スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーン革命=緑の革命=笹川良一=みどりの日⇒GB2000人口削減PJ

更新遅れまして申し訳ありません。
ちょっと身内で吉野の方に出かけていました。


リビアの国旗は、緑一色です。

fly.gif

リビアより引用

【 国旗の意味や由来など 】
何も模様の描かれていない珍しい国旗。全面がイスラム教で聖なる色である緑1色に染められている。グリーン革命といわれた改革闘争にちなみ、イスラム教では緑は高潔を意味する。


ここまで


緑の革命より一部引用開始

笹川グローバル2000プロジェクト

 1983年から84年にかけてアフリカのエチオピアでは、200万人もの犠牲者を出す大飢饉が起こった。そこでエチオピアの人々を救済すべく、動き出したのが、日本船舶振興会(現日本財団)の笹川陽平理事長をはじめ、カーター元アメリカ大統領、「緑の革命」の創始者であるノーマン・ボーログ博士が提唱した「笹川グローバル2000プロジェクト(SG2000プロジェクト)」である。

 プロジェクトの第一歩として、1985年、世界飢餓会議が開かれ、世界中から農学者、経済学者、人口学者、銀行家、そしてアフリカ諸国の政府関係者らが集められた。

 そこで、アフリカの食糧問題を解決し、人々を飢餓から救うには、やはり「緑の革命」しかないと結論付けられたのである。



ここまで


笹川良一は、5月4日生まれです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/5%E6%9C%884%E6%97%A5#.E4.BA.BA.E7.89.A9

みどりの日は、5月4日になりました。

笹川良一は、みどりの革命を遂行する日本財団を、

仕切っていました。



これは偶然ではありません。

こういうものを、仄めかしと云うのです。

ダヴィンチコードの世界です。


この世界は、仄めかしで成り立っています。

ここでは詳しく言いませんが、


徳光和夫は、徳川家光を仄めかされて生まれました。

だから、誕生日を偽装しています。


3月10日生まれにしたかったからです。

3月10日は、「水戸の日」です。





5月4日といえば、他にも重要な事件が起きています。

(起こされてます・長いので略します)


リビアの国旗と、日本の国旗を足すと

バングラデシュの国旗になるので、


「リビア バングラデシュ」で検索してみました。


そうしたら、

リビア:脱出のバングラデシュ人 5000人が車座

こんなのが出てきました。


へぇ~「バングラデシュ人」っているんや!

ということで、「バングラデシュ人」で検索。


英警察、核再処理工場に接近の5人拘束 

2011年5月4日 01時20分

 【ロンドン=有賀信彦】英国の警察当局は2日、イングランド北西部カンブリア州のセラフィールド使用済み核燃料再処理工場の塀周辺に近づいた20代の男5人をテロリズム法違反容疑で拘束した。

 英BBC放送によると5人は全員ロンドンに居住するバングラデシュ人。工場を撮影していたという。報道官は、民間核施設保安隊が工場近くで車の検問をして得た情報をもとに拘束したと説明。5人についてこれまで内偵はしていなかったという。5人は、ビンラディン容疑者の殺害を受け、キャメロン首相が警戒強化を呼びかけた後に拘束された。同容疑者の死亡と5人の行動の関連性は不明。


(中日新聞)


ここまで


なんでもリンクしてるんやな、と思いました。


焼き肉店集団食中毒:3人目死者、富山の40代 
患者「疑い例」含め66人



ほらほら、66人。

というかさ、このニュースなんかおかしくない?

fujicoさんも示唆されていたように、

やっぱり演出じゃなかったのかな?


よく休日にボーンともってきますよね。

色々、世界中のニュース含めて。


わざわざ日本の祝日にあわせたりしてさ。




バングラデシュに関してはこちらの2つをどうぞ。

http://book.geocities.jp/japans_conspiracy/02/p003.html

http://park.geocities.jp/jpcdebate/0203/p036.html


日の丸に関連する国旗の一覧





(書きたいことは一杯あるのですが、私のことですから

ちょっとずつしか書けません。ご期待にこたえられなくて

本当に申し訳ありませんが、ネタ程度にこれからも見て下さい。)




↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。



人気ブログランキングへ

↑こちらのランキングにも参加しています。宜しければお願いします。
スポンサーサイト

天皇家はこうして儲かる~赤十字社を通じて世界の貴族と連帯~

さて、久しぶりの「大陰謀」記事です。


2つ前の記事で、日本国を拠点とした日本人を

巻き込む策謀が存在しているということを述べましたが、


私の発言を以前から知っている方はもう

何が言いたいか分かっておられると思います。


こういうことです。


天皇家は、儲かる。


お金のある所こそに陰謀は存在する。


日本はピラミッドの国であり、東イスラエルである。




(過去の掲示板投稿)「日本」という国自体が象徴~天皇家は儲かる~


つまり、本当の意味で


日本は「黄金の国」だったということです。


昔の話ではありませんよ、今も続いています。


世界では、大戦の後に何もかも変ったみたいな歴史が

教えられているのかもしれませんが(特に日本)、


全くそのようなことはありません。

ソフトな感じになっただけです。


陰謀もその見た目が良くなったから判明しにくくなっているんだと思います。


まあ、無知な私がごちゃごちゃ言っても仕方がありませんので、

ここはもう天皇家が赤十字とどう関わっているかを


説明された情報先を知ってもらうしかありませんね。

あと、グーグルで「天皇家 赤十字」と検索すればいいのです。


なぜ、こんなにも赤十字が募金活動しているのか

ちょっと理解できたかもしれません。


それではどうぞ。


寄付の前に!日本赤十字と天皇の関係 


http://mscience.jp/truth/?p=577</a>

寄付の前に!日本赤十字と天皇の関係

東北・東日本大震災 の被災者のために寄付が盛んに呼びかけられている。テレビ・ラジオでは、寄付口座の案内のほか、寄付をした人たちの投書が読まれるなどして、被災者のために寄付をすることが、美しい姿であるかのように思わせる演出がなされているように見える。

この地震の被災者への寄付は、マスコミ各社が個別に案内をしているが、最終的な寄付金の行き先は、日本赤十字社になっていることが多い。ではこの赤十字は、本当に寄付をするのに相応しい組織なのだろうか?

