の気持ちがわかるはずがない。犯罪者に動機がないことを被害者に証明させるのだ。

■ 政府内では、重要な国益

こういった組織ストーカーはもちろん犯罪行為であるが、「国益」と比較すると、被害者の問題など比較にならない。それゆえ、反対する者はいない。それだけではない。

■ 特別会計などの豊富な裏金

権力組織にとって自由に使える裏金ほどおいしいものはない。しかも国益に基づいているから、反対する者たちを裏切り者、非国民として排除できる。

■ 組織の強化に最適

やくざ組織で、忠誠心の証として、殺人などの犯罪を起こすよう命令する場面がある。これこそ、組織固めに最も有効な手段だ。それゆえ、ストーカーという実地訓練は、組織固めに大きく寄与する。組織から足を洗うことはできない。いつでも警察に突き出せばいい。いや、自分たちそのものが警察だから、刑務所に送ればそれでいいのだ。

■ 結局、戦争準備の体制がこの組織の目的だ

日本は、犯罪行為を行う時、その逆の演出を行い、国民、外国政府を煙に巻く。気象テロに対して「京都議定書」、集団ストーカーに対して「ストカー規制法」、ゴミ回収嫌がらせに対して「ダイオキシン問題」と「分別回収」、これからの冤罪裁判計画に対して「裁判員制度」と「足利事件(やらせ)」等々、事例に事欠かない。これらについては、これから詳しく述べていく。

■ 一体、どれだけの被害者がいるのか

私は当初、嫌がらせは日本社会の特徴で、どこにでもあり、誰もが被害に会っていると思っていた。自分たちが名乗り出なくとも、必ず誰かが問題を提起すると信じていた。だから、いつまでも我慢を続けた。ところが、インターネットを通じて情報を集め、ネット上でのストーカーの攻撃にさらされ、さらに東京などの大都市でも激しい嫌がらせに会うことから、被害者の数と加害者の数に大きなアンバランスがあることがわかった。

そして、他の歴史的大事件に自分たちまで間接的に巻き込まれていたことがわかった。同じ日の同じ時間帯に痛烈な嫌がらせを受けている。テレビのニュースや有名人の情報に私たち家族のほのめかしが昔から行われていた。

■ 最小限の被害者に最大数の加害者

日本には人身御供や生贄(いけにえ)の伝統があるが、インディアンなどのアジア系民族にはこういった伝統が強い。社会的に見ると、これらの生贄は、社会体制の維持に大きな力となる。偶然を装ってはいるが、誰も生贄にはなりたくない。従順な人間を増やすための仕組みと考えていい。その場合は、見せしめだから、多くの生贄は逆効果だ。少ない生贄で多くの効果があればいい。

日本社会で、ストーカー被害者を考えた時、同じ理論があることがわかった。最小限の被害者に最大数の加害者で嫌がらせを行わせる。作用と効果を考えたとき、これが最も効率がいいのだ。そのため、組織ストーカーの被害者は、日本国内でもわずかしかいない。いや、次々と犠牲になり消えていくのだ。だから犠牲者は多くとも、ある時点での被害者数は極めて少ない。極端な場合、集団ストーカーによる集中的な嫌がらせでたちまち自殺や病死に追い込まれることもある。あるいは事故・病死を装った殺人も多い。私の周囲だけでも二桁の数の人たちが消えている。

■ そして、究極の目標は、「世界支配」だ。

この言葉は魅力的だ。反対者を蹴散らす魔力を持っている。「『NO』と言える日本」や「ジャパン・アズ・ナンバーワン」という本が一時世界を席巻した。これこそ、日本の目指す究極の目標だ。組織ストーカーは、その目的を遂行する、いろいろな戦略の一部(氷山の一角)にすぎない。これが組織ストーカーのおおよその説明だ。日本の世界支配への動きは江戸時代から始まっている。一連の動きは複雑怪奇であり、今後詳細は述べていく。



