スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合理化徹底の果てには不合理しか残らない~真の豊かさ追求に弁証法は不要

皆さんは、弁証法という学説をご存知でしょうか。

ヘーゲルという哲学者が提唱したものが代表的です。


今回は、弁証法がどのように人間を不幸に陥れるのか

実際の例を通して知ってもらいたいと思います。


玉蔵さんのコメント欄で紹介されていたソース先の文章から引用します。



ドル体制の崩壊・・・ドルに代わる
新しい通貨制度作りは、ムダな努力?
より引用


書籍紹介 : テオドール・アドルノ、マックス・ホルクハイマー 「啓蒙の弁証法」 岩波書店
         エドモンド・フッサール 「ヨーロッパ諸学問の危機と超越論的現象学」 中央公論社



 日本の畜産農家・牛乳生産農家は深刻な経営難に直面している。営利企業である大手の農場経営者と、乳製品メーカーが、営利企業の金儲け至上主義としては、悪しき意味で「当然」である「最大利益」を求め、牛乳の大量生産・大量販売を目指して来た。「売れば売る程」利益が出る、という発想であった。

個別の企業の、この最大利益を求めるという「金儲け主義から見れば当然、合理的な」行動が、業界全体では過剰生産=過剰在庫を生み出し、大量の売れ残りを生み出した。売れなければ、価格は下落する。農家は「売っても売っても」利益が出ない=生活が出来ない、という苦境に追い込まれて行く。

 牛乳は本来、子牛を育てるために母乳として出てくる。それを子牛に飲ませず、人間が商売道具として奪って来た。代わりに子牛には安価な小麦を水で溶かした物等を食餌として与えてきた。現在、こうして「子牛から奪った」牛乳は、過剰な在庫となり、過剰分は冷蔵しても腐敗を免れなくなり、最終的には脱脂粉乳の形で長期保存される結果となった。しかし粉乳となっても消費期限はあり、結局、日々、新しく生産される牛乳は大部分、脱脂粉乳とし、古くなった消費期限・限界ギリギリの脱脂粉乳が「廃棄を避けるため」水に溶かされ、添加物等で味を調え、消費者に売られる結果となる。

最大利益を求めた「個別企業の合理的行動」が、消費者に「廃棄寸前」の牛乳を毎日飲ませる、という不合理を生み出した。

しかし、それでも在庫は処分し切れなかった。余った脱脂粉乳は、再び水で溶かされ、子牛に飲ませる結果となった。最初から子牛に母乳を飲ませておけば良いのだが、「新鮮な牛乳」は脱脂粉乳として長期保存に回され、古い粉乳から処分するため、子牛には粉乳を水で溶かした物を飲ませている。

こうして脱脂粉乳を製造するために使用された電力・石油、工場設備、保管倉庫費用等の全てが「壮大なムダ」となり、消費者は、その全ての費用を「上乗せ」された、廃棄寸前の古い牛乳を飲む結果になり、畜産農家は、倒産寸前の経営を強いられる。

大手農場が利益拡大のため牛乳の量産体制を作る事も、そのために銀行から多額の設備投資資金を借金する事も、乳製品メーカーが在庫をムダにしないため脱脂粉乳化し保存する事も、個々の行動は「全て、金儲け主義の観点からは」合理的で、経済原則に「適って」いる。この個別の合理主義を「積み上げて行くと」、システム全体では、凄まじい不合理が発生する。

合理主義を徹底的に押し詰めてゆくと、不合理に転換する。

近代初頭、合理主義を唱導した啓蒙主義哲学の行き着く先が、極めて不合理な社会システムになると言う、この事を、哲学者アドルノ、ホルクハイマーは「啓蒙の弁証法」と呼んだ。

アドルノ、ホルクハイマーの哲学は、ナチス・ドイツの政治体制が徹底した合理主義哲学と科学主義によって生み出された事を、研究テーマの「底に潜ませている」。

 哲学者エドモンド・フッサールも「ヨーロッパ諸学問の危機と超越論的現象学」において、個別に専門化した学問の「個々の合理的な研究」が、「全体として社会の役に立たない大学」というシステムを作り出し、そこでの教育の集積がナチス・ドイツを生み出して行く様を分析して行く。



 1万円札、1枚、1枚は、それによって多種の商品が購入でき、また金融システムの1つ1つは、住宅ローンのように、貯金が無くてもローンで住宅が購入できる合理的で利便性のあるシステムである。それが全体として膨大な紙幣の集団となって動き始め、流動し始めると、株式バブル、バブル崩壊、恐慌、世界戦争という壮大な非合理を生み出す。