私が経営する店のお客様や、メールマガジンの読者の中にも寄付を考えている人たちが増えてきたため、調べてみることにした。


その組織を理解するには、誕生の目的や歴史を知ることが近道だ。何の目的で設立され、何をしてきたのかがわかれば、表面からは見えないその組織の実際の姿を知ることができる。

「マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている」という本がある。この本に、日本の赤十字の設立目的いついて、次のような記述があった。実際には、日本のいちばん醜い日という本からの孫引きになるが、該当箇所を要約でご紹介する。




国際赤十字のシステムは、戦傷者を救うために設立されたことになっている。が、実際にははそうではなく、赤十字は、戦争ビジネスをスムーズに長く行うために作られたもの。

太平洋戦争中、アメリカは日本に石油を輸出することを禁止した。しかし、抜け穴があった。

赤十字の船だ。赤十字の船は国際条約で攻撃できないことになっている。それを利用して太平洋の委任統治領から、日本へ向けて石油や重要物資(タングステン・四塩化メチルなど)が日本赤十字の船で送られた。

それだけではなく、アジア各地で日本軍が略奪した金、銀、プラチナ、宝石といった財宝も赤十字の船で日本に運ばれた。それらはマルフクという金貨に変えられ現地に送られ、物資を購入する代金の支払いに利用された。そして余った分はスイスにある財閥や天皇家の秘密銀行に入れられた。

戦争が長引けば長引くほど天皇一族と秘密裡に天皇一族を支えた財閥の資産は、天文学的に増えていった。






スイスにあった(ある)「日本の秘密口座」については、下の記事にも言及がある。






赤十字活動の裏で繋がる世界の皇族たち

http://www.rui.jp/ruinet.html?c=400&i=200&m=211511

天皇家は、現在でも日本赤十字の名誉職に就いている。

このような出自の組織に、寄付を行うのが適切かどうか、ぜひ冷静に判断をしていただきたい。できることなら、被災者に直接現金で配る方が、はるかに被災者のためになる。そのお金が還流すれば、地域経済の復興にも役立つはずだ。しかし、それを行うシステムがない。

小さなボランティア組織には無理な仕事だし、かといって巨大な組織は当てにならない。

日赤以外にも、日本ユニセフ協会も寄付の使い方についての批判がネット上で多く見られるし、あなたの寄付は、適切に使われない可能性がある。

寄付などしなくても、普通の生活をし、仕事をして日本経済を支えるのも被災地支援のために必要なことだ。寄付する前に、その団体の設立目的や歴史などを調べてみることをおすすめする。


ここまで


もう一度、紹介!!!


偽情報退散! マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている (5次元文庫)偽情報退散! マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている (5次元文庫)
(2011/03/12)
THINKER

商品詳細を見る




はっきりいって、

天皇家は、商売です。

天皇家は儲かります。



ちなみに、個人的には今上天皇は好きですが、

皇太子がもうすぐ天皇になることを恐れています。


どうして天皇さんと皇太子ってあこまで違うのかと思います。

今の皇太子が即位したら昭和天皇の再来です。


第3次世界大戦まっしぐらです。


今私たちができることは、

日本赤十字社に募金しないことです。

もちろん、日本ユニセフにも同様ですが。


中央共同募金会はよく分かりませんが、

まだましだと思います。


個人的には、

現金よりも商品券を贈る方がよいかと思います。


現金ならばどのように処理されるか分からないからです。


企業は被災者に自分の企業の商品券(あるいはポイント)を

発券し、即ギフトしましょう。


いづれにしても、

赤十字とは、一切の関わりを避けることをお薦めします。



日本を再起動させるために~企業は被災地向けに商品券をギフトしよう~

赤十字社は世界最大の生物化学テロ集団~赤十字募金に参加するな~





赤十字社には募金すべきではないと思う人はクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ

とにかく共に生き残ろう!と思う人はこちらも応援をお願いします。

熱烈拡散:「日本の陰謀」さんのつぶやき

http://twitter.com/japanconspiracyより引用


★日本の憲法は根本から国民をだますために ★悲しい話だが、憲法や法律、そして、日本の歴史を分析すると、日本の現在の体制は、全てが「徳川幕府」のみが遊んで暮らせるように、巧妙に仕立てられた体制であり、 全ての「きれいごと」が、「詐欺」で「ごまかし」で「悪意」であることがわかる。

始末に負えないのは、その最大の目的が、「ウソ」を見抜かれないように、 すばらしく見事に「偽装」され、国民を「洗脳」していることだ。 飼いならされた犬は、ある種だまされているのだが、何も知らずによく働く。 人間も同じだ。 この飼いならし、調教のシステムを「学校教育」、「終身雇用」で完成させる。 やくざな人間は、まだ信用できる。自ら悪人を認めているからだ。 最大の極悪人は、善人の顔をして、社会の上層部に陣取り、 尊敬され、名誉を与えられながら、心の中は「悪意」に満ちている偽善者たちだ。



★日本の特務機関員は、政府資金を自由に使う ★だが、厳重な監視下にあることは間違いなく、裏切れば、即死が待っている。 もちろん、裏切るような男は、その前に、この世に生かされてはいない。


★究極のいじめ「組織ストーカー」 ★東京政府は、徳川の時代から組織ストーカーの技術を磨きあげてきた。ある時は、忍者、ある時は行商人、隠密、御庭番・・・・・。そして、その形態が最も機能する究極の「ストーカー」を見出した。もともと、ストーカーは、被害者も加害者も、徳川体制からいじめられている。だから、1000人の邪魔者が出てくると、999人に、1人をいじめさせる。その1人が死んだり、逃亡したりすると、次の一人を標的に切り換える。こうして、集団ストーカーの無限の連鎖が続く。

しかも、ある時点では被害者はたったの一人であり、一般社会から絶対に見抜かれることはない。こうして、次から次に邪魔者は消えていく。もともと、モンゴル系には、「墓穴を掘らせる」伝統がある。

つまり、集団ストーカーの一味は、将来の被害者なのだが、このことは、本人たちはほとんど気づいていない。自らの手を汚さない、石橋を叩いても渡らない徳川の伝統がよく出ている。しかも、最終的には、完全な証拠隠滅が出来上がる。