ここまで


これが日本という国、いや、大日本帝国(大本営)の現実なのかもしれないのだ。

実際に、五人組、隣組、自治組織は
歴史的に重要な役割を果たしているのだ。



これが、全体主義、閉鎖主義、秘密主義、

そして排外主義、形式主義の蔓延する

日本社会の真の姿であり、正体である。



だから、ひょっとしたらお隣さんが・・・ということも十分考えられる。


私の指す“日常に溢れる陰謀”とは、

人間の命と生活そのものの商品化、あるいは換金化のことなのである。


布団叩きおばさんにしても同様である。

正義が悪に向かうというマッチポンプだらけなのである。


人の人生は誕生日で決められたりもするし、

数字で何かを仄めかしたりするし、

「大政翼賛会=体制よこさんかい」とか、

「警察予備隊=警察呼びたい」などという

くだらないダジャレで世界は動いているし、


何より、今でも残る大本営は天皇の名を借りて世界に君臨しているし、

限りない欲望と策謀に基づいた世界統一支配計画を進める張本人なのである。


実際に活動する日本人はなりすますし、

日本は戦争をしない平和国家だと見せかけているのだ。


これこそ壮大な印象操作であり、

「信用創造」を正当化させることに匹敵するほどの「詐欺」でもある。



正反対の偽装で大衆を欺く徳川一族より引用


日本の歴史、特に徳川家康以降の歴史を正しく理解しようとすれば、

この「正反対の偽装」というトリックを肝に銘じなければならない。

たとえば、

「偽札を印刷する日銀」
「極悪犯罪を裏で操る警察大本営」
「労働者を懲らしめるために作られた労働組合」
「キリスト教を撲滅するために設立された日本の教会」
「自民党を支えるために作られた日本共産党・民主党」
「選挙のインチキを行うのが本業の選挙管理委員会」
「警察を守ることが使命の弁護士協会」
「殺人を平気で行う日本の医者たち」