 A、Bという2つの記号によって生み出される記号の組み合わせは、単独のA、B、そしてABの3つである。しかし1語増加させ、A、B、Cとなると、組み合わせはA、B、C、AB、AC、BC、ABCの6つになる。1語の増加が、3語の増加を生む。さらに語数が増加すれば、この組み合わせの増加率も飛躍的に大きくなる。言語・記号は、無限増殖性を、その本質としている。

通貨も記号である。通貨の本質は無限増殖性であり、バブルである。

通貨の本質は、バブルと、バブル崩壊、恐慌、それに続く世界大戦である。

通貨の本質は人類絶滅である。

アドルノ、ホルクハイマーが「大学という象牙の搭の住人故に、観念的にしか語る事が出来ず」哲学の問題として語った、個別の合理主義が、全体としての壮大な不合理を生み出す近代合理主義の欠陥=「啓蒙の弁証法」の正体は、個別の積み上げが全体として「通貨の無限増殖」となり、恐慌と戦争に行き着く、通貨と言う物の「暴力システム」であった。

 2008年、ドル体制の崩壊に対して、どのような新しい通貨システムを構築しても、この通貨の本質は変化しない。数十年後には、人類は再び、恐慌と世界大戦の危機に直面する。

無限増殖を本質とする通貨に、無限消滅する「キラー遺伝子」を組み込み、通貨を消費期限付きとし、発行されて後、次第に減価し、一定期間後、紙クズ化するように「最初から設計する」。所持していると減価するので、通貨は即座に投資と消費に回り、ストック化が阻止される。商品・物質は無限ではないため、通貨は常に商品と交換される過程に置かれ、「物質に根差す」事を強要される結果、実体経済からの遊離=無限増殖が阻止され、しかも最終的には増殖せず、消滅する。

ケインズ主義政策=国が借金し公共事業で景気刺激を行う事が不可能になった時代、この減価紙幣によって消費と投資は高速回転を強要され、退蔵紙幣は市場に現れ、猛烈な消費・投資を開始する。ケインズ政策に代わる、新しい景気回復政策であり、恐慌・戦争回避政策である。