★戦争から国旗までやりたい放題 ★このようにして、世界の悪魔たる国家は作られ、 今日、全人類を操り人形のようにコントロールする。


★ヒトラーとナチスの日付は日本の語呂合わせ ★ナチス・ドイツの日付は、本当に日本の語呂合わせであふれている。



ここまで


今後も、どんどん紹介させてもらう予定です。



↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。



人気ブログランキングへ

↑こちらのランキングにも参加しています。宜しければお願いします。

「日本の陰謀さん」のツイートが面白い

http://twitter.com/japanconspiracy

↑「日本の陰謀さん」のツイッター


どうぞ一度ご覧ください。

興味深いの一言に尽きます。



↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。



人気ブログランキングへ

↑こちらのランキングにも参加しています。宜しければお願いします。

TPPと食品安全近代化法~あまりにも大きな陰謀~

東海アマさん論文より引用です。

TPPと食品安全近代化法


 「TPP」環太平洋経済連携協定は、06年シンガポールなど四カ国で発効した経済連携協定だが、昨年からアメリカ主導のグローバリズム(世界共通経済ルール)の浸透手段として利用されるようになり、日本・豪州を含めて急速な拡大が準備されている。
 民主党政権と全マスコミが「平成の開国」などと大上段に振りかぶって、際限なく湧き出る不安論・反対論を押し潰しながら締結に盲進している有様は、まさに異様というしかない。

 だが参加予定国GDPの9割以上を日米が占めるため、TPPとは実質、日米間貿易協定(FTA)であり、日米経済一体化といってもよい内容に変わっている。また巨大機械化農業を行っている豪州にとっては桁違いに安価に生産できる自国農産品の無関税輸出メリットははかりしれないが、日本がTPP締結によって享受できる利益についてはほとんど説明がなされず、国際競争力のあると思われている自動車など輸出業界だけが小旗を振って囃し立てているものの、具体的説明の欠落したタテマエ「開国論」だけが上滑りしている現状だ。

 その内容は、15年までに協定国間貿易において工業・農業・金融サービスなど全品目の関税を10年以内に原則全面撤廃することで貿易自由化の実現を目指すとされるが、本質は関税自主権の放棄といってよい。
 現在ですら日本は世界各国のなかでもっとも「開国」している低関税状態なのに、これをゼロにし、加えてアメリカ国内で行われている食品・生産・販売などの規制を日本にも強制適用する結果をもたらすもので、しかも弁護士についてアメリカ人が日本で自由営業できるのに日本人はアメリカ営業権がないなど、開国どころか「平成不平等条約」の様相を帯びている。

 問題だらけのTPPでもっとも深刻な懸念をもたらしているのは、関税撤廃により日本とは比較にならない大規模農業を展開していることで圧倒的な価格競争力を誇る北米や豪州の農産物が雪崩を打って国内に流入することが避けられず、これによって従来も輸出産業、大企業の利権によって衰退を強いられてきた弱い立場の農林水産業全般にわたって国内第一次産業がほぼ壊滅することが確実視されていること。
 また、金融・工業生産・労働・食料分野でも自主ルールの撤廃を強いられる結果、外国企業の進出・投資規制や労働者規制が事実上不可能になること。また郵貯・年金資金も現在はリスク管理から投資対象に制限があるが、TPP発効により独自規制が許されないことになり、一般銀行と同様に投機市場に資金が流れ、ゴールドマンなどアメリカ資本の先物取引に組み込まれる結果、サブプライム問題やリーマンショックのように倒産・損金によって突然消失するリスクが発生することになる。

 また無関税貿易を解禁すれば、労働者保護・民主主義に高いコストをかけている日本や欧州などが、中国のような国家権力の強力な介入支援の上に奴隷制労働に等しい企業群とコスト面において競争にならないのは当然であって、大量生産、人権無視によってコストを下げられる国家が必ず勝利を収め、世界中の民主主義を駆逐し、社会保障・労働基本権コストを死滅させてゆく必然性があることに気付かねばならない。
 中国は、今のところ参加の意思を示していないが、無関税貿易体制の元では、あらゆるルートから「安価商品」が雪崩れ込む事態になるのは当然で、農薬まみれの中国野菜や欠陥だらけの工業製品が加盟国である豪州やシンガポール経由で入ってくることが避けられない。

 逆に考えれば、TPP無関税主義の真の狙いが、こうした結果をもたらすことにあると思わねばならない。
 すなわち、グローバルスタンダードを世界に適用するなら、小泉・竹中政権以降の日本が辿った道を見れば一目瞭然、国際競争力を御旗に、あらゆる労働コストと民主主義システムが根底から破壊されてゆくのであって、TPPこそ労働基本権という思想を破壊し、世界人民を家畜・奴隷として利用しようとする勢力が仕組んでいる陰謀であることに気付く必要がある。
 現在、世界の金融資産の9割がロスチャイルド・ロックフェラーなどユダヤ系金融資本に所有されている現状を知り、彼らの共有するユダヤ教典タルムードに、「人はユダヤ人に奉仕するためのゴイム(家畜)である」と明記されていることを知るなら、今起きていることの背景本質が鮮明に見えるのである。

 何よりも我々が警戒すべき問題は、昨年末アメリカで発効した「食品安全近代化法」のような恐ろしい法律がTPP加盟国にまで強要される可能性が強いことだ。この法律の真の狙いが見えてくれば、それが身の毛もよだつほど恐ろしい凄まじい陰謀が隠されていることに気付く。

 この法律では「食品の安全に関する外国政府の能力の構築」と題されFDA(米政府食品医薬品局)に外国政府の食品安全計画を指揮する権限を与えている。
 これにはアメリカ政府が貿易を行う相手国の食生活システムを指導し規制すると書かれていて、アメリカと貿易を行うすべての国家に対して、食品に関係するあらゆるアメリカ基準を押しつけると宣言している。

 規制の主旨は驚くべきもので、どうみても人類の自然生活と健康に対する敵意に満ちている。それは、旧来農業や自然食、健康食品を非科学的迷信と決めつけ、アメリカ流の科学技術信仰、農薬や遺伝子改変技術を正当化し、化学万能主義を押しつける凄まじいものである。
 例えば、農産物はバクテリア汚染の可能性があるから必ず放射線や化学薬品で殺菌消毒させる、生野菜、生乳販売は禁止、必ず高温殺菌に。旧来種苗はウイルス汚染の可能性があるとの名目で原則禁止、FDAが認可した農法、農産物だけを承認し、旧来種苗の所有、栽培、販売を禁止するだけでなく、犯罪と位置づけ取り締まる。またビタミン剤など健康補助食品類も原則禁止、認可医薬品だけに限定するという内容になっている。もちろん漢方薬のような未解明物の利用は麻薬同様の犯罪になる。