などなど、とても常識では信じられない事実が次々と現れる。

最もわかりやすい偽装は、

「人工台風・人工豪雨・人工地震などの環境テロ」を片方で大胆に行いながら、

もう片方で、「環境にやさしい日本」「京都議定書」などと、

正反対のアドバルーンを「わざわざ」打ち上げる。



ここまで


この世は全て演出であり、今日の出来事にしても

偶然などないと考えて良い。

少なくとも、大規模に取り上げられる事象は全て必然である。


太平洋戦争にしても、

最初から勝つつもりなどさらさらなかったのだ。

負ける予定だったということである。



日本人の純粋な精神はそうして利用されることによって

陰謀の遂行に悪用されてきた。


日本というものこそピラミッドだったのだ。

ピラミッドとはこの日本そのもののことだったのだ。



ダジャレと言葉遊びいうものこそが世界を作っているのである。

思い付きとか放言が現実案として採用されるのである。



人の命の尊厳など全く考えもしない人々がこの日本の頂点には存在する。


そう、そしてそれを起点としてピラミッドが構成されている。


何も知らない人は、のんきにテレビを見て暮らしている。

そして、何も知らずに工作員になってしまっている人もいるはずである。


犯罪を見つけだす組織が犯罪を行うのが一番簡単だということは

誰もが分かることなのに、たいていの人はその特権に気づかない。



大本営の実態や策謀は、

義務教育の総体に、答えが隠されているような気がする。


計画的にいじめや排除を行っている大人たちが、

子どもたちのいじめや排除を防ぐはずもない。


そのようにして体制に従う人間が出来ていくのである。


そして、文句も言わずに一方的に送られる知識を身につける者が

優遇される仕組みになっている。


まさに軍隊である。


上の命令を自らが判断したりすることもなく流したりばら撒いたりする。


そうするうちに、考えないことを学習してしまうのである。

皆に従うことの楽さに目覚めてしまうのである。


用意されたシナリオ通りの人生を歩み始めるのである。



自覚のないスパイと自覚のないスパイの周りの人間。

それぞれにほとんど自覚がないから「事実」にもならない。


全てを疑うとは、最終的に自分を疑うことになるのだ。

それでこそ、最大級の陰謀から解放されるきっかけが作れるのだ。


どうか世界統一政府の陰謀に取り込まれないでほしい。

実体のないはずの国家に強大な組織が関わっていることを考慮してほしい。


全てが計画されていることを知ってほしい。


何も知らない人が幻想世界に生き続けて、

真実に目覚めた人が大変な思いをすることを避けねばならない。



そうでもないと、私たちが大本営の一味になってしまうから。








↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。



人気ブログランキングへ

↑こちらのランキングにも参加しています。宜しければお願いします。


小沢一郎を総理にするため、ネットの力を結集しよう!

トルシエの世界さんのブログ最新記事

小沢一郎を総理にするため、ネットの力を結集しよう!より転載開始


(僕の独り言)
 ついに、小沢一郎が代表選出馬を決断した。

 検察権力の暴挙にも屈せず、マスゴミによる言われなきバッシングにも負けずに、代表選出馬を決意し、それに立ち向かっていくその勇気に僕はとても感動している。

 マスゴミは「今代表選をやってる場合か!」とか、「首相をコロコロ代えるべきではない!」とか言って、菅の続投を正当化しようとしているが、しかし、そもそも論として、どうしてこういうことになってしまったのか、彼らはまるでわかっていない(いや、本当はわかっているが、小沢を追い落とすために言っている)。

 小沢だって、幹事長を辞任した時は、次の総理は菅でよかったと思っていたはずだ。参院選直前の難しい時期に、挙党一致体制をとれるのは菅が総理になるのが、経験値や知名度、安定感からいっても一番相応しかったからである。

 それなのに、菅は党内でろくに議論もせずに、突然マニフェストを反故にし、挙句の果てには消費税大増税まで明言して、選挙で大敗してしまった。しかも、その結果に対して誰一人責任を取ろうとしなかった。これでは、代表交代論が起きるのは当然の流れであり、仮に小沢が出馬しなくとも、他の誰かが出馬したはずである。

 

 小沢はこの戦いに絶対に勝たなければならない。国民を裏切った者たち(反小沢)を成敗しなければならない。この選挙は単純に民主党の代表を決める選挙ではない。日本の今後の行く末を決めるたいへん重要な選挙なのである。どちらが勝っても変わらない、ただの権力闘争だというのは大嘘で、小沢一郎と変質してしまった菅とでは、これほど対立軸が明快なものはない。



 小沢一郎=(政治主導、対米自立、国民の生活が第一)

 菅 直人=(官僚主導、対米従属、国民の負担が第一)



 だからこそ、代表選で民主党がこれからどのような方向に進んでいくのか決着をはかる必要があるのだ。

 

 僕は今回の代表選を民主党議員の実態を知る、実にいい機会だと思っている。どれだけの議員が、政権交代の意義を正しく認識しているのか、どれだけの議員が「本気」で、「覚悟」を持って、日本の仕組み(旧支配体制)を変えようとしているのかがこれでハッキリするからだ。

 

 今こそ、ネットの力を結集しよう!Twitterでもブログでも何でもいい、ネットの力を結集させて、捏造報道オンパレードのマスゴミに対抗しよう!マスゴミの小沢一郎に対する人権侵害とも言えるネガティブキャンペーンは激しさを増しており、これに我々国民が対抗するのはネットしかない。

 マスゴミは小泉を自民党の総裁にした時のように、菅再選のために一年生議員や党員・サポーターに向けて風を吹かそうとしているが、絶対にそうはさせてはならない。これは、小沢一郎(国民)とマスゴミ(特権階級(官僚、財界、外資(米国))との戦いでもあるのだ!


 

「百術不如一誠(百術は一誠に如かず)」(百の術策も一つの誠意には及ばない)。これは、小沢一郎の座右の銘である。

 


小沢一郎を皆で守ろう!