*・・・参考文献、シルビオ・ゲゼル 「自由地と自由貨幣による自然的経済秩序」 ぱる出版



ここまで



このように、弁証法的合理主義というものは、

人間のライフを狂わせるものであります。


そして、人間は人間の作った文明(合理主義、科学主義)が生み出した

「壮大な無駄」の為に生きねばならないこととなるのです。


お金というものには、

貯めておけるからこそ価値があると思われる方も多いですが、

それならば、

お金の為に生きる

というのが第一の目的になってしまったりもします。


ある程度は貯められるようにしておくべきですが、

使われないたまったお金が権力になっている、


お金を刷るだけで価値が発生しモノや労働力を収奪できる状況があることを考えれば、

お金を使う人こそが得をするような社会になればと思うのです。


お金は使わなければ価値を発揮しないと思います。


現状ではお金を持って交換できるそれ自体よりも、

お金の方に価値が集まってしまうようになっているのです。



お金を稼ぐことではなく、

お金を使うことを、


近代合理主義、弁証法は評価してきませんでした。



どちらかというと、貯めることに価値を置いてきました。

プロテスタンティズムの考え方です。


しかし、モノがあるからこそお金は成り立っているのです。

お金そのものには価値がないと思えるような考えやシステムはいけないでしょうか。


お金が全ての社会から抜け出すには、

まずお金への渇望や飢えというものを満たす必要があると思います。


減価紙幣もいいと思いますが、それに加えて

特に日本では

やはりベーシックインカムによって

国民の手に現金を毎月渡す
のがいいとも思います。


お金は、誰かだけのものではないのです。

それが通用する社会全体のものなのです。



それを実現しようとする考えや発想を「バラマキ」と言うことの

愚かさがお分かりになられましたでしょうか。


お金を私物化すれば、
システムが私物化されます。



モノよりシステムを作る方が儲かってしまいます。

そうしてモノを作る人たちへの冒涜や踏みつけが始まるのです。


そうすることによって、本当の「働き」よりも、

豊かさの為の「利益追求」の方が優遇されてしまうのです。


誰かを犠牲にする経済は、「経世済民」でありません。

よって、ピラミッドを正当化する人々は

社会で一番「不合理」な存在
となります。


それらの矛盾を隠し通すことによって、

社会に真の豊かさがもたらせなくなっているのです。



エリートは、自分が社会に必要とされていないと不安になるのです。

自分の行いは確かに“社会”の役に立っていると思いたがるのです。


自分が生きていることそれ自体に価値を見出さないこと、

それが矛盾だらけで空想的で不自然な合理主義の本質です。


私は、生きることの意味や生きる目的を探すことによって

「意味を求める意味」の無意味さを知りました。


しかし、それこそに意味があったのかもしれないと思います。

「無意味さ」をわかる「意味」です。

意味などあってもなくても同じではないかと感じることです。

全てに意味があるような気がするからです。


「意味自体」に「意味」がある訳ではなかったということです。

「意味」という言葉の「意味」を説明できないのと同じことです。


つまり、「結果」よりも「過程」の方が大事ということではないでしょうか。


「死ぬこと」、「死に様」よりも「生きること」、「生き様」

注目していけるようになればと思います。



今こそ近代合理主義、弁証法の呪縛から抜け出す時です。





↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。



人気ブログランキングへ

↑こちらのランキングにも参加しています。宜しければお願いします。
スポンサーサイト

アスベストや喫煙による発ガンの本当の原因は金属の有する放射能にあり

皆さんにお届けしたい、最新ニュースです


BgNさんのコメントより

このニュース,岡山大のサイトにあったようですが,消されたのかもしれません.
タバコに含まれる鉄分に放射能が濃縮。それが肺がんの原因になっていたと研究発表らしいです.

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:eJsIP1W0sLkJ:ceron.jp/url/www.okayama-u.ac.jp/tp/news/news_id99.html+%E3%82%BF%E3%83%90%E3%82%B3%E3%81%AB%E5%90%AB%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%82%8B%E9%89%84%E5%88%86%E3%81%AB%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%81%8C%E6%BF%83%E7%B8%AE&cd=5&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&client=firefox-a

2010-10-03 13:56 BgN さんより



ここまで


発表はこちら

アスベストや喫煙による発ガンの本当の原因より転載開始


アスベストや喫煙による発ガンの本当の原因

岡山大の研究でアスベストの発ガン機構をあきらかにしマスコミにも公表した。
にかかわらず無視のような状態であり、このような重大なニュースを報じないのは
マスコミの原子力への自己規制ではないかと思われます。

 肺に付着しているアスベストにラジウムが高濃度に濃縮しアルファ線が強烈に
組織を照射することが発ガンの原因との結論です。

「・・・、海水の数百万倍の濃度に達するラジウム濃度を持つことである。その結果、
ラジウムとその娘核種による局所的だが強力なα線被ばく(ホットスポット被爆)が
長期に渡って引き起こされ、このことが複雑な発がんメカニズムの中で最も重要な
役割をしていることが示された。肺組織のDNAは重大な損傷を頻繁に受け、悪性
中皮腫細胞を含むいろいろなタイプの腫瘍細胞を生じ、がんを発生すると結論づけ
られた。」

なお、喫煙も同様なメカニズムで発ガン原因になると書かれています。
ラジウムは天然にあるウラン238やトリウム232などの壊変により絶えず生成されています。

タバコはタールが原因と思っていましたが、タール中の鉄分に濃縮してくる放射能が原因とは・・・。

===================================

アスベストなどが原因とされる肺悪性腫瘍の発がんメカニズムを解明
http://www.okayama-u.ac.jp/tp/news/news_id99.html

 本学地球物質科学センターの中村栄三教授らは、アスベストなどが原因とされる肺悪性腫瘍が、局所的な強力α線被ばくによることを解明し、発表しました。

 中皮腫を含む肺のいろいろな悪性腫瘍は、ある種の繊維や粒子への曝露により引き起こされるといわれていますが、その発生メカニズムは十分に理解されておりませんでした。中村栄三教授らは、肺中の含鉄タンパク質にラジウムが蓄積され、それがホットスポットとなって局所的な内部被ばくを引き起こし、悪性中皮腫やほかの悪性腫瘍の原因となることを解明しました。

 この論文は、Proceedings of the Japan Academy, Ser. B, Physical and Biological Sciences №7 Vol.85(7月28日発刊)に表題「Accumulation of radium in ferruginous protein bodies formed in lung tissue : association of resulting radiation hotspots with malignant mesothelioma and other malignancies」として掲載されています。

 リリース詳細:http://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/soumu-pdf/press-090727.pdf
 リリース資料:http://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/soumu-pdf/press-090727-1.pdf