 FDAの思想では、消毒剤・殺虫剤をかけた食品は人間が食べても安全だが、生きた菌があふれている食品(野菜・生乳など)は致命的に危険というわけだ。
 アメリカでは総人口に匹敵する銃の数と所持容認思想によって日本の年40名に対し12000名もの銃犠牲者が出ているわけだが、これに対する規制は拒否される一方、人々の健康を守っている自然食品の「害悪」を強力に規制することになり、この結果、人々はFDAが「安全」と認可したモンサント社のパテントによる農薬漬け、遺伝子改変の奇怪な農産物だけを食べさせられ、旧来農法は種苗の所持すら犯罪とされ取締対象になるのである。

 この結果、何がもたらされるのか?
 確実視されているのが、地方に根付いた有機農法が禁止され、旧来種苗所持が犯罪化されることで、アメリカと取引先のTPP加盟国では、FDA認可企業であるモンサント・デュポン社やカーギルなどの独壇場になることが約束されている。言い換えれば、小規模農家はもはや完全破壊されて経営が成り立たず、すべての農地農産を化学農法巨大企業が支配する結果を招くのである。

 これこそ、レーガン以来のアメリカを支配するユダヤ系金融資本、新自由主義者たちが求めてきた「グローバルスタンダード」の目指す境地である。
 モンサント・カーギル系列アグリビジネス(資本主義農産大企業)はもちろんロックフェラー系企業で、背後にはフリーメーソンなどユダヤ・エスタブリッシュメントがいる。
 彼らユダヤ教徒の共有思想によれば、1970年以来の最大課題は「30億人しか許容量のない地球に70億の人口がいて、これをどのように淘汰するか」というもので、目標は人口5億人の地球ということらしい。(ビルダーバーグ会議)
 TPPも食品安全近代化法も、こうした彼らの意思を知ることで、その背景が鮮明に浮き上がって見えてくる。
 すなわち、地球上の地域社会で独立した自給自足体制が成立しているうちは、戦争・疫病・饑餓などが起きても簡単に死滅しないが、自給体制が崩壊し、グローバル化による世界分業体制に移行すれば人々を簡単に淘汰することが可能なのである。ある日食料の供給が止まっても、農産自給が破壊されていれば一斉に餓死する道しか残されていないからだ。

 TPP締結後、日本にあっても、北米・豪州の超安価食品の流入によって既存の農産食産業は完全破壊され、やっと根付いた有機野菜販売所も壊滅する可能性が強い。兼業小規模農家は完全に息の根を止められることになる。日本でも農業が化学農法大企業によってしか行われなくなるだろう。
 法案成立にあたって、アメリカでは50万ドル(年収400万円)規模以下の農家は適用対象から外すという妥協策がとられたが、これは欺瞞に満ちている。アメリカではドル大増刷によってハイパーインフレが確実視されていて、来年には価値が十分の一以下に落ちる可能性が強く、実質年収で考えれば全農家に適用される必然性があるからだ。

 TPPと食品安全近代化法の真の目的は、世界各国の地域産業、独立した自給自足体制を根底から破壊することである。
 モンサント種苗はF1種、GM種と呼ばれ、二世代目以降はタネを採取することができないように遺伝子設計されている。しかも、このタネが風に乗って世界中に拡散し、旧来種と勝手に交配して旧来種も生殖能力を失うことになる。
 また拡散した特許種苗を知らずに栽培すると、法外な特許料を請求される判例が北米で定着している。
 さらに悪いことには、今月、アメリカで認可された燃料用トウモロコシやバイオ大豆などには殺虫成分遺伝子が組み込まれ、それを食べると生殖能力が破壊されると報告されている。しかも旧来種に拡散交配しやすく旧来種を駆逐する可能性が強いのである。

 我々は、こうした驚くべき異様な政策が次々に実現されている現実の背後にある隠された意味を見抜かねばならない。



ここまで




↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。



人気ブログランキングへ

↑こちらのランキングにも参加しています。宜しければお願いします。

TPPの締結は、野菜栽培禁止令とセットになっています。

続きを読む

「抗がん剤治療で癌が治った人はいない」~デヴィー夫人発言の背景~





既にご存知の方もおられると思いますが、改めて。

あるヤフー知恵袋より~抗がん剤治療について~

http://hon42.com/iryou/cyc/q1445798814.htmより引用

m5a5s5kさん

抗がん剤治療について

先日、梨元勝さんがお亡くなりになりました。
癌とのことで抗がん剤治療をなさっていたようです。

デヴィ夫人がご自分のブログで梨元さんについて語っており、気になる点がありました。

以下、デヴィ夫人のブログより抜粋。

“私は抗がん剤治療をなさることに、大反対でした。何故なら、抗がん剤治療
は、猛毒で健康な良い細胞までも殺してしまう。そんな治療はやめて
いただきたかった。ご年齢からいっても、癌はそんなに早くは進まないはず。
ゆっくりと活動を続けながら余生を過ごし、天命に任せて長生きをして
いただきたかった。私は絶対抗がん治療には、大反対。
抗がん剤治療で癌が治った人はいない。死期を早めるだけではないでしょうか。”

と書かれています。
これは事実ですか?
抗がん剤の副作用などは知っておりますが、『抗がん剤治療で癌が治った人はいない』
とくにこの点が気になりました。
本当に『抗がん剤治療で癌が治った人はいない』のでしょうか。

ご教授お願い致します。


?回答日時:2010/8/24 08:18:23
bm_waltzさん

これは、極秘の情報ですが、、、国立ガンセンターの名医から教えていただきました、とても残酷で悲惨な話です。

『地球上に存在する最も発ガン性の高い、最悪のケミカル(化学薬品)は、“抗がん剤” である!』・・・という事実があります。これは大きな声では言えないとんでもないショッキングな話ですが、これが現実のようです。

これは、『PCウィルスを作成してまき散らしている犯人は、実はPCウィルスワクチンソフトを販売している●●社だ!』・・・という真実にも似た、残酷な話ですよね。結局、全てはビジネスなんですよね~。医療界でさえも、皆が金の亡者と化している。腐りきっているんですね。どこの業界も、、、。

デヴィ夫人は、そういった極秘情報を既に知っておられるのでしょう。残念ながら、、、私も、私の友人の医者も、皆 その見解に同感します。とても残念で悲しく辛い話ですが、、、どうか静かに受け留めてくださいませ。