そして、小沢一郎を総理大臣にしようではないか!






↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。



人気ブログランキングへ

↑こちらのランキングにも参加しています。宜しければお願いします。

8/27朝日社説へ―あいた口がふさがらない~これに答えてみよ売国朝日~


どうしてここまで清和会としての民意と見事に一致したことができるのか。多くの国民が、あぜんとしているに違いない。

 民主党の小沢一郎前幹事長が、党代表選に立候補する意向を表明した。

 演出された茶番劇である検察の仕立てた政治とカネの問題で「責任を痛感した」と、幹事長を辞して3カ月もたった。この間、小沢氏は一面的司法的問題にけじめをつけたのか。答えは合である。そもそも有罪でもないし、問題は一切ない。

 既に国会で説明も済ませ、仕組まれた検察審査会で起訴相当の議決を受け、2度目の議決を待つ立場に立たされている。

 鳩山由紀夫前首相にも問題は無く納得がいく。小沢氏率いる自由党との合併の経緯から、この代表選で小沢氏を支持することが「大義だ」と語った。「互いに責めを果たす」と言わされてダブル辞任したことは、今回の件と同時に考えることではない。

 二人のこのありさまは常識を通り越して、管首相に失望した大多数の国民に勇気を与えるものですらある。

 民主党代表はすなわち首相である。党内の多数派工作に向かうまでもなく「小沢政権」が誕生したら、無知な国民の形成する意図的に偏った世論の支持のない政権運営はうまくいくかは分からないが、それでもこのまま管首相でいくよりは相当ましであり、何より選挙で大敗したことを忘れてはいけない。

 党外でさえ視線は温かい。政界再編を狙った人にすれば自民党やみんなの党など棚から牡丹餅の恩恵を受けた政治家にとっては不都合であるが、円高や圧政に苦しむ国民のことを考えている政治家は党派を越えて小沢氏の出馬を讃えている。政治家憲法の規定で、国務大臣は在任中、首相が同意しない限り訴追されない。このため、想定していた起訴がこれまでのように裏付けもなくいとも簡単なことでは出来なくなる可能性が出てきた。なんとしてでも強調したいシナリオ通りのただの記載不備という重箱の隅をつつくような政治とカネの問題をあいまいにしたままでは、国会運営も行き詰まるに違いないといっておくしか小沢氏の批判できるところは無い。

 より重大な問題も指摘しなければならない。

 自民党は小泉政権後、総選挙を経ずに1年交代で首相を3人も取りかえた。それを厳しく批判して政権交代に結びつけたのは、民主党である。ただし、変わらなければそれでよいというのは間違っている。そして、現に今回の選挙であのような結果を残した理由を考えねばならない。国民から管首相が支持されていないのは明確に分かることである。

 今回、もし小沢首相が誕生すれば、わずか約1年で3人目の首相となる。「政権たらい回し」批判は自らの悪政と金権政治を忘れたかのように振る舞う自民党などの他人事とするようなどうとでもいい放題の批判がいよいよ民主党に跳ね返ってくるだろう。より悪質なのはどちらか。有権者にどう申し開きをするのか。自民党の時には首相交代は必要な時は必要だと言っていたことを我々は忘れるはずもない。煽るだけ煽って無責任だと思われても仕方がない。一部の人間にとって管首相にはなんとしても消費税を上げてもらわねばならないのだから。

 それとも小沢氏は代表選に勝っても負けても、党分裂といった荒業もいとわずに大がかりな政界再編を仕掛けようとしているのだろうか。そのようにも見えるが、それは管首相から国民生活を守るためであるのだ。管首相のしようとしていることはアメリカと官僚への貢ぎそのものである。