【問い合わせ】
 岡山大学総務・企画部総務課広報室長
 菅原 康宏
 電話 086-251-7003
 FAX 086-251-7294


ここまで


非常に興味深いですね。







↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。



人気ブログランキングへ

↑こちらのランキングにも参加しています。宜しければお願いします。

「性差をなくす=属性からの開放」は本当か

                                              

http://hpcgi3.nifty.com/aver021032/nandemo/yybbs.cgi?list=pickup&num=14265#14265より引用(ただのこの私の書き込みですが)


ある授業の感想を述べようと思います。皆さんにも伝えたいことです。

「ジェンダーと言葉」という授業でした。

言葉から、人々の言動・生き方のジェンダー性を社会学的に考察するというものでした(社会学概論の中のそれぞれの教授による専門分野のさわりの位置づけになります)。
多くの場面(会話における態度・話す言葉・人間関係性)での、性別による違いが明らかにされていることがよくわかりました。

授業の最後に、それらの「言葉の性差」論を、ジェンダー論からどうアプローチできるか、どう解釈できるかという講釈の中で、一般的な2つの説(主義・主張)を紹介されました。以下のとおりです。

1、本質主義
 
ジェンダーをはじめとして、人種・階級・年齢など、人を規定している要素を、その人に内在している特有の一つ(属性)と捉える考え方。


2、構築主義

社会の中の知識や個人の自己同一性は厳然と存在しているのではなく、歴史・社会的に作り上げられており、この過程において言語が大きな働きをしているという考え方。



教授が、全体に向かってあなたはどちらでしょうと言われたので、私は困ってしまいました。なぜ、その2つしかないのか。

私は、拡散する一般化した近年のジェンダー論というものが、「性差をなくす=属性からの開放」という根拠のない発想に基づきすぎているのではないかと危惧します。

私たちは、ある一種の動物でもあるし、
社会的な存在・人間として生きられることを
求められてもいます。

人間というものが、人間を人工的に作り出すことの
ない以上、自分たち人間が自然に生きる動物
であるということも永遠に否定できません

(それがいいとか悪いとかではなく)。



だから私は、決して言葉だけを変えて体制が変わるとは思いません。

重要なのは、らしさを無くす(消失させる)ことではなく、
らしさを、属性にとらわれず、お互いに認め合うこと
です。

私の母が、最近しきりに言っていることがあります。
「ああ、自分が男だったらこんな暑い夏中、頭を丸坊主にしていられるのに」。それに対して私は、「やればいいやんか、何でしないん?」(するといいじゃんか、なんでしないの?)と言いました。母はこう答えました。

「だって、女で丸坊主にしてたら、癌になったと思われるやん、誰もしてないんやからそうなるやろ。(誰もしていないからそういうことになるじゃん)でもそれはあかんやろ(でもそんな間違えられるようなことしてはダメだろう)」

それを実現させてあげるのが、私の理想とする新世代の本質的平等志向のジェンダー論かな、と思いました。



2010/07/01(Thu) 11:14:27 [ No.14265 ]


方言に間違いなどないのと同じように、
そもそも言葉遣いの正しさなどあってないような空虚なものだ。

一部の女性が、夏に暑いのを我慢して髪を無くさないのはそれと同じだ。

重要な注目すべきポイントは、それを社会がどう受け止めるかに他ならない。


生き方に正しさなどない。

それとの関連で、いきなりですが、

「死刑は誰の為に執行されるのでしょう」。

更生可能ならば、例え殺人を犯しても(特に、意図的・複数ではない場合)
20~30年後には社会復帰と云うことになります。

最近は、刑務所にいたいから(生きる場所がないから)わざと犯罪を犯す人もいます。
また、死刑になる為に人を殺す人も現実にはいます。

そのようにして執行された刑罰と云うものは、
本人にとってはどのようなものなのでしょう。

もしかしたら、幸せなのかもしれない。
光栄なのかもしれない。
安心する場所・境遇なのかもしれない。

ならば、それならば・・・


死刑は一体だれのために行われるものなのか。

死刑になりたくなくて人を最初から殺させないことと、
(とりあえず)自由な社会に生き、自己の行為に責任を負う為の

刑罰であるはずだった(本来ならば)。

それなのに、(加害者である)本人の為に行うようなものだ。


問題:開放とはなんだろう。


それは人によって根本的に違うものなのか。

「価値観の違い」で済ませることは可能なのか?