ここまで


誰がそのような背景を静かに受け止められるのかと思う。

それでも知らなかったことは「自己責任」なのか。

どうも納得がいかない。だって、(特権を悪用した)立派な犯罪ではありませんか。

これが本当のところなんだと思うと寒気がして恐ろしくなる。



本当に恐ろしい世界だ。




↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。



人気ブログランキングへ

↑こちらのランキングにも参加しています。宜しければお願いします。

情報の支配は、1998年の日銀法改悪を覆い隠した。~今こそ日銀を殺そう~

イルミナティの謎 6   隠された日銀法改悪より引用


イルミナティの謎 6   隠された日銀法改悪



情報の支配は、1998年の日銀法改悪を覆い隠した。これこそ悪魔マスコミの技法だ。この日本の 本丸落城の経緯は歴史的にとても重要であろう。
このとき日本丸が海に沈んだのである。

エドガー・ケーシーの日本沈没の予言はじつに成就されたのだ。いや、成就するよう彼らは動いたのだ。



ここでは、まず端的に、次の最近刊行された著書をあげる。これほど金融、経済がよくわかる本は、いまだかってなかった。まったく、衝撃的だ。あまりに、よくわかるので感涙きわまるではないか。比類なき良書だ。これにより、私のようなぼんくらでも、金融、経済にまるでうとい人間でも何がおきているのかすこしわかってきた。感謝。

天野統康 著「あなたはお金のしくみにこうして騙されている」2011年刊徳間書店 5次元文庫 

私は、以前からユースタス・マリンズ著「民間が所有する中央銀行」、リチャード・A・ヴェルナー著「円の支配者」、吉田祐二 著「日銀 円の王権」2009年刊などの本の重要性は認識していたが、金融、経済については、内容がはっきりせず、購入しただけに留まっていた。ほとんどつん読状態だった。
ところが、天野統康の著書を読んだら、いきなり金融、経済のしくみが以前と段違いに理解できる。これは天野ショックというべきだ。全ページが図と説明の両建てで、この図により直感的に金融のしくみがわかってしまうのである。

こうして、私の目に1998年の日銀法改悪がくっきりと浮かび上がってきたのである。


さて、我々が受けている支配を、情報の支配と通貨の支配の順に考えよう。この2つがともなって、日本のイルミナティの強固な支配が出来上がっている。


1、日本における情報の支配

情報の支配とは、本体すなわちロスチャイルド・イルミナティの存在の隠蔽、歴史の隠蔽。すなわち秘密結社による陰謀工作の隠蔽であった。歴史は変造されて、「支配」が隠蔽されてきた。陰謀工作機関である秘密結社=諜報機関の隠蔽は当然であった。

我々は、陰謀論は荒唐無稽、UFOはトンデモ、秘密結社は無害と信じ込まされてきた。もっともらしい言説でミスリードして欺く工作員たちの活動、いわゆるトンデモ学会の本ゆえだ。3つとも証拠が絶対に出るわけはないのだ。しかし、末端の事実をこまめに探せばそれなりのものは出てくるだろう。

1)日本の秘密結社   

さて、日本の近代史に簡単に目を向けよう。

仮説として前回同様、秘密結社の連続性を仮定しよう。起点は明治維新(日本革命)だ。日本の場合は、秘密結社は既存宗教の中に隠れているので秘密結社の構造は複雑であり、儀式殺人の証拠も出にくい。したがって、儀式殺人から秘密結社の存在を追うという方法はとれない。

よく知られたフリーメーソンは、秘密結社の代表だが、極論を言えば、人脈と秘密の誓約があれば、フリーメーソンでなくても秘密結社はできる。フリーメーソンは、イルミナティを中に隠しているが、イルミナティが作り出した無名の秘密結社を数多く蔵しているのだろう。もちろん泡沫秘密結社は、歴史からは次々と消え去るので、追跡は厳しい。秘密の誓約から口外する人はほとんどいないだろう。また口外しても部分的な人脈のつながりしかないので組織のことでなく個人プレイと判断される。どこまで分け入っても陰謀のにおいすらかぎとれないだろう。調査の方法がまちがっているのだ。内部のものすら、なにかがおかしい、としか感じられぬものが、外部から簡単にわかるものか。「見えざる日本の支配者フリーメーソン」5次元文庫 と言う本には、日本ロッジ幹部のこの点について、変だ、変だ、という言葉の繰り返しである。p126にフィリピン・ロッジからの独立の経緯があるが、おそらくフリーメーソンは日本のものと別にフィリピン・ロッジのものがあり、日本ロッジからは、フィリピン・ロッジ系は見えないのだ。たまねぎの皮のように重層しているのが秘密結社なのである。

明治維新(日本革命)で影のネットワークとして動いたフリーメーソンは、司馬遼太郎のフィクションの数々で隠され、NHKがこのフィクションを史実にみせかけ、だましドラマで国民の脳髄にごみくずを注ぎ込み、こうして、隠蔽されたのである。国民は創作の繰り人形芝居に痴呆老人となって、口をあけて見とれ、放り込まれるゴミを賞味する日々をおくってきたのである。


第2次世界大戦でもおそらく同じ秘密結社が皇室、軍、新聞を動かし、戦争突入、敗戦へ導いた可能性が強いと考える。これについてはさまざまな本が出ている。

こうして戦後が始まる。ここでも真の日本国王、日銀総裁は表に出ず、同様に皇室、自衛隊、新聞、雑誌などを結ぶ秘密結社(フリーメイソン)が存在しただろう。しかし、この組織は、あらたに新興宗教、創価学会、統一教会を末端として複雑な組織を作り上げ、表にまったく姿をみせなくなったのである。これは、言ってみれば、秘密結社の成長と言うしかないが、さらに何重にもなって、陰謀の核は奥に入り込んだのである。

ロッキード事件では、媒体としての雑誌文芸春秋、工作員立花隆の背後に潜む謀略組織は、まったく姿をあらわさなかった。最高権力者グループの秘密結社の海外と結んだ謀略であろう。いままで、海外の陰謀だけが強調されすぎてきた。

第2の敗戦、大蔵省解体、新日銀誕生では、後に述べるように雑誌の音頭取りで税制改革を装った日本の富の収奪が図られた。こうして、日本の富裕層が誕生した。それ以後日本のFRBである日銀は、長きにわたる不況政策と格差社会の構築に走り出したのである。

現在、多くの若いフリーターたちは、なぜこのような運命に翻弄されるか、見当がつかないだろう。雑誌、新聞、テレビのえじきになって、盲目の国民となってしまっているからだ。

秘密結社日本のイルミナティの一貫した陰謀の流れを仮定することができなかったからである。悪魔機関、雑誌、新聞、テレビの垂れ流す、さまざまな大量のゴミ情報によって、何が重要な情報であるか、わからなくなってしまっているのだ。