 金権腐敗政治と決別し、2大政党による政権交代のある政治、有権者が直接政権を選ぶ政治を実現する――。そんな政治改革の動きの中心に、小沢、鳩山両氏はいた。20年余の歳月を費やし、ようやく目標を達成したと思ったら、あたかもクリーンな政治をするかのように見える管首相は国民の生活をないがしろにしてまでも日本をいつでも利用させておける状況を作ろうととしている。

 ほぼ1年前、歴史に残る自公による悪政に代わる新しい政治が始まることを期待して有権者は一票を投じた。その思いを踏みにじるにもほどがあるのではないか、管首相よ。しょせん(イルミナティー的民主党=管直人)も同じ穴のむじな、中曽根や小泉のような古い政治の体現者だったか――。政党政治自体への冷笑がさらに深まっては取り返しがつかない。

 代表選をそんな清和会にとって都合よいことだけに注目させる場にしてはならない。有権者は政権交代に何を託したのか、根本から論じ直し、アメリカと官僚を富ませ、これでもかというほどに経政会を叩きのめす古い政治を乗り越える機会にしなければならない。

 誰の目にも分かってしまう明らかな詭弁と印象操作、世論誘導をやめない限り、どの新聞よりもアメリカに通じていると言われても仕方がないのは当然である。国民はもう朝日の社説にうんざりしている。いいかげんにしてもらいたい。



参考:2010年8月27日(金)付 朝日新聞社説 「小沢氏出馬へ―あいた口がふさがらない」





↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。
 


人気ブログランキングへ

↑こちらのランキングにも参加しています。宜しければお願いします。


★命を託している日本の医療と薬剤の実体(まとめ) ~タマいちさんのブログ原点にまつわる逸話~ 国民皆保険は日本人の為に有るのではない~


タマちゃんの暇つぶし さんのブログの最新記事

★命を託している日本の医療と薬剤の実体(まとめ)      
国民皆保険は日本人の為に有るのではない
より転載開始


まとめ        
 命を託している日本の医療と薬剤の実体 
 
 もう一息の辛抱です。爽やかな秋はそこまで来ています。今夏の異常な蒸し焼き地獄を乗り越えられたのだから、自信を持って、次の季節も存分にお楽しみください。

 連載の「★命を託している医療と薬剤の実体が知りたい」シリーズを始めた切っ掛けは、昨年の豚インフルエンザ騒動でした。「グラクソ・スミスクライン株式会社」

の研究所が、家の近くに有るのを知ったからです。

 同社は昭和28年8月18日の8並びの日に(数字に意味がある)、日本法人を作っています。一般には殆ど知られていない製薬会社ですが(最近はコマーシャルを流している)、ワクチンで高名な戦勝国の巨大製薬会社です。終戦後間もなくして上陸したのに、そのまま鳴りを潜めていることに、奇異を感じ、興味が沸いて、「医療と薬剤の実体」を調べはじめた次第です。

 ビンゴでした。このシリーズを通して、日本の医療制度のとんでもない実体が見えてきました。
 一口で言うと、お医者さんがよく口にし、患者さんを説得する時に使うフレーズ「日本の医療は世界一だから・・・」は一人よがりの日本国内向けの仕様でした。そして、もっと大きな問題が巧妙に隠されていたのです。

☆世界の最先端医療の対極に置かれている、おかしな日本の医療と制度=検査漬け+不要な手術の多用+薬剤漬けは『国民皆保険制度』を食物にする為と、民族浄化の仕込みなのです。

☆この仕組みは、戦勝国の意を受けた霞ヶ関の白丁(ハクチョウ)達が、戦後65年を掛けて、構築してきたもので、 支払い医療費の殆どを「薬剤費」が占めている点が味噌です。



 莫大な薬剤費→ 製薬会社→ ユダヤ国際金融資本家の金庫に自動的に納められます。つまり、植民地から宗主国への、秘密の貢ぎ物ルートの一つが日本の医療制度だと云うわけです(これは当然、他の部門にも仕込まれていて、日本の生血が吸われ続けています)。 