価値観はいつ、どこで、どのように形成されるものなのか・・・


答え(仮):一人ひとりが考える時代になっているということだけが確かなのだ。


↓ブログランキングに参加しています、賛同して下さる方はクリックをお願いします。


最新記事スクロールで1行表示
無料ブログパーツ

コンピュータ監視法案が本会議で可決~ついにネット言論統制が始まった~ (06/01)61年ぶりの鉱業法改正は3.11当日に行われていた!!! (06/01)【資料】日経の「人工地震」に関連する見出しと注目記事を集めました。 (05/31)核廃絶運動家に訴えかけるのもアリかも~核爆発人工地震兵器可能性~ (05/30)核爆発があったと考えるほうが自然なのです~どう考えても~ (05/24)ロシアからの人工地震メッセージ?~茨城沖で再び人工地震発動か?~ (05/24)311地震の謎を解く 311の意味とは??~“水戸”がキーワード~ (05/23)【速報】リビアでM8.4の地震、組織ぐるみで隠蔽される!~人工地震か~ (05/21)人間性を奪い、自由をないがしろにし、個人を束縛する「構造(物)」からの卒業 (05/21)海治 広太郎氏のアイデア~地震を作為的に「テロ」として起こせる可能性~ (05/21)

Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

CategoryRanking 1.0

Designed by 石津 花

でかポインタ・スイッチ


:キーボードショートカットVer1.1
  • L:最新の記事
  • J:次の記事orページ
  • K:前の記事orページ
  • D:PageDown
  • U:PageUp
プルダウンリスト
最新記事
最新コメント
便利Javascripts
現在時刻





総記事数:




最近のコメント
よすみさん (08/14)
自然エネルギーで原発を賄うという無理難題で脱原発派を突き跳ねる人は
大抵原発を安全に動かすという無理難題を下敷きにしている。

太陽光はピークカットに多いに役立

科学者 (08/09)
仰る通り、抗癌剤と言う化学薬品は、猛毒物であります。

ご挨拶が遅れました。分子生命科学を専門職とし、各大学で非常勤講師をしているものです。

さて、抗癌剤は、

ザック (08/03)
生きてますか。

トンビ母 (07/07)
人工地震は何よりも先ず、安全に実験する事です。高校の地学の先生は、ちゃんと心得ておられるようですが。

軍事目的で使われると大惨事です。

注意しなければいけま

zaurus (04/29)
ときどき来ては、ダウンロードさせてもらっています。たいへんな作業だと思いますが、非常に重要な資料です。感謝しております。これからもお願いします。また来ます!

匿名希望 (04/26)
311以降、拝見させたいだだいております。


勤務している施設の利用者さんのために、こちらを

閲覧するようになりました。

しかし、私自身のためにもとても有

スポンタ中村 (03/25)
どうも。ビートルズの陰謀論から、このブログに来ました。陰謀論のサイトなんですね。(^o^)

陰謀論をつきつめていくと、民主主義も陰謀の一つだということが分かり

よすみ (03/12)
 原子力が二酸化炭素をださないのは本当だけど、放射能はやっぱだすんだよね。というのが日本人が経験した東日本大震災の第一の教訓、あの状況に立ち向かえる無敵原子力発

ヨシュア・メシア (03/11)
 突然お便りします。いろいろ精力的に調べられていますね。しかし、陰謀論を本当の意味で理解するには、クリスチャンでなければわからない大きな壁が存在します。一方的で

ゲストさん (02/22)
ブログ主さんはエラい長文を書いてますが、陰謀論は事実としてある、ということを言いたいわけですね。

正にその通りですね。

その音楽は自由だって言っているその思想自

プロフィール

だいだいこん 

Author:だいだいこん 
私はただの人間です。
なぜ原発は爆発したのか考えてます。
そして反日銀デモを起こしたくて仕方がありません。

日本は平和国家でしょうか。
その根拠は?具体的にどこが?
日銀や消費税は人を殺しています。

消費税廃止、インフレ目標、
宗教法人税の導入やBIなどで、
日本を本当の平和国家にしましょう。

そして、地震兵器を隠すのをやめましょう。

Book Mark !
ブロとも一覧(画像のみ版)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧

タマちゃんの暇つぶし

ひきこもりを侮るな!

とほほほ

アギタの神が住む鎮守の森

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

やっぱり、毎日がけっぷち

建築とかあれこれ 呪いもあれこれ 

さんたブロ~グ

∞LINK WALKER∞advance of the new century∞

ケムトレイル

保守政治とは何か

ブログのブログ

情報を活用する

六人の子産ませてくれてありがとう~体験レポートで自然育児のコツを教えます~

こらぁ~!責任者出て来~い!
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
その他
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
132位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Google自動翻訳
コメント・トラバ・総記事数
コメント数:  トラバ数:  総記事数:
ブログ成分分析
だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~の成分分析
AquariumClock 2
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。