雑誌、新聞、テレビにあるのは、ゴミ情報だけだということを絶えず心に置いて生活せねばならない。山となった干草の中から一本の縫い針を探すことを考えてゴミ情報に立ち向かうのだ。そうすれば、日本の謀略集団、秘密結社、日本のイルミナティが、干草の中の一本の縫い針として目にうつるようになるだろう。

2)日本のイルミナティの儀式殺人

秘密結社日本のイルミナティも儀式殺人を伴うので存在をそれなりに探せる。たとえば、つぎにあるようにテレビ新聞には絶対に出ないが、秘密結社の事件というのは日本でも、案外多いのである。

有賀祐二 著「悪魔が日本を嘲笑っている」、「悪魔の生贄殺人」
安田雅企 著「誰も書かなかった悪魔組織の犯罪」


3)ハッキング工学を使ったネット悪魔の監視活動

現在インターネットによって、できあがったテクネトロニック社会によって、個人の生活のじつに細部まで監視をされている、ということをまず知らねばならない。

すべてがインターネット上にのった現在、すべてのパソコンにはひそかに個人識別ソフトが挿入されている。いわゆるセキュリティ・アップデートなどだ。個人監視は何重にもなっていると思われる。個人識別のためのIPビーコンによって、世界の人々は、例外なく、Google社の検索の網、Googleの魔の手の中にからめとられている。もはやプライバシーも消滅しているのである。さらに、このIPビーコンを辿ってハッカーがトロイの木馬をインストールしに来るのだ。最初は小さな実行ファイルをダブルクリックさせてルートキットをシステムの奥深くに埋め込む。そしてRAT(リモート・アドミニスター・ツール)を埋め込んで完成だ。これが全国民のパソコンに行われていると考えられる。

こうしてテクネトロニック社会の国民の監視体制が完全に実現している。

ハッキング工学を使った諜報活動や、メールの覗き見、クレジットカード番号の覗き見などは、ネット悪魔であるウイルスマンにとって、きわめて簡単な初歩的な仕事なのである。何重にもなった監視は、サイト監視会社もそうだろう。さらに我々を締め付けるために、ウィキリークスなどの事件を起こして、ネットの監視をさらにさらに厳重にし、監視体制を整えようとしているのである。


すこし、マルウエア防御方法を解説しておこう。

顛末記9やそれ以前のものにあるのだが、注意さえすれば、あらゆる場でマルウエアの活動が見つかる。そしてパソコンに忍び込むマルウエアは、どんな小さなものでも、IPビーコンになる。ウイルス駆除すればいい、ではないのだ。ウイルスのいたずら、愉快犯に偽装された監視なのである。

これを防ぐには、メールを使うならPCをメール専用機としてだけ使い、そのパソコンだけインターネット接続とし、そこでは一切ファイルは開かぬことだ。外部からのアプリケーションは一切実行しないのである。USBメモリーに保存したデータをインターネット隔離したパソコンでファイル実行するのである。プリントアウトなどはインターネット隔離したパソコンでファイルを実行し、プリントアウトしたり、閲覧したり、インターネット隔離した状態で動画をみたりするのである。

こうしても侵入はまず防げないので、定期的にクリーンインストールする必要がある。顛末記9に書かれている方法で行うとよい。データボリュームは必ず削除して1つにして全体をフォーマットしなければならない。また「System Volume Information」をチェックしなければならない。ウイルス対策ソフトでは検知しないマルウエアが多いからだ。1つでもあれば、それが IPビーコン となって、ハッカーであるウイルスマンを呼ぶのである。あとは、IPspoofing でマルウエア入りのファイルを入れるだけ。まったく簡単だ。手はいっぱいある。


2、日本での通貨の支配

1) 1998年の日銀法改悪 -- 国家の消滅への一里塚、日本文化の消滅へと

中央銀行の支配によって通貨が支配され、情報と通貨の支配で、我々は完全に首輪、手かせ、足かせをはめられたのである。
BISによる電子マネーの世界共通通貨の出現は、国家を消滅させるだろう。国家の消滅とは、基本的には、我々の日本文化の消滅だろう。守るべき国家がなかったら日本文化も消え去るだろう。

さて、我々日本人は1998年の日銀法改悪で、ちょうどアメリカが1913年のFRB連邦準備法でアメリカが凋落したように、日本国が落城したのである。FRB設立後アメリカが搾り取られたように、日銀法改悪は、それ以後徹底的に日本人を絞り尽くしていたのである。オウム事件の騒乱はこの金融の変化を気取られないために仕掛けられた可能性がある。

情報支配の歴史の隠蔽は同時代であってもあるのだ。すなわち、どさくさまぎれに我々日本にはアメリカのFRBと同様なものが出来上がっていた。1998年の日銀法改悪である。同時代の新聞テレビはほとんどこれを報道しなかったように思う。日銀という支配者が現在日本に君臨している。
天武天皇以来の大蔵省の解体は日本の解体を意味していたが、そのとき多くの人は気がつかなかったが日銀法によって新支配政府、「ロスチャイルド銀行日本支店」すなわち新制日本銀行ができあがっていたのである。そして、それ以後悪魔的金融政策が日本を不況の国に陥れたのである。

日本を良くするには、単にここを1998年以前に戻せばよい。すべて時計の針をそれ以前に戻し、特に小泉竹中の主張の反対を実行すれば良くなるのだろう。


2) 日本の格差社会と1980年代の税制改悪

また「あなたはお金のしくみにこうして騙されている」  p190には日本の格差社会と税制改革の話がある。1980年代の中曽根政権の時、税制の大改革があり、そのときにかっての累進課税制度はなくなり、年を追うごとに高額所得者の税率がどんどん低くなっていき、かっての75%がついには40%になり、いっぽうでは住民税は低所得者は2倍になっている。いったい、これのどこが税制改革なのだろう。高所得者の側に立った税制改革でしかない。こんないいかげんなことがまかり通ってきたのだ。

その根拠は、例えば文芸春秋1988年7月号に掲載された産経新聞の古森義久の「英国を甦らせた税制改革」である。英国を引き合いに出しているが、まったく無意味である。なぜなら当時英国経済がうまくいっていたから、大減税ができたのであって、税制改革をしたから英国経済がうまくいったのではなかったからだ。英国をだしにして、単に日本の税制改革をして、累進課税を廃止し、消費税を導入して国民広くから課税すべし、といったアドバルルーンであっただけなのだ。

日本の格差社会への実施計画(富裕層への富の吸い上げ極秘計画)はこの時点1980年代で最高権力者グループの手でスタートしたのだ。これが21世紀になって、はっきりあらわれてきただけなのだ。