 戦後の日本国運営を任された白丁達(エタ、非人、同和、在日朝鮮人)が霞ヶ関と国会議事堂を乗っ取っています。そして、日本人と金融ユダヤ人の上前をはねているのが実情だよと、 18歳のきのこ姐さんが教えてくれました。↓

世界の公務員平均年収 と陰謀  

http://kinokokumi.blog13.fc2.com/blog-entry-319.html

世界の公務員平均年収
1 日本 1,029万円      
2 アメリカ 402万円     
3 イギリス 289万円    
4 カナダ 269万円              
5 イタリア 245万円      
6 フランス 224万円       
7 ドイツ 220万円

まぁ・・・これを見れば、陰謀論の主犯は「ユダヤ」なんてものが、いかに滑稽かわかるかも
金のなる木「日本」を、朝鮮からじーっと見ていた白丁パリサイが、倒幕して乗っ取った、と。
そしてずっと「平和偽装国家・日本」として、世界中で殺戮と戦争を繰り返した。

徐々に徐々に、日本人民族浄化をやってきた。 小泉政権でとどめを刺された日本人。
これで完全乗っ取り完了のはずが、霞ヶ関は余裕どころか、無茶苦茶あせっている。

何故?  所詮、パリサイ資本は世界市場の3%。テロ組織が暴力で頑張ってきたけれど、巨大資本をもつ誰かが、明らかにつぶしにかかっている。

ここでまた、ロスチャイルドか? とか思うだろうけれど、あそこは、ただの金庫番だよ。誰か、ってのはわかるはずはない。                           2010-08-19

↑衝撃のきのこ姐さんの白丁パリサイ論です。


☆治療費・健康保険に支払ったお金が、薬剤費と云う形で吸い上げられている。
◎先ず、一番美味しい部分は製薬会社がいただきます→ 国際金融資本家の金庫に納められる。
◎次いで、白丁官僚達が貪ります→ 許認可権を握って。優雅で美味しい天下り。
◎そのおこぼれをお医者さんが拾っていま~す→ 大学・病院・医院・勤務医・・・。
◎この宴に割って入り、食い散らかすのが、ハシゴ診療や不要不急な医療を受けたがる自己チュウの人々。

と いった塩梅です。


以上が「日本の医療と薬剤」の残念な実体です。

 「★命を託している 医療・薬剤の実体が知りたい」
シリーズはお医者さんが発信した「医療・薬剤の実体」記事を(信頼出来る)ネットから集めたものです。隅々まで読んで、サバイバルにお役立て下さい。

先ずは、日本国の医療と薬剤の実体を見ていきましょう。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その1

「医療と健康論」 はらへった先生

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その2

クスリ地獄  おじいさん(先生)

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その5 

同感です 菜根譚先生

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その47 

患者の増やし方  おじいさん先生

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その64 

現代・日本の医療の問題点整理  もう先生 

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その158 

高齢者の「ガン」はおいしい  おじいさん先生





次いで、世界最先端の医療=証明医療=標準治療(最も優れた治療法)の実体について、学びましょう。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その59

欧米型の証明医療について   リー先生 
 無作為化対照試験「Randomized Control Trial」(RCT)を理解しておけば、ニセ医療の餌食にならずに済みますよ。キーワードは 2つ、被験者を「無作為に群分け」すること、そして「評価点(end point)」。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その158 

☆☆胃癌の原因
 癌には「転移し宿主を死に至らしめるもの」と「転移しないタイプ」がある。前者は、複数の遺伝子が変異し、細胞が浸潤・転移する能力を獲得したもので、癌の大きさが0.000001~0.000004mlくらいの時に転移するので、早期に発見することは不可能。 換言すれば「転移し、宿主を死に至らしめる癌」が検診で発見された時点では手遅れ。にもかかわらず、拡大手術へ誘導され、次いで藁をもつかむ思いで化学療法にすがり、死ぬまで苦しめられる。

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その50

無作為対照化試験(RCT)の結果を順守することを証明医療(EBM)という。
       
★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その160  

☆☆高血圧症~ご老人の血圧を薬物で強制的に下げると、老化とボケを助長する。お大事に。
           
★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その53

☆★日本列島に証明医療が定着しないわけ

★命を託している医療・薬剤の実体が知りたい その13

★ 聖路加病院に巣くう金の亡者~日野原




 世間では日野原さんを崇める人もいるようだが、リー先生が見た姿が本性なんでしょうね。日野原さんは『健康自主管理』に役立つ事は云わないので、タマちゃんにとってはどうでもいい、唯の人と云う認識です。

 病気の予防と早期発見で健康保険税の出費を少しでも防ごうと地方行政は必死に頑張ってます。だが、敵もさるものでWHO(世界保健機関)と共謀して、数年毎に基準数値を引き下げて来るので、皮肉なことに「健康診断」や「人間ドック」が病気ではない「病人」を量産するシステムと化しています。

ちなみに、
「欧米型証明医療」を実践されている リー先生<李 漢栄医学博士、 1980年北里大学医学部卒、1985~90 年 ロチェスター大学(米・NY)医学部、研究員・助教授、 1990~97 年 北里研究所病院、 2003年~ リー湘南クリニック院長   予約、問い合わせ電話0466-55-1675 > の場合。

健康なコレステロール値は、180~260㎎/dlです、安全なHbA1C値は8以下です。
健康な血圧値は、160/90mg/Hgです。
   とされています。参考にして下さい。


 日本の常識は世界の非常識。悪いものを良いといい、良い事を悪いと言いくるめる時代を賢く生き抜くためには、それ相当の知識と行動力と覚悟が必要です。

 日本の医療・制度はどうやら『日本国民の為に有る』と云うのは錯覚だった様です。でも真実、真相、たくらみが分かったので、行動がし易くなりました。親切で何時でも診てくれる掛かりつけのお医者さんは大切です。が、安易な他力本願は捨て、ご自分で『健康自主管理』に勤しんでください。その方法は星の数ほど有るので、ご自分に合ったものを選択、実践されてください。

 タマちゃんが実践しているのは、三石さんの『分子栄養学(三石理論)』です。
この方法に出会った当初は、絶対に人には教えたくないと思ったものです。と、云うのも、特別な修行をしなくも、美味しく、楽しく、飲み食いをするだけで『不老長命』が手中にでき。かつ『難病』でも、ガンでも自分で治せてしまい、まるで仙人のような凄い威力が有るからです。

 最近では、大切な人に対して、先ず『分子栄養学(三石理論)』を紹介しています。
◎推奨の理由:三石理論が有る=DNAの働きを健やかに=タンパク質+メガビタミン+活性酸素対策。
          三石理論に基づいたサプリメントが完備。安心安全で、効果が高いから。
          ヒトフードをきちんと摂取していれば、血圧が300でも怖くない・・・・。
          (株)メグビー 電話:03-3265-0314 

◎参考書籍:「医学常識はウソだらけ」三石巌著、 祥伝社黄金文庫、 650円。書店にあります。

 今回のまとめを書くに当たり、再調査をした三石さんの「医学常識はウソだらけ」本の内容の正しさと、その必要性が再認識できました。        

2010年08月28日


ここまで





↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。
 


人気ブログランキングへ

↑こちらのランキングにも参加しています。宜しければお願いします。

最新記事スクロールで1行表示
無料ブログパーツ

コンピュータ監視法案が本会議で可決~ついにネット言論統制が始まった~ (06/01)61年ぶりの鉱業法改正は3.11当日に行われていた!!! (06/01)【資料】日経の「人工地震」に関連する見出しと注目記事を集めました。 (05/31)核廃絶運動家に訴えかけるのもアリかも~核爆発人工地震兵器可能性~ (05/30)核爆発があったと考えるほうが自然なのです~どう考えても~ (05/24)ロシアからの人工地震メッセージ?~茨城沖で再び人工地震発動か?~ (05/24)311地震の謎を解く 311の意味とは??~“水戸”がキーワード~ (05/23)【速報】リビアでM8.4の地震、組織ぐるみで隠蔽される!~人工地震か~ (05/21)人間性を奪い、自由をないがしろにし、個人を束縛する「構造(物)」からの卒業 (05/21)海治 広太郎氏のアイデア~地震を作為的に「テロ」として起こせる可能性~ (05/21)