日本を良くするには、すべてを単に1980年以前に戻せばよいだけのことである。我々がやってきたこと、改革には、なにひとつ良いことはやってこなかったのだ。グローバル悪魔主義者たちのおそろしい社会制度改悪が日本の社会をだめにしただけであったのだ。グローバル悪魔主義者たちとはRの字のつく人たちのことである。

「あなたはお金のしくみにこうして騙されている」 p246にはアジアが範とした、すばらしい日本型経済システムを破壊することが、たわーけなか、小泉の改革なのであったことが書かれている。我々日本人は、自分自身を、たわーけなか、小泉への投票という狂気で破壊していたのであった。新聞テレビのマインドコントロール自爆だったということに目を覚まして、気がつかねばならないのだ。この、たわーけなか小泉改革により日本はさらに急速に沈没していった。

そして、たわーけなか、小泉は、噂ではドバイやスイスなどにあるといわれる秘密口座で富裕層の丘をひたすら、かけ登っていったということらしい。もちろん富裕層の丘は最高権力者グループの本丸であろう。このリベートについては、ぜひディベートせねばならん。


天野統康 著「あなたはお金のしくみにこうして騙されている」
 p240 [トロイの木馬/中央銀行] どさくさ紛れに新日銀法で独立! には、この日本の落城のメインイベントは大蔵省の解体ではなく、1998年の日銀法改悪であったことがわかるのである。
FRB創設と同じことが日本でも1998年ひそかに行われ、いままで、だれも指摘する人がいなかったのだ!指摘する次のような人がいても黙殺されていた。「日銀 円の王権」の時は出版時買占めがあったのか、しばらく入手できなかったことをおぼえている。

吉田祐二 著「日銀 円の王権」2009年刊
リチャード・A・ヴェルナー著「円の支配者」、
ヴェルナーは日本の支配の実体としての中央銀行、日銀 についてはじめて注目したのだった。


3)666の刻印 ー 中央銀行の絶対支配の誇示

通貨の支配に対して、支配者は紙幣に印をしるす。666の刻印だ。666自体が刻印されるとは限らない。わからないよう巧妙に隠された悪魔のメッセージが象徴図形として入れられているのだ。闇の政府である中央銀行が実効支配をしている証拠である。

武田了円著「日銀券は悪魔の隠し絵 」1994年刊

現在の樋口一葉の5千円札の左下には悪魔が並んでいるのが見える。これが666の刻印だろう。一万円札は全面ダビデの星の乱舞だ。いつから、日本はイスラエル国家になった?さくらの花は五弁のはずだ。

さて、アメリカの紙幣の事情を記した本は、
ディヴィッド・オーヴァソン著「秘密結社の1ドル札」2009年刊

全世界の中央銀行の存在する国のすべての紙幣についておそらく、666の刻印は存在するのだろう。




ここまで




今こそ、日銀法を元に戻そう!!!

日銀にものが言える政治を目指して



日本の経済をめちゃくちゃにしたのは、

意図的な失敗を犯した日銀にも責任がある!



そろそろ正体を現せ、日銀よ!!!


いつまでも国民を苦しめるくらいなら、消えよ!!!


一体日銀が誰の役に立っているというのか。

自分達が世界を牛耳るために
存在しているんだろう。



人殺しの日銀よ!!!!!

いつか国民が日銀を殺すからな!(日銀解体)





↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。



人気ブログランキングへ

↑こちらのランキングにも参加しています。宜しければお願いします。

あなたはお金のしくみにこうして騙されている~全人類必読の書に出会う~

あなたはお金のしくみにこうして騙されている  (5次元文庫)あなたはお金のしくみにこうして騙されている  (5次元文庫)
(2011/01/12)
天野統康

商品詳細を見る



商品の説明
内容紹介
天使とも悪魔ともなるマネー(お金)。この現代社会を動かす根源的なエネルギーの、知られざる真の正体を明かす!一見、リーマンショック、デフレなど一連の経済現象は社会という大きな枠組みの中で自然に発生しているように見える。しかし実際は、ある意思を持った人々によって意図的に産み出されているのだ。この強大な世界権力と影響下にある中央銀行や国際機関、そして悲惨な家計のつながりとその対応策を、誰にでも理解できる超図解で伝える。
内容(「BOOK」データベースより)
なぜ、日本経済は成長しないのか?なぜ、私たちの生活は貧しくなる一方なのか?その原因は、お金の創造者にあった!お金の創造から無くなるまで、現在から過去の歴史まで、家計から世界権力まで、問題点から対策までを包括的に網羅!私たちの生活を管理し、操作する中央銀行と国際金融資本のカラクリをビジュアル付きで誰にでもわかりやすく描く―サブプライム以降の経済情勢を的中させ続けた著者の衝撃のデビュー作。
出版社からのコメント
これからの世界経済・日本経済の大変動と、あなたの家計に与える影響とは!?お金の真の正体を超図解で分かり易く解き明かす!
著者について
1978年生まれ。和光大学経済学部卒。保険業・証券業・FP業を経て、天野FP事務所として独立。リーマンショック前に「緊急告知!世界恐慌は来るのか?」というセミナーを行い、バブル崩壊を的中。経済全体と家計へのつながりを中心に私たちの生活の対策を提案している。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
天野 統康
1978年生まれ。和光大学経済学部卒。保険業・証券業・ファイナンシャルプランニング業を経て、現在、天野FP事務所として独立。リーマンショック前の2008年5月、ワールドフォーラムにて開催された「緊急告知!世界恐慌は来るのか?私たちの資産をいかに保全すべきか?」というセミナーで、直後のバブル崩壊の予測を的中させた。その後も継続して予測が現実化しており、個人の家計プランをコンサルティングする際に、自身の経済予測を役立てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


目次


第1章 あなたの住む世界は借金経済システムである
第2章 お金の創造者“中央銀行”とお金を創れない私たちの政府
第3章 お金の創造者によって私たちの経済成長、物価、雇用が操作される
第4章 金融経済を怪物に育て上げたお金の創造者たち
第5章 私たちの家計を操作するお金の創造者たち
第6章 マネーの偽りの歴史と国際金融資本権力の世界
第7章 対策を知る“家計防衛マニュアル”
第8章 「偽りの帝国」を終焉させる
付章 損をしないための必読情報



今年に入ってから読んだ本の中で一番おもしろい!