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

CategoryRanking 1.0

Designed by 石津 花

でかポインタ・スイッチ


:キーボードショートカットVer1.1
  • L:最新の記事
  • J:次の記事orページ
  • K:前の記事orページ
  • D:PageDown
  • U:PageUp
プルダウンリスト
最新記事
最新コメント
便利Javascripts
現在時刻





総記事数:




最近のコメント
よすみさん (08/14)
自然エネルギーで原発を賄うという無理難題で脱原発派を突き跳ねる人は
大抵原発を安全に動かすという無理難題を下敷きにしている。

太陽光はピークカットに多いに役立

科学者 (08/09)
仰る通り、抗癌剤と言う化学薬品は、猛毒物であります。

ご挨拶が遅れました。分子生命科学を専門職とし、各大学で非常勤講師をしているものです。

さて、抗癌剤は、

ザック (08/03)
生きてますか。

トンビ母 (07/07)
人工地震は何よりも先ず、安全に実験する事です。高校の地学の先生は、ちゃんと心得ておられるようですが。

軍事目的で使われると大惨事です。

注意しなければいけま

zaurus (04/29)
ときどき来ては、ダウンロードさせてもらっています。たいへんな作業だと思いますが、非常に重要な資料です。感謝しております。これからもお願いします。また来ます!

匿名希望 (04/26)
311以降、拝見させたいだだいております。


勤務している施設の利用者さんのために、こちらを

閲覧するようになりました。

しかし、私自身のためにもとても有

スポンタ中村 (03/25)
どうも。ビートルズの陰謀論から、このブログに来ました。陰謀論のサイトなんですね。(^o^)

陰謀論をつきつめていくと、民主主義も陰謀の一つだということが分かり

よすみ (03/12)
 原子力が二酸化炭素をださないのは本当だけど、放射能はやっぱだすんだよね。というのが日本人が経験した東日本大震災の第一の教訓、あの状況に立ち向かえる無敵原子力発

ヨシュア・メシア (03/11)
 突然お便りします。いろいろ精力的に調べられていますね。しかし、陰謀論を本当の意味で理解するには、クリスチャンでなければわからない大きな壁が存在します。一方的で

ゲストさん (02/22)
ブログ主さんはエラい長文を書いてますが、陰謀論は事実としてある、ということを言いたいわけですね。

正にその通りですね。

その音楽は自由だって言っているその思想自

プロフィール

だいだいこん 

Author:だいだいこん 
私はただの人間です。
なぜ原発は爆発したのか考えてます。
そして反日銀デモを起こしたくて仕方がありません。

日本は平和国家でしょうか。
その根拠は?具体的にどこが?
日銀や消費税は人を殺しています。

消費税廃止、インフレ目標、
宗教法人税の導入やBIなどで、
日本を本当の平和国家にしましょう。

そして、地震兵器を隠すのをやめましょう。

Book Mark !
ブロとも一覧(画像のみ版)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧

タマちゃんの暇つぶし

ひきこもりを侮るな!

とほほほ

アギタの神が住む鎮守の森

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

さんたブロ~グ

∞LINK WALKER∞advance of the new century∞

ケムトレイル

保守政治とは何か

ブログのブログ

情報を活用する

六人の子産ませてくれてありがとう

こらぁ~!責任者出て来~い!
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
その他
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
102位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Google自動翻訳
コメント・トラバ・総記事数
コメント数:  トラバ数:  総記事数:
ブログ成分分析
だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~の成分分析
AquariumClock 2
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。