(少しの本しか読んではいませんが)


何が何でも読んで下さい。

ここに書かれている内容に99%以上共感しております。


非常にすっきりする本です。

どのようにお金が我々のライフを縛っているのか。


それがよ~く分かります。

お金のあり方、中央銀行の在り方について、

一から考え直すきっかけになります。


「金融」という史上最大の詐欺システム。

「景気」から「物価」まで全てを操作する組織。

恐慌の自作自演の中で全てを収奪する特権。

絶対に倒産しない中央銀行という銀行。

国家の介入をほとんど受けない金融政策。

全てが偽りの「民主主義」と、「経済学」。


その全体像と総体がこうして明るみに出ました。


これは一人の考えというだけではありません。


この世界を動かすお金を牛耳るシステムを独占する権力が

どのような歴史的経緯を持って高い地位を築いているのか。


これほど分かりやすく説明した本は他にないと思います。


私はこれを中等教育における金融教育の教科書にすべきと思います。




だから、何が何でも読んで下さい!!!

皆さんどうかお願いします。


もはや陰謀論ではないということが、

はっきりと理解することができるはずです。





↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。



人気ブログランキングへ

↑こちらのランキングにも参加しています。宜しければお願いします。

子宮頸がんワクチン接種拡大運動は民族浄化・人口削減(優生学)の手段

こちらでは何度も紹介していますが、改めて。

201008200908240e5.jpg


このパンフレットの正式版の印刷用はこちら↓

http://thinker-japan.com/PDF/thinker_mini_book_vol2.pdf

どんどん配りましょう!!!そして拡散しましょう!!!


http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/cat10724970/

↑つむじ風さんの関連記事

http://1tamachan.blog31.fc2.com/blog-category-30.html

↑タマいちさんの関連記事


子宮頸がんを受けてはいけないと思う根拠はありすぎます。

絶対に接種を阻止せねばなりません。









↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。



人気ブログランキングへ

↑こちらのランキングにも参加しています。宜しければお願いします。
最新記事スクロールで1行表示
無料ブログパーツ

コンピュータ監視法案が本会議で可決~ついにネット言論統制が始まった~ (06/01)61年ぶりの鉱業法改正は3.11当日に行われていた!!! (06/01)【資料】日経の「人工地震」に関連する見出しと注目記事を集めました。 (05/31)核廃絶運動家に訴えかけるのもアリかも~核爆発人工地震兵器可能性~ (05/30)核爆発があったと考えるほうが自然なのです~どう考えても~ (05/24)ロシアからの人工地震メッセージ?~茨城沖で再び人工地震発動か?~ (05/24)311地震の謎を解く 311の意味とは??~“水戸”がキーワード~ (05/23)【速報】リビアでM8.4の地震、組織ぐるみで隠蔽される!~人工地震か~ (05/21)人間性を奪い、自由をないがしろにし、個人を束縛する「構造(物)」からの卒業 (05/21)海治 広太郎氏のアイデア~地震を作為的に「テロ」として起こせる可能性~ (05/21)

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

CategoryRanking 1.0

Designed by 石津 花

でかポインタ・スイッチ


:キーボードショートカットVer1.1
  • L:最新の記事
  • J:次の記事orページ
  • K:前の記事orページ
  • D:PageDown
  • U:PageUp
プルダウンリスト
最新記事
最新コメント
便利Javascripts
現在時刻





総記事数:




最近のコメント
日本 (01/13)
終戦間もない昭和20年9月、大本教の出口王仁三郎は
「原子爆弾は日本の博士が発明して『日本は人道上使えぬ』といってドイツへやった。それをドイツでも使わず、アメリカ

ゲストさん (06/28)
向かいに開業してる歯科医にされた。最初は従業員にここに書かれてるようなことをさせて、徐々に周辺の住民も仲間に取り込もうとしてたので対策を講じて封じ込めた。おかげ

littleyohane (05/16)
とても参考になりました。私のブログで紹介させてください。情報をありがとうございました。

ヨハネのブログを更新しています。お時間がある時に、ご覧下さい。だいだい

さまらん (03/14)
天皇は天竜人じゃないしルフィはムハンマドでは無い

五老星は五芒星じゃないしブラックベアードはバフォメットでは無い

ハンコックは韓国じゃないしルフィーはルシフ

050-3174-9368 (12/10)
子宮頸癌の予防には安全で優れた効果のあるBuah Merah 500VEを!!
http://skyuu-keigan.jimdo.com/
asean_health@zoho.com
050-3174-9368

asean-lab. (12/06)
"殺人ワクチン" を拒否し、 Buah Merah 500VEの摂取を!!

http://skyuu-keigan.jimdo.com/

ゲストさん (10/21)
グラクソスミスクラインはイギリスの企業です。

ゲストさん (09/15)
最近(2014年夏)またこいつの本が売れてるんですよね(笑)

こんな電波本だしてたのに

浅井隆
『NTTが核攻撃される日 Network mystery』フットワーク出版 1990

脱洗脳報道はベンジャミン・フルフォードの書籍とHPを見よ! (08/29)
世界皇帝 ディヴィッド・ロックフェラー 死亡 金星人(-) 毎年8,9,10月が大殺界 広島、長崎への原爆投下を今も謝罪しないアメリカに、反アメリカ感情を今こそ噴出せよ。 

岸川媛美 (08/16)
この場を借りちゃいます。許してください。
どんなにがんばっても、借金はいっこうに減らないんです。
でも、ある人が私のことを助けてくれました。
最初は半信半疑だっ

プロフィール

だいだいこん 

Author:だいだいこん 
私はただの人間です。
なぜ原発は爆発したのか考えてます。
そして反日銀デモを起こしたくて仕方がありません。

日本は平和国家でしょうか。
その根拠は?具体的にどこが?
日銀や消費税は人を殺しています。

消費税廃止、インフレ目標、
宗教法人税の導入やBIなどで、
日本を本当の平和国家にしましょう。

そして、地震兵器を隠すのをやめましょう。

Book Mark !
ブロとも一覧(画像のみ版)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧

タマちゃんの暇つぶし

ひきこもりを侮るな!

とほほほ

アギタの神が住む鎮守の森

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

さんたブロ~グ

∞久保健英の伝説∞the legend of takefusa kubo∞

ケムトレイル

保守政治とは何か

ブログのブログ

情報を活用する

六人の子産ませてくれてありがとう

こらぁ~!責任者出て来~い!
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
その他
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
169位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Google自動翻訳
コメント・トラバ・総記事数
コメント数:  トラバ数:  総記事数:
ブログ成分分析
だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~の成分分析
AquariumClock 2
